カナダからの、血みどろの絵葉書 
c0027188_5512821.jpg
 
 近年、17万頭以上のハープアザラシが …

 カナダの東海岸の氷の上で、無残に殺されています。

 長年の多くの人々の訴えによって …

 そのアザラシ漁(アザラシの毛皮を売る為)は縮小しましたが …

 また今年も、この早春も、酷い惨殺は続いています。

 そのアザラシのほとんどが、生まれて3ヶ月に満たない仔アザラシです。

 仔アザラシたちはただ、恐怖で声をあげるだけ。

 漁師は、こん棒や尖ったフックの付いた棒でもって、頭蓋骨をかち割ります。

 親アザラシは、上半身を掲げて、抵抗しますが …

 子供たちを守れることなく、真っ白な氷は真っ赤な血で染まります。

 次は自分の番だと、遠くへ逃げることもできないアザラシたちの目の前で …

 その行為は、今日も明日も続けられます。

 殺される仔アザラシは …

 まだ母親のミルクを飲んでいる仔ばかり。

 また、まだ泳ぎを覚える前の若い子供たちです。

 時には、まだ意識があるのに …

 目や口、頬に槍(やり)を突き刺して、氷の上を引き摺られて行きます。

 その皮の為に …。

 日本では シール と書かれている毛皮の為に …。

 それは、苦しみと恐怖に満ちた、ゆっくりとじわじわと続く死なのです。


(本日の英文の記事を私なりに訳させて頂きました)

c0027188_552594.jpg

あたたかい血液で真っ赤に染まった氷の上

そこは、直接に消費者(シールの毛皮商品を買う人)に続いている

そんな犠牲があっても …

頑丈だから

水をはじくから

本物の皮だから

と、喜んでお金を払うことができるのだろうか?

もう、知らないでは済まされない情報社会

声をあげよう

自らに約束しよう

 もう買わない

 もう選ばない



by yayoitt | 2013-03-11 05:33 | 愛する動物のこと | Comments(2)
Commented at 2013-03-14 12:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2013-03-16 06:31
鍵コメさん

そんな番組をやっていたんですね。
そんな思いをして、そんな ただ生きる為 の強さと儚さとでもって
必死に生きようと、生かされようとしている彼らを …

私たち人間というのは、言い尽くす言葉がないほどに
愚かで情けのない残酷な行為で持って、簡単に命を奪って
しまっているのですよね …。

本当に必要なこと …。

ひとつだけわかるのは、アザラシの毛皮は、命は、アザラシにとって
必要だ、ということで …。

人間は、彼らの命も毛皮も皮も … 必要なんかない。

このシールの商品を買う人は、先進国の人々だし、
中国、日本が多いだろうけれど … 
飢え死になんかしない日本人。

どうか気が付いてほしいです。知って欲しいです。

本当にどうも、ありがとうね、鍵コメさん!!
<< 婆(バー)スデーっっ (その1) あっっあたし、おばちゃん化して... >>