わたし(人間)の皮膚は、わたし(人間)が責任を持つ
ここに、一枚の写真がある …
c0027188_5282519.jpg

 この犬は …
 心理的ストレスを引き起こす実験のため
 足を繰り返しハンマーで打ち砕かれている
 麻酔もなく、何も手当てはされることなく …
 
 (この写真は
 動物実験に反対する英国の団体NAVS、当時の代表であったB Gunn氏が
 1985年に日本の研究施設を視察した際に撮影したものである)


JAVA(動物実験の廃止を求める会) より



c0027188_5471635.jpg

日本からの 最初の一歩 のニュース。

 化粧品大手会社の資生堂が …

 2013年4月より、化粧品の開発で動物実験を原則廃止すると発表した

 EU(欧州連合)内において … 動物愛護の観点で …

 3月11日より、動物実験を経た化粧品の販売を完全に禁止

 それに対応した決断である

 動物実験に代わり、細胞や人工皮膚使用の試験で安全性を保証できる体制を確立

 資生堂は、これらの代替法の認可を国に働き掛ける方針である

 … 例外的に

 既存製品の成分について、改めて安全性証明が必要になった場合や …

 国内生産品と輸入品とも動物実験を求める中国については、動物実験を続ける



(国内の新聞から抜粋、表現を少しだけ変更しております)

c0027188_5475580.jpg

我が髪のことであれば、我が身で責任をとる

我が皮膚のことなれば、我が皮膚にて責任をとる

我が目の痛みなれば、我が目をもって責任をとる

我が身体のことであれば、我が身体をもって責任をとるべし
c0027188_5482362.jpg

わたしの人生の為に、他の命を苦しめたり、傷めたり殺めたりはしない

したくない

させない

させてなるものか …
c0027188_5484542.jpg

        (写真は、放射能実験を受けたサル

消費者として人間社会で生きていく一人間の

それが

せめてもの、詫(わ)びではないだろうか
c0027188_549431.jpg


今こそ、モラルの低き国々も、変わるときなのに違いない

日本も、経済大国と引き換えに見失ったモラルを、今こそ …


と、そう願う。
by yayoitt | 2013-03-03 05:16 | 愛する動物のこと | Comments(8)
Commented by chaco-o at 2013-03-05 14:45
動物実験無くしては、何も作ることはできないのでしょうか?
夫が医薬品メーカー勤務なので、私は複雑・・・・・
しかも、新しいフィラリアとかなんとか言ってるし・・・・
これ、もしかして動物実験してんじゃないか?と(汗)
申し訳なくて、泣ける。
Commented by kep at 2013-03-05 15:08 x
最初に 動物実験やった人!! 誰?! って思いです! 自分の身体で試せばよかったのに!と思います!
Commented by coco at 2013-03-05 20:53 x
ひぇ~~~。
つらい。

資生堂の記事は私も読んでいました。

目を背けない。

それが第一歩です。

Commented by ダンとカノコの母 at 2013-03-05 21:34 x
 何かを犠牲にして、わが身を守るなんて!
わが身体はわが身で責任をとる、私もまったく同感です。


私の大好きだった、編み物の先生は、肺がんのために昨年、亡くなりました。
数年前、動物について、話をしたときに彼女は静かに力む事も無く、「動物実験なんかやって、自分達だけ生き残ろうなんて、だめよ」って言ってました。
彼女は自らの意思で抗がん剤は拒否し、最期は自分で決めた事だから、これでいいのと言って、亡くなったそうです。
やっこさん、いつも色々な事、気づかせてくれて、ありがとう。
Commented by yayoitt at 2013-03-06 06:14
chaco-o さん

多分、そうして始めてしまった以上、今更、止められない …
正直、そんなまま、続いてしまったのではないでしょうか?
でも、現代の社会で、動物を使用しないで、完全なる実験が
できることも明らかになっている今 … それを無視して
安価で手軽(それが動物だから、という人々の観点で)だからと
言って、動物実験を続けることは、情けないことだと思いますよね。

ご主人は、医療メーカーにお勤めなのですね。
医療薬品となると、また、線引きがぐっと違ってくるとは思いますが
この医薬品においても、化粧品と同じで、やはり、動物を使用する
代わりの代用品があることがわかっています。

今回の、化粧品の動物実験廃止に続いて、時間は掛かりますが
きっと、医療薬品の実験も、動物を使用しない方向へと
変わると信じています。

それに対して私たちができることは …
健康でいること、ちょっとしたことで医薬品を使用しないこと …
そういうことだと、思います。

ありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2013-03-06 06:19
kep さん

私たちのシャンプーだとか歯磨きとか化粧品だとか、香水、洗剤 …
コマーシャルで、手が荒れない、目にしみない … と言われている
その影には、おびただしい動物たちの痛みや苦しみがあるの
ですよね …。

人は、同じ地球上にて 人間こそが唯一の動物顔 で生きています。
すべては、その おごり なんだと思います。

その 人としての勘違い が、きっと全てを狂わしているのでしょうね。

けれど今、確実にそれを、変えようとしている人々が
立ち上がり、世界を変えていこうとしているのですよね!!

ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2013-03-06 06:23
coco さん

本当に、目を背けたくなる、そんな事実ばかり。
現実ばかりの、この世の中 …。

だからこそ …。

そこ(消費社会の中で生きる私たち)で生きることしかできない
私たちであるからこそ、自ら知り、感じ、選択して行くことが
大切なのだと思います。

そう …

耳を覆わない。
目隠ししない。
口を覆わない。

それが、大量生産社会に住む、私たち消費者としての、
最初の大きな大きな第一歩ですね!!

ありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2013-03-06 06:29
ダンとカノコの母 さん

とても、貴重な尊いお話を共有くださり、本当に、ありがとうございます。

私もよく、考えます。
医療のこと、医薬品のこと …。
もしも自分が癌になったら、その時の選択のこと …。

ちょっとした痛みや、風邪では薬は使わないくらいのことは
できるとしても、生きるか死ぬかの 治療 となった時に、
私(ヴィーガンである私でさえ)はきっと、とても葛藤するだとうと …。

彼女は …

その意志を、全うされたのですね。
とても感動しています。

… 動物実験なんかして、自分達だけ生き残ろうなんて

とても胸に響きます。

彼女の最期は、きっと、きっと、精神的に満足で、安らかで悔いのない
ものであったことをと … 心から祈ります。
そうであったに違いないと、思いたいです。
できることなら、今、彼女に尋ねさせて頂きたいです …。

どんな人生でしたか?

と。

きっと …。
とても想像が付かないような、優しい言葉が返ってくるのでは …。

ありがとうございます!!
<< 母の、譲れないこだわり 3月の日差しと、甘~い ・・・... >>