それでも象牙(アイボリー)が手に入れたいか
23年にわたる世界的な象牙輸入の禁止にも関わらず …

ゾウたちは、その象牙が中国で売られる為に、射殺され続けている。
c0027188_5323796.jpg

今 … 地上動物では最大の動物であるアフリカゾウが、絶滅の危機にある。

去年(2011年)は、過去20年で最大の数の違法象牙が見つかっている。

アフリカでも、政府の力がもっとも弱いコンゴ民主共和国。

そのコンゴでのゾウの暗殺の数は、年間に数千頭である。

コンゴには既に、ゾウの数は2万頭を下回っている。

アフリカの空港で、象牙の違法輸出で逮捕された件の90%が …

その象牙の受け取り国は、中国である。

そして、象牙が売られる国は、中国の周辺の国々なのである。
c0027188_5325785.jpg

象牙を取り扱う店は、それぞれ公式に官僚に登録する義務がある。

そして、一つ一つの象牙の商品は、証明書を表示する義務がある。

しかし、現実には …

多くの中国の街で、無登録の店で無表示の商品を容易く購入することができる。

いとも容易く低額に、不法に輸入され売られる象牙商品が手に入るのだ。

広州市では、63%の象牙商品が、不法に売られていることが明らかになっている。
c0027188_5333413.jpg

象牙商品は、実に多く、日本人の手にも渡っている。

中国に旅行に行って購入する人も沢山いる。
c0027188_5335372.jpg

その象牙の為に、ゾウは暗殺される。

象牙は、自然に死んだゾウから切り取られるのではない。

象牙を売る為に、その象牙を切るために、野生のゾウを殺すのである。


(英国のニュースの英文を、私なりに訳させて頂きました)
by yayoitt | 2012-12-03 04:21 | 愛する動物のこと | Comments(6)
Commented by chocorachocora at 2012-12-04 16:45
印鑑やこの彫刻・・・・どうして象牙でなくてはならないか、私には理解できない。

人間の自己満足ですよね。
自分の周りの物、一体、どうやって出来上がっているか、ちょっと考えてみないとね。
Commented by tui at 2012-12-04 21:39 x
なぜなのか・・人類といういきものは。
何がそうさせるんだろう・・お金なのか 富なのか。

生きるためにどうしても必要・・ではない。
なんの呪縛でヒトはそんな行動をするのかな?
その駆り立てて、半自動的に継続してしまう呪縛。
愚かさをはぐらかす呪縛。
その心持は  ヒトの弱さなのかな。。

どう止めればいいんだろう・・。
なあ、やあこ、俺たちに大きな正義みたいな力があればな!
止められるのに!!
Commented by yayoitt at 2012-12-05 06:08
Maama

Maama。Maamaのように、そういう 感覚 意識 が理解できない
人ばかりなら、世界中で人間によって無残に殺される動物たちは
ずっと減るのにね …。

本当に、自己満足、欲と見栄だよね。
よく、本物志向なんて言葉で表されるけれども、そこに毛皮や象牙が
含まれているなら、そんな志向は、残虐自己中心志向でしかないよね。

知らなくちゃ、いけないよね。
こんな世の中だからこそ …。
その 物 がどこからどうやって、どんな命を(もしかしたら)犠牲にして
自分の手元に来ているかということを …。

どうも、ありがとうね!!
Commented by yayoitt at 2012-12-05 06:14
といち

お金であり、富であり、欲であり、見栄であり、意味のない中身のない
自己満足なんだろうか …。

まったくにそれは、呪縛だよね。
人は、世の中で唯一に、生きる為以外で命を殺めることができる
動物なんだろうね …。

本当にね、といち、正義の味方が一言、口にしたら、誰もが
はっと気付かされて、その馬鹿げた行為を止める …
そんな味方がいたら良いのに …。

けれど悲しいかな、そういう味方であっても、人間は 欲 の為には
隠れて殺し続けるのだろうね。
そして、求め続けるのだろうね。

一番に確実なのは、時間は掛かるけれども、やはり啓蒙。
そして、消費者の心を変えることなんだろうな。

そう、時間は掛かっても、伝えていかないとね。

ね。

ありがとうね、といち!
Commented at 2012-12-06 01:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2012-12-06 05:49
鍵コメ at 2012-12-06 01:53 さん

メッセージを、本当にありがとうございます。
こういうメッセージは、とってもとっても心に残り、嬉しいです。

こちらこそ、辛い現実から目を離さずに真正面から向き合って
下さり、本当にありがとうございます。
決して容易いことではありませんよね。

ああああ、あのコメントの!
とても感動しました。
まさに そう! その通り! 全ての人がそうでなくちゃ! と
思わされ、また、同じコメント欄で、友人も賛同していましたよね!

勇気を出して残してくださったコメントだったのですね。
それを知って、またまた、感動しています。
本当にありがとうございます。

そして、伝えてくださり、ありがとうございます。
そちらに今から、お邪魔しますよ~~~。 ふふふ

これからもよろしくお願いいたします! 
<< 汗をかくことの大切さ 好きなのさ … 鼻水が凍る寒ささ  >>