知ったら決して買えない … 毛皮のこと
冬がやって来る

この季節、人々はファッションに敏感になる

日本のお洒落な店先でも、安さで評判の店でも目にする

女性がタグを確認する … リアルファー(本毛皮)使用
c0027188_3471573.jpg


先日 …

PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)からの手紙が届いた

幾つもの写真と共に、毛皮産業のことが書かれてあった

何年も前から、毎月とどく手紙に毛皮のことが書かれている

(以下は、中国からの近年の毛皮産業の実態を伝える文を訳させて頂きます)

 PETA が目撃したこと

 ☆ 800頭もの動物が押し込まれが狭いケージが幾つものロリーに載せられ
   中国内の遠い毛皮工場まで運ばれる

 ☆ その中のネコや犬は、首輪をしていた

 ☆ ケージの中の動物は身動きができない状態

 ☆ もちろん、水も食べ物も与えられない

 ☆ 生きている犬猫に混じって、殺されたり死んだ犬猫も同じケージに入れられる

 ☆ ネコたちも犬たちも、この扱いの為に発狂してしまう

 ☆ 犬猫を入れたケージは、ロリーから地面に約3メートル落とされる

 ☆ その為に、ぎゅうぎゅう詰めの動物たちは、潰れたり、骨折したり、内臓破裂する
c0027188_3453393.jpg

 
 PETAが目撃した、犬猫の殺し方

 ☆ 首をへし折る

 ☆ こん棒で殴り殺す 

 ☆ 蹴り殺す

 ☆ 輪になったワイヤーで絞め殺す

 ☆ 犬猫の喉にホースで水を流し込んで溺死させる

 そして

 ☆ 生きたまま皮を剥ぐ
c0027188_3455130.jpg

 
 市場で出回っている毛皮は …

 ☆ コートの首周り(カラー)

 ☆ コートのフードの周り

 ☆ 手袋

 ☆ コート

 ☆ 小物(キーホルダーの小物)

 などなど多様である

 ある毛皮のコートは、42頭のジャーマンシェパードの仔犬ででき上ったものだった

 犬や猫を使用した毛皮には、嘘のラベルが付けられる

 … フォックス アジアンジャッカル ラビットファー などと

c0027188_346880.jpg


(以上は、手紙から抜粋して私なりに訳させて頂きました)
c0027188_3463366.jpg

毛皮はいらない のサイトに、詳しく毛皮産業のことが伝えられています。

消費者がいるから、なくならない残酷な現実。

事実を知ったわたしたちにできること …

あなたにできること

を是非、お読み下さい。

また、署名も集っております。
c0027188_3465188.jpg

現在の日本では、実に多くの一般の人々が、毛皮の現状を知ってきています。

 知ったら … 決して買えない

涙を浮かべて、そう言われます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




 

                                             
 
by yayoitt | 2012-09-22 02:13 | 愛する動物のこと | Comments(17)
Commented by ひらたけいこ at 2012-09-24 07:59 x
弥生さん
いつも有り難うございます.
こちらは私もブログで紹介させて頂きますね。
目を背けてはイケナイとは云え、剥がされた姿や、苦痛に耐える姿、血の飛び散った画像は毛皮反対を訴えて来ている私でもクリック戸惑う物多々あり。
毛皮問題=衝撃画像 のイメージはマイナスでしかなく、先ずは大多数の人々に知って頂く必要があり、それには想像力で充分と思っています。
殺処分、パピーミル(繁殖屋)、動物実験の問題はアピールの仕方ひとつと思いますし、良識ある賢い消費者が増えることが大きな力となるように。
Commented by hanahana at 2012-09-24 09:09 x
本当に涼しくなったら嫌な気分に
なるのです。それはあの猫が私に
教えてくれたのですが…どうして
おまけの様な物にまで毛皮を
使う必要があるのでしょう?
理解に苦しみます。フェイクでも
おしゃれと言うのなら十分
楽しめるはずです。100均に行って
羽や毛皮を横に見ながら
ピンやゴムやシュシュを選ぶ時
本当に悲しいです。どんな手段で
それらが作られたか簡単に
想像がつくからです。
Commented by ひなえ ももこ at 2012-09-24 09:41 x
何時になったら、命の尊さに気付くのでしょう。
動物の命も、人間命も、同じだという事に・・・。
毛皮を身に着けなくても、ちっとも寒くないのに・・。
全文をコピーさせて頂き、私のブログでも紹介させて下さい。
お願いします。
Commented by chocorachocora at 2012-09-24 12:59
ギューギューのケージに入れられた仔たちの気持ちを想像するとやり切れません。
毛皮を見に付ける人たちは、その毛皮のもとの姿、毛皮になるまでの様子を少しでも想像してみて欲しいですね。
私も肉も食べるし、気が付かないところで、動物が犠牲になっているものを自分のために使っていると思います。
お店で売っているものを何も考えずに身に着けたり、使ったりするのではなく、少し深く考えていかければと思います。
動物たちは、人間のための材料ではないから…
Commented at 2012-09-24 16:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by coco at 2012-09-24 21:16 x
怖がりで、根性なしの私ですから、
以前は絶対に目を背けていました。

でもやっこちゃんのブログを見て目を背けてはいけないといつも言い聞かせています。

Commented by yayoitt at 2012-09-25 04:59
ひらたけいこ さん

こちらこそ、いつも伝えてくださり、教えて下さり、共感してくださり
本当に本当に、ありがとうございます。

ブログでのご紹介、本当に、ありがとうございます。
普通の一般の、善良市民と呼ばれるべく日本の消費者たちに
皆に、知ってもらいたいと、願います。

けいこさんの仰ることに、同感です。

ただ、何も知らない人に対しては、ある程度、衝撃的な映像を
最初に見たり聞いて頂き、ショックや興味を得てもらう必要が
あるかな、と思います。

そして、既に知っている人々は、今一度、残酷な映像などは
見る必要はないと思います。ただただ、傷付くだけですものね。

想像力のない人々が増えている大量消費社会の先進国、
ショック療法ではないですが、それが現実である限り、子供であっても
ある程度の 人が施す残酷 を知ってもらうことが大切と思います。

そうですよね。
モラルである、動物に対しての問題は、アピールの仕方ひとつで
マイナスにもなるし、大きくプラスにもなりますね。
Commented by yayoitt at 2012-09-25 05:00
続きます

啓蒙の難しいところだと思います。
ただ力を見せ付けられるのは、人は拒否する傾向があるので
力ではなく、優しさが伝えることができたら …
と願います。

とっても貴重で大切な意見を、本当にありがとうございます! 
Commented by yayoitt at 2012-09-25 05:04
hanahana さん

100円の為に、殺される命って、どう考えてもおかしいですよね。

きっと、フェイクを作るよりも、本物の毛皮の残りを使う方が
格安で出来上がるのかも、知れませんね。
これは、あくまでも想像だけれども …。

お洒落の為に、見栄の為に、自己満足の為に、ファッションの為に
誰かの命が犠牲になるなんて、やっぱり、あってはならないですよね。

きっと、物を手に取るときに、想像すらできない、想像をしようと
思いもしない消費者が多いと思います。

だからこそ、まず、知って頂くことが、大切だと思います。
知ったら、次からきっと、想像ができるようになる …。

想像力って、大切ですよね。

本当に、どうもありがとうございます。
変わりますよ、今に日本も!!
そう、信じています。 
Commented by yayoitt at 2012-09-25 05:10
ひなえももこ さん

同じ命という尊さ …。
人間、何故だか、耳にする 命の数 が多ければ多いほど
無関心になるものです。
(例えば … 中東で銃撃戦で30人が殺された ことよりも
日本の何処かで誰かが1人殺された ことの方が気になったり)

ちょっと例えが、的確ではないかも知れないけれど、人間って
死に対しても、数が多かったり、繰り返して続くと、鈍感になるもの
だと、思っています。

そういう意味で、大量消費社会で殺される動物の命は、無視されがち
なのかも知れないな … と。

毛皮は、先進国の日本では、絶対に不必要なものですよね。
高価、自慢できる(と信じている)ことが、消費者に拍車を掛ける
のでしょうか …。

ブログでのご紹介、とても嬉しいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

まったく、こういうことを知らないでいる一般の日本人の方々に
より多く知って頂きたいと、願います。
それが消費者の義務と責任でもあると …。

本当に、どうもありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2012-09-25 05:17
maama

ただでさえ、その後に残酷で非道なことが待ち構えているのに、
それまでの長い道程が、こんなに苦痛で満ち、発狂するほどに
恐怖で満ちたものだと思うと、吐き気がするほどです …。

本当に、やり切れません …。

売る側は、決して 言わない事実 を、この情報時代に、消費者は
自ら知って、感じて、そして選択するべきだと、それが消費者の
義務であり責任だと、思います。

この、大量消費社会の中では、色々な落とし穴があるんだと思います。
私たちの、日常の生活の為に、どんな命が(途上国の子供なども
含めて)犠牲になっているのかを、自ら調べて知ることって
とても大切なことだな … と思いますね。

… 動物たちは、人間のための材料ではないから …

まったくに、同感です!!

本当に、ありがとうございます!!
こんな悲しい犬猫の目は、未来の世界で、見たくないですよね。
Commented by yayoitt at 2012-09-25 05:24
鍵コメ at 2012-09-24 16:21 さん

なんと …。
そんなことがあったのですか!
あの、島を巡る一件ででしょうか?

毛皮に関しては、消費者である日本人や先進国の人々が
まず責められるべきだと、思っているのですが …。

それにしても、その国の国民性の モラルの低さ には
開いた口が塞がらないことが多すぎますよね。

是非とも、ブログでご紹介してもらいたいと、願います。
事実を伝える、という意味で。
それで、読んだ人々が、どう感じるかは自由であるから。

それにしても、国と国の争いごと、もしくわ、感情ごとに
何の罪のない命が犠牲になるなんて、許せません。

国民の中でも、動物が大好きで、同じように心を痛める人々が
沢山いるのだろうけれど、そういう国民が泣き寝入りする
そんな国家は、脅威でもありますよね。

鍵コメさん、教えて下さって、本当にありがとうございます!!

本当に … 悲しいです。
Commented by yayoitt at 2012-09-25 05:38
coco さん

coco さん、coco さんのように、既に事実を、現実を、よく知っていて
それが想像できる方は、あえて、生々しい映像や写真は
見なくて良いと、私は思うんです。

決して、それは 目を背ける ということではないです。

現実から目を背けてはいらっしゃらないから。

ただ、まだ何も知らない人々、知る機会を与えられず、だからこそ
想像もできない方々には、あえて衝撃を、感じて頂く必要が
あるのだろうって、そう信じます。

本当に、どうも、ありがとうございます!
目を背けたくなるような現実だけれど、立ち向かいたいですね。
Commented by chaco-o at 2012-09-25 17:33
もっともっと!広く知れ渡ることを祈り、毛皮が無くなればいいな。
Commented by yayoitt at 2012-09-26 03:31
chaco-o さん

心から願います。
もっともっと広まって、皆が知って、そして誰も買わなくなり、
毛皮産業自体だが世界から消え去ることを …。

ありがとうございます!!
Commented by ソレイユ at 2012-09-26 11:22 x
やっこさん、初めまして。ソレイユと申します。
毛皮問題に関するももこさんのブログを紹介させて頂いた結果、やっこさんに、承諾も得ず、リンクさせていただく結果となったことをお許しください。
私も願います。
誰も毛皮を買わなくなる日がきますように。
与えられた命が、全うできますように。
Commented by yayoitt at 2012-09-27 03:33
ソレイユさん

はじめまして。

とても嬉しいです。
どうも、ありがとうございます。
より多くの方々に知って頂くために、リンクやご紹介頂いくこと、
とても嬉しく思っております。

消費者がいなければ(アイボリーも毛皮も)、ゾウやサイや犬猫、小動物が、悲惨な苦痛に満ちた死を遂げることはありませんよね。

私も心から … 願います。

ありがとうございます!
<< 珈琲(コーヒー)党から、お茶党へ トーリドンに到着、嬉しい屋根裏部屋! >>