肉は、殺すこと  あるロックスターの言葉
The Smithsザスミス

80年代半ばの、イギリスはマンチェスターのロックバンド。

英国を中心に、一世を風靡したバンドのひとつである。

今もなおリングトーンなどで愛される "This Charming Man"

私の大好きな歌の一つだ。


ヴォーカルの男性は、カリスマとして多くのファンの心を掴んだ。

彼の名は Morrisseyモリッセィ)。
c0027188_3395019.jpg

現在も、ソロで活躍している。

彼は、動物を愛する人としても、とてもよく知られている。
c0027188_3384537.jpg

80年代から現在にかけて …

ベジタリアンの彼の思想に賛同した多くの人々(ファン)が、ベジタリアンとなった。

PETA でも、度々、声を挙げている彼。
c0027188_3392510.jpg

コンサート会場でも、動物への思いを歌にしたり、言葉にして叫ぶ。

その姿勢は、実に力強く、とても一貫してもいる。
c0027188_3375645.jpg

彼の歌に Meat Is Murder肉は殺し というのがある。

((Murder は 殺し 殺人 殺害 の意味))

歌の始まりは 屠殺所(とさつじょ) の音で、それが背後に流れ続ける。

恐怖に慄く(おののく)牛の鳴声 …

機械的なモーターの音 …



彼が、歌にしてまで訴えたい思い。
c0027188_33727100.jpg


(♪ 歌詞は、私なりに日本語に訳させて頂きました ♪)


Meat Is Murder
(肉は殺し)


Heifer whines could be human cries
Closer comes the screaming knife
This beautiful creature must die
This beautiful creature must die
A death for no reason
And death for no reason is MURDER


雌牛の鳴き声は、人間の泣き声かも知れない
叫ぶ刃物が近付いてくる
この美しい生き物は死ぬのだ
この美しい生き物は死ぬのだ
理由のない死
そんな理由のない無意味な死は、殺し



And the flesh you so fancifully fry
Is not succulent, tasty or kind
It's death for no reason
And death for no reason is MURDER


そして、あなたが気まぐれに焼く生の肉
それは果汁なんかじゃない、風味も優しさからも
それは、理由のない死
そんな理由のない無意味な死は、殺し



And the calf that you carve with a smile
It is MURDER
And the turkey you festively slice
It is MURDER
Do you know how animals die?


そして、あなたが笑顔で切り刻む子牛
それは、殺し
そして、あなたが陽気にスライスする七面鳥
それは、殺し
あなたは知ってる?
どうやって、動物たちは死ぬのかを?



Kitchen aromas aren't very homely
It's not "comforting", cheery or kind
It's sizzling blood and the unholy stench
Of MURDER


台所の香りは、あまり家庭的ではない
そこには慰めも、陽気さも、優しさもない
それは、血液がジュージューと焼ける
殺しという、不浄な悪臭



It's not "natural", "normal" or kind
The flesh you so fancifully fry
The meat in your mouth
As you savour the flavour
Of MURDER


それは、自然でもない、普通でも優しさでもない
あなたが気まぐれに焼く生の肉
あなたの口の中の肉
殺しの風味を味わっている



NO, NO, NO, IT'S MURDER
NO, NO, NO, IT'S MURDER
Oh ... and who cares about an animals life?


NO, NO, NO それは殺しだ
NO, NO, NO それは殺しだ
あぁ … いったい誰が、ひとつの動物の命のことを気に掛けるだろう?

c0027188_335596.jpg


それは、目を耳を覆いたくなることかも知れない。

できたら、知らずに生きて行きたいことかも知れない。

けれども、それが現実ならば …

自らの命が、その犠牲の上にあるならば …

知ること、真正面から見て聞くこと。

それが、生きる、生かされている私たちに架された義務なのだろう。

 動物のことを愛しているのなら、どうして殺せるの?

と、彼は言う。
by yayoitt | 2012-07-28 04:02 | 愛する動物のこと | Comments(4)
Commented by リオンカノンパパ at 2012-08-01 20:54 x
リサイクルショップの話です(笑)  キャンプは毎週末に犬達と共に 山に消えます(笑) http://lionkanon.blog31.fc2.com/
Commented by yayoitt at 2012-08-02 04:59
リオンカノンパパさん

リサイクルショップの話が、リンクされませんでした …。
何月何日の記事か、教えて下さいね。
ドキドキ … ふふふ

愛する犬たちと、最高のキャンプ日和になりますことを!!
行ってらっしゃい!!
Commented by リオンカノンパパ at 2012-08-03 22:05 x
2012-07-24 の話ですよー
Commented by yayoitt at 2012-08-04 05:21
リオンカノンパパさん

あああああっっ。
私の、記事ですね!
ごめんなさい!

キャンプやアウトドアの道具!

山で見る夜の空が、恋しいです!!
<< ノーマンが残すメッセージ 必死のその跡 >>