福島の動物と、レスキューする人々のことを伝えるニュース
BBC ニュース でレポートされた日本のこと。

福島の避難区域に残された動物と、彼らを救おうとする人々の様子。

 もともと飼われていた犬であっても、人間を見ると逃げていく

と、動物保護活動の男性は言う。

 なんとか生き残っていて欲しいと思って …

 もしかしたら、って思って、月に一度は家に帰ってくるんです


と、飼い猫の安否を心配する飼い主の男性は、防護服に身をまとっている。

それぞれが、絶望と、そして一筋の希望をたぐり寄せながら祈っている。

 もう一度、会いたい

と。

世界中に大きな衝撃を呼び、英国でも、毎日ヘッドラインを埋めた …

 津波(Tsunami)

地震の恐怖を、その天災のない国々の人々がしみじみ感じた出来事。

そして、チェルノブイリを思い出させた …

 原子力発電の事故(Radioactive leaks)

もうすぐ1年。

英国にいて、その復興の様子を聞く機会は、あまりなかった。

日本に住む友や、日本人の友と語る  を集めてきた。

久し振りに 震災のその後 のニュースを見て …

生き残っている動物の姿を見て …

その一つ一つの命を、なんとか救おうと動く人々を見て …

短いニュースレポートだけれども

とても感激した。
by yayoitt | 2012-02-04 03:31 | 愛する動物のこと | Comments(8)
Commented by カリーノパパ at 2012-02-06 10:11 x
福島第一原発近くに遺された動物達のことは、気になっていました。
日本のマスコミでも取り上げられることは少なくなっていますが、BBCは取材してくれたのですね。
ボランティアで動物達のレスキューをしてくれている人達には、本当に頭が下がります。
時間が経ち、犬達が人間を警戒するようになっている様子を見ると、とても心が痛みます。
犬達は理由を知りませんから、恐らく、人間に見捨てられたとしか思っていないかもしれませんね。

「原子力、明るい未来のエネルギー」という看板を見て、むなしく感じます。
「原子力、お前は悪魔のエネルギー」の間違いではないでしょうか。
Commented by chirorin_wan at 2012-02-06 14:02
今もなお 取り残された仔達や犠牲になりつつある仔達が居る事を、心の片隅でいつも気になりながらも、何もできないでいる自分がいて。

だから余計に・・こうやってあきらめずに救おうとしているボランティアの人達に、本当に感謝の気持ちでいっぱいになるよ。

前に桂子さんの所で、津波から奇跡的に逃れたのに・・飼い主を思って頑張って歩いた坂の途中で力尽きた仔の写真見て。
見捨てた日本政府のやり方に、改めて怒りを感じたよ。

自分が同じ立場だったら、もしもチロだったら・・そう思うだけで胸が張り裂けそうになった。

うん、もうすぐ一年だね。
絶対に忘れてはいけないし、現在進行形なんだよね。

ほんとに過酷な条件のもとで、よくぞここまで生き抜いてくれたね!
頑張って生き抜いてくれた仔達に、再び幸せな日々が訪れる様に。。

祈る事しか出来ないけど、心から祈るよ。

座り込んでた仔、チロに似てたなぁ~。
飼い主さんに再会できるといいなぁ。

ありがとうね。
Commented by yayoitt at 2012-02-07 05:46
カリーノパパ

日本のマスコミでも、取り上げられる機会は少ないのですね。
その分、実際にその場所に行って、多くのボランティアの人々や
飼い主さんや、動物を救いたい! と思う人々が、必死に日々、
行動してくれているのでしょうね。

心から、応援をしたいです。
また、できることを、自分なりにしたいとも願います。

もともとペット動物や家畜は、野生化することは、実に難しく
その中で生き残っている動物たちは、凄いなと思います。
その反面、保護の難しさもかなりのものだと案じます。

… 原子力

その偉大な力は認めますが、やはり人間が作り上げたものである限り
自然の驚異にだけは、太刀打ちはできないと思います。

何かがあったら …

あってはならないのだけれど …

何かがあった場合は …

悪魔に変貌してしまうんですよね。

どうか、全ての生き残った動物が救われますように …。 

カリーノパパ。
本当にありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2012-02-07 05:53
タカちゃん

そうなんだよね。
多くの人々が、同じ思いなんだと思う。
すごく心配なのに、苦しいのに、何もできない。

私たちに、できることがあるとしたら、こういうヴォランティアの
人々への寄付金とかかも知れない。
あとは、伝えていくことだと。

日本政府は 前例がなかったことに関しては消極的 だよね。
人々の非難ばかり気にして、実際にそこで生きるか死ぬかの
地獄を見ている命のことは、二の次なんだよね。
人間の命だったら、なんとかしてでも救うだろうに …。

あぁ …。
自分が飼い主の立場なら …。
それを想像すると、それだけでもう、居ても立ってもいられない。

どれほど多くの飼い主さんが、断腸の思いで避難したことか …。

本当にね、切ない。胸が痛む。

現在進行形 …

そう、そうなんだよね。
人も、動物も、街も … 今と、今からと、ずっと。

私も、心から彼らの幸せを、祈ります。

タカちゃん …。
座り込んでたわんこ … うん、チロみたい。

どうかどうか、救われますように。

ありがとうね。
いつも、感じてくれて、ありがとうっっ。
Commented at 2012-03-11 22:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2012-03-12 01:57
鍵コメさん

そんな事実があるのですか!!
そういうことを、国民は知っているのでしょうか?
安楽死の意味をまったくにわかっていないのでしょうね。
自分の立場だったら、どうやって死にたいか?
冷たく寒さの中で徐々に弱って死ぬのが、安楽死なのか?
同じ 殺処分 という形しかないのだとしたら、
より痛みが少なく短時間に … というのが安楽死ですよね?
それこそ、銃殺でも(聞こえやイメージは悪いかも知れないけれど)
どれだけ、安楽にあっという間に死ぬことができるか …。

そんな苦しみをただ与え続けるのは、本当に可愛そうです。

どうして、銃殺や獣医師による大量の麻酔剤投与という方法を
取らないんだろう …。

ここに至って、自然死を美とでも思うのだろうか?

本当に情けないです。
悲しいです。
断腸の思いです。

教えて下さり、ありがとうございます。
そうですよね。
こういう日本(政府)は、最低ですね …。

日本人は、一人ひとりはと~っても最高ですよね。

これから何ができるか …

そうですね。
考えていかなくてはなりませんね。

1年を経て …。

ありがとうございます!! 
Commented at 2012-03-23 20:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2012-03-24 06:00
鍵コメ さん

じっくりと読ませて頂きます。
その場所で、その真相と向き合うことの大切さ。
今の日本を、覆い隠された事実を、ちゃんと知るために …。

ありがとうございます。
<< 普通の、日本の人々に見てもらいたい 今まで、こんなことなかった …... >>