サッカー試合の為の、大虐殺 (ウクライナ)
東ヨーロッパの ウクライナ 

この国で、通りを歩いている犬やネコが、みな処分されている。

銃で撃たれるか、毒を食べさせられるか、他の苦しみを与える方法で。
c0027188_440225.jpg

彼らの死体は集められて火葬の車に放り込まれる。

また、生きたままで火葬されるものもいる。
c0027188_4401889.jpg

ウクライナの首都 Kiev(キエフ)だけであろうと思われるが …

既に、首都内だけで、20,000頭の犬が、残虐な方法で殺されている。
c0027188_4403514.jpg

その理由は …

 2012年 サッカー ヨーロピアンチャンピオンシップ開催

ウクライナの官庁は、野良犬猫を完全に街から消去しようと 清掃 に踏み切った。
c0027188_4405858.jpg

沢山のドイツ人サッカー選手は、PETA に賛同、大虐殺の撤退を訴える。

野良犬猫が増える問題の解決策は、ひとつだけ。

それは、野良犬猫の避妊手術、去勢手術である。
c0027188_4411936.jpg

しかし、残酷な方法で犬や猫が苦しんで殺されている今、現在 …

せめて、全ての命に、ひと時の安らぎを …。

そして、せめてもの安楽な終息を …。
c0027188_4413462.jpg

そこで、PETA では、署名を募っています。

(英国のウクライナ領事館への署名です こちら から)

署名の文章内容は … (要約です)

 ウクライナは、もうすぐチャンピオンシップにて世界の輝かしい注目を得るでしょう。
 けれど、どうかキエフで行われている野良犬猫の大量虐殺の為に
 是非とも行動を起こして下さい。

 どうか、この現実に対して、それを阻止できるように、あなたの力で
 出来る限りの行動を起こして下さい。
 ウクライナという国の名を汚してしまう代わりに …。



First Name *
(名前  Yakko)

Last Name *
(苗字  Tanaka) 

Address 1 *
(住所の最初の部分  10-2 Takayama Cho)

Address 2
(書かなくて良し)

Address 3
(書かなくて良し)

City *
(街の名前  Takayama City )

County
(書かなくて良し)

Postal Code *
(郵便番号  123-4567


Country *
(国  Japanを選択)

Email Address *
(メールアドレス)

Sign me up for PETA UK E-News and other special announcements.
(PETA ニュースをメールで配信希望の方は、クリック)

そして SUBMIT をクリック

それで完了です。

次のページは、友人に転送する為の画面となります。

ありがとうございます。

(PETA の文章を、私なりに訳させて頂きました)
by yayoitt | 2011-12-05 03:49 | 皆様へのお願い 動物のこと | Comments(23)
Commented by タコ at 2011-12-06 07:33 x
ちょうど今署名しました。
愛しいノーマン達との散歩の後だけに即行動に移したわん。
Commented by kep at 2011-12-06 10:59 x
怖いけど 子供達へ 隠さずに 教えたいです
知らないで欲しい気持ちもあります こんなに残酷な事...
映画だとPG12とか ありますから 小学生には見せられませんね
素朴な疑問です...イギリスでは どうなんでしょうか 映画はダメだけど こういう運動のような画像は 教育のため 見せてるのでしょうか?
Commented by 杏はは at 2011-12-06 12:55 x
排除されるべきはこんな蛮行を犯す人間です。

署名だけしか出来ませんが、この行動が実る事を祈ります。


Commented by HollyNoahDaisy at 2011-12-06 15:29 x
サッカーという、いわば人間の娯楽のために残虐な方法で殺されている犬達。しかもその放浪犬の繁殖を許したのは無知な人間の仕業。許せません。人間はどこまでも自分勝手ですね。自分達の便利さ、快適さ、楽しさを追求するためには、森も壊すし、ゴミも捨てるし、邪魔になった動物の命も簡単に絶つのですね。絶対許せません。

今、署名してきました。そして10人の友達に転送しました。その10人が更に10人に転送してくれることを願って。。。
Commented by シュガー母 at 2011-12-06 17:28 x
やっこさん、こんにちは。
勝手なことをしてしまったでしょうか・・・

この記事と署名へのご協力をお願いするために、
fbでこの記事をシェアさせていただきました。

事後承諾ですよね。本当にすみません。
Commented by カリーノパパ at 2011-12-06 20:21 x
こういう残虐なことは、決して許されることではないですよね!
私もサッカーは好きですが、このような犠牲の上に、見たいとは決して想いません。
ウクライナの人達は、この事実を知っているのでしょうか?
もし知っていたら、我々と同じように、このような残虐な行為を決して許さないと思うのですが・・・。
大きなサッカー大会の影に、このような事実があることを、日本の人達にも知ってもらい、このような愚行を二度とおこさないようにしないといけませんね。
Commented by kworca at 2011-12-06 23:19 x
たかが人間の娯楽のために…
こんなことをしなければならないのであれば
サッカー大会なんかやる必要なし!
Commented at 2011-12-07 04:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2011-12-07 05:28
タコちゃん

ありがとうなぁ~~~。
昨日のお散歩、寒かったけど、楽しかった!
タコちゃんに、初めてノーマンのリードで繋がってもらえたし。

また、冬のよく乾いたお天気の良い日に、一緒に行こうな!!

ほんと、ありがとう!! 
Commented by yayoitt at 2011-12-07 05:33
kep さん

ありがとうございます!!
未来の世界を担いでくれる子供たちに、正直に、それは現実だから
包み隠さずに伝えるって、とても大切なことですよね!

子供だから、残酷なことは隠したい、という思い、とてもよく
わかります。けれど、子供たちほど、純粋で柔軟性のある
だけに、正直に伝えて良いのだとも、思います。

イギリスでも、やはり、個人の選択だと思います。
ことに、こういう情報社会だから、親が隠しても、子供が自ら
見つける事実ってあるものですし、動物虐待については
親も子供もとても敏感になっているので、子供が自ら、こういう
事実を知って、自分の判断でチャリティーに参加したり、
生活の選択(そういう物を買う買わないとか、ベジタリアンや
ヴィーガンになるなど)をすることも、多いんです。

学校でも、残酷な映像でも、見せたりすることもあるようです。 
Commented by yayoitt at 2011-12-07 05:39
杏ははさん

本当に、ありがとうございます。

… 排除されるべきはこんな蛮行を犯す人間

まったくに、同感です。

ウクライナは、一時的に、この 清掃 をストップしたと
告げているようですが、一時的では、未来の為にも何の解決も
ならないので、署名は続けられます。

できることを行い、そして ・・・ 祈りたいです。

Commented by yayoitt at 2011-12-07 05:42
由喜さん

まさしく、そうですよね。
人間の娯楽のため、人間の(国の)経済発展の為 …。

そんなことの為に、命を、こんな残虐な方法で抹消させるなんて
絶対に許されるべきものではありませんよね。

犬猫は、ペット動物だけに、決して 人間が関わらずに繁殖したり
野生化したりすることはない、その原因は、必ずしも人間にある
のですよね。

本当に、ありがとうございます。
同じ、動物のことを思う人々、そうではなくても、これは変じゃないか
と思う人々 … 由喜さんが伝えてくれた言葉が、どんどん膨らみ
多くの人々の声となりますように …。

いえ、なりますね。

Commented by yayoitt at 2011-12-07 05:45
シュガー母さん

こんばんわ!!

シュガー母さん!!
とんでもありません!!

もちろん、大歓迎です。
とっても嬉しいです。
本当に、ありがとうございます。

フェイスブック。
もしも宜しかったら、ぜひ、お友達にならせて下さい。
私は、yayoi tanaka で、ノーマンと私がキスしてる写真で
わかると思います。

本当に、ご協力、ありがとうございます!!! 
Commented by yayoitt at 2011-12-07 05:53
カリーノパパ

本当に、許されてはいけないですよね。
決して、無視してやり過ごせないことですよね。

こんな莫大な犠牲の上に行われる、ヨーロッパ最大のサッカー試合
ならば、快く、その参加意欲や観戦すらも拒否しても良いと
思えるくらいです。

ウクライナのキエフでは、外国からの反対の圧力によって
一時的に犬猫処分を中止すると言っていますが …
一時的ではダメなんだ、その行為が良いことか悪いことかを
知ってもらい未来につなげてもらわないと …
ということで、尚、署名が盛んに行われているんです。

ウクライナのキエフでも、犬猫と暮らしている人は沢山いるはず。
中国でも一昨年でしたか、ありましたが、個人の思いが、
こんな残酷な行政の決定によって無視されるなんて悲しすぎます。

もう、こんな国が、ありませんように …。
その為にも、野良犬猫への 長い目 での人道的対策を
未来に立ててもらえるように …。

心から願います。

どうも、ありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2011-12-07 05:56
桂子っちん

そう。
人間の娯楽のため …

そうなんだよね。

まったくに、その通りなんだよね。

野良犬猫を作り出したのは、人間の責任。
それを、あたかも、彼らが勝手に人間に害を与えているかのような
一方的な理由をつけて、こんな短絡的な方法で、反人道的な
やり方で 虐殺 なんて …。

ナチスと同じ、って思う。

ヨーロッパのサッカーアソシエーションでも、この問題は
耳に入っているらしいよ。
声をあげ続けて、一時的な中止ではなく、二度と同じことのない
世界に … と願うよ。

ありがとうね。 
Commented by kepurunte at 2011-12-07 06:16
説明ありがとうございます!
ここの情報リンクしても いいですか?
Commented by yayoitt at 2011-12-07 06:16
鍵コメ at 2011-12-07 04:53 さん

来年の開催地は、ポーランドとウクライナ。
この、ウクライナの、こういう虐殺の事実は、ヨーロッパサッカーの
アソシエーションにもちゃんと届いているようです。

あぁ …。
サッカーへのイメージが。
確かに、そうだよね。
きっと、ポーランドとか、そこで参戦する国々の人々や選手も
同じように 悲しく憤り を感じているんだと思う。

一昨年(去年?) は中国での大虐殺があったばかりだよね。
その国によって、モラルの違いというのは、明らかに感じるよね。

そして、鍵コメさんが言うとおり、いつも苦しみ、辛い目に遭い
殺されて虐待されるのは … 動物達

… こういう大会は、動物愛護先進国だけで開催してほしい

うんうんうん!!
その気持ち、すっごくよくわかる!

Commented by yayoitt at 2011-12-07 06:17
続きます

そう、開催国に選ばれる = 経済的に有利になる
そして、世界的に注目を得る、ってことだものね。

そういう風に、協議であるべきなのに、いつの間にか
開催国であることが重要! とさせてしまった、こういう体制こそが
おかしいんだろうな …。

私もマイケルも、楽しみにしているチャンピオンシップ。
けれど、キエフでの試合を見るたびにきっと、大虐殺された
数え切れない命のことを思い出すだろうな …。

鍵コメさん。
鍵コメさんの気持ち、とってもよく理解するよ。
そして …

ありがとうな!!! 本当に。ありがとう。
Commented by yayoitt at 2011-12-07 06:17
Kep さん

もちろんです!!
とても嬉しいです。

どうも、ありがとうございます!!
Commented by まお隊長 at 2011-12-08 03:20 x
署名しました。3月11日の地震と津波で、死にたくないと思いながら死んでいったたくさんの人と動物の命がありました。
今にも息絶えそうな命もたくさんありました。
そんな中、世界中のあたたかい救助の手でたくさんの人や動物たちの命が助かりました。
あれから半年過ぎ・・・遠く海外で、今、人為的に、人の都合で、無残に排除されてる命があるだなんて・・・。あまりにも酷すぎます。
許されるべきことではありません。
今も苦しんでいる彼らがすべて救われます様に。
Commented by yayoitt at 2011-12-08 05:46
まお隊長さん

どうも、本当に、ありがとうございます!!

あの地震と津波 …。

多くの命が消え去り、また、人によって見放されもしたけれど
確かに、手が差し伸べられて、助かった命も沢山、ありますね!!

どんな理由であれ、動物の命の方が、人間の命よりも軽視される
意味はないし、あってはいけないし、理由がありませんよね。

人の為 …
人だけを守る為 …

それは、どんな状況であっても、決して、動物たちを殺したり
虐待して良いという理由にはなりませんよね。

ことに …

人間の欲と娯楽の為なんて。

本当に、ありがとうございます!!
お元気そうで嬉しいです!!
Commented by 田中博子 at 2011-12-15 17:33 x
くそ!
あほ!
ぼけ!
かす!
関西人の最高の野次です。
Commented by yayoitt at 2011-12-16 05:39
田中博子さん

こういう悲しい出来事を聞く度に、私も思わず、
罵声を心の中で叫んでしまいます。

そんな言葉を人々が心に感じなくても良くなる
そういう命に優しい未来になって欲しいものですよね。
<< 毛皮に関する、人々の知識を国内調査 日曜の午後は編み物 … の邪魔 >>