愛する白熊の親子がやって来た …
週の始まり。

動物病院が、いちばん忙しい夏の時期。

遅くに家に帰ってきたら …

四角い重たい小包が、届いていた。

中には …

大切な友が描いた ホッキョクグマの親子 の絵。
c0027188_415673.jpg

丁寧に描かれた親子のクマたちが …

まるで絵の中から抜け出し、こちらに歩いてくるよう。
c0027188_425690.jpg

この絵を見つめて、祈る。

どうか、彼らが、おなかを空かしていませんように …

どうか、溶ける氷に迫られ海を泳いでも、良き大地に辿り着けますように …

どうか、辿り着いた大地で、人の手により殺されたりしませんように …
c0027188_4203426.jpg

友よ。

はるばる来てくれた白熊の親子よ。

幸せでいてくれますように。

心から願います。
by yayoitt | 2011-08-10 03:55 | 愛する動物のこと | Comments(12)
Commented at 2011-08-11 06:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kepurunte at 2011-08-11 06:18
彼からしたら、お腹が減って 目の前の エサに 飛びついただけなんですよね
体脂肪0 で胃内容がカラ なんて つらかっただろうに...
Commented by chocorachocora at 2011-08-11 12:20
お母さん熊の目がすごく良いですね。
ほんとにどんどんこっちに歩いてくるみたい。

自然の中にいきなり探検と言って入って行って、そこに住む物の邪魔をすることは、自然に目を向けることとは違いますよね。
Commented by tui at 2011-08-12 00:54 x
すごい!!
ポールベアの表情がすごくいい!!
こぐまの無邪気さと母くまの包容力を感じる!!

あ~上☝の写真・・ノルウェーの学生さんを襲ってしまい殺されたポールベア。。クソガキどもめってと思った・・いや、失礼、すごく残念に思ったニュースだった。


そういえば、カナダの「スピリットベア」知ってる!?
白いくまなんだけど・・ポールベアとは少し違った歴史を歩んだくまさんらしい。
人と動物と環境と・・適切な距離が調和をもたらすんだろうな~。。


Commented by coco at 2011-08-12 12:55 x
とてもやさしい絵ですね。
描かれたか他のお人柄が出ています。

白熊の話は本当に残念です。
もちろん亡くなられたイギリスの学生には黙祷を。
胃の中が空っぽだった白熊に心が痛みます。
やはり、彼らの生存できる地球にしなければ・・・。
原発と一緒で負の遺産を後世に残すのは絶対にいけないと思います。
Commented by ポッキーママ at 2011-08-12 17:27 x
おぉ~無事に到着してよかった~!!
ガラスがついたものを送ったことがなかったから、
びくびくしてたんよ~
小学生が描いたような絵だけどね、
そんな風に喜んでくれてほんとよかったぁ~~
ありがとう!!
Commented by yayoitt at 2011-08-13 05:05
鍵コメ at 2011-08-11 06:16 さん

本当に、そうなんですよね。
もう、憤りがおさまりません。
クマが現れるから気をつけて、というサインまである場所で
テントで幕営するのだから、それだけのリスクがあることは
承知の上だった。

なのに、そういう 野生動物が生きる場所 で、
わざわざ銃を持って、そんな場所に自らの身を、学生たちの身を
置くってことは ・・・ 

まったく、理解してないですよね?

そういう 場所 に行くのなら、覚悟して行って欲しい。
死ぬかもしれない覚悟。
野生動物に襲われるかもしれない覚悟。

その覚悟ができないのなら … 行くな!

そんなツアーを作るな。

銃を持つな。

本当に、悲しいです。
鍵コメさん … ありがとうございます。

日本の熊のここと重なります …。
Commented by yayoitt at 2011-08-13 05:08
kep さん

まったく、そうなんです。
平均体重より45キロも少ない飢えた白熊 …。

そこに、白熊が出ることを知っての上でテントで幕営する
人間が何人もいたら …。

襲われて当たり前なのに …。

死ぬ覚悟。
教われる覚悟がないのなら、そんな行動はしちゃいけないですよね。
銃なんて、持つ 意味 がわかりません。

覚悟がないなら、行くな!

そう言いたい。

本当に悲しいです。
愚かな人間の浅はかな行動が悔しいです。 
Commented by yayoitt at 2011-08-13 05:12
Maama

そうでしょう!!
これね、実際に見ると、写真かな? って思うような
瞬間がよくあるの。

居間に飾ってるんだけど、ぱっと見た時に、ドキってするの。

野生動物の住む場所に、人間も住まわせて頂いてるということ。
でも、野生動物が住む場所に、人間が住まなくても生きていける、
けれど、彼らが生きられる場所は、悲しいかな、今の地球上では
限られている、だからこそ、私たち人間が、彼らの場所に
どかどかと土足で踏み入るような行為をしてはいけないんだよね。

もしも、踏み入るのならば、彼らのルールに従わなくては …。

とっても胸が痛みます。
本当に、悲しいです。 
Commented by yayoitt at 2011-08-13 05:17
といち

この表情とか毛並みの感じとか、本当にね、凄いよ!
触れたら、その毛の感じが伝わりそうなんだよ!!

お母さんの包容力 … そうそう、そうなんだよね!

イギリスの有名プライベート学校の学生なんだけどね。
子供たちは責められないけれど、こんな 無責任 な
野生動物に敬意も払わぬルール違反 の状況で
覚悟もできていないのに、身を守る銃は準備していた
運営者に、大きな大きな過失があるよね。

こういう場所に行くのなら、死ぬ気で行くこと。
そうじゃないのなら、行くな … そう言いたい …。

スピリットベア、聞いたことがない!!
どんな熊なんだろう …。

検索、してみるね。

同じ地球で、人間だけがいつも、土足で彼らの領域に
ずかずかと入り込んでるよね …。

日本の熊のことと、同じだよね。

どうか、どうか …。
殺さないで欲しい …。
Commented by yayoitt at 2011-08-13 05:23
coco さん

そうなんですよ。
とっても、優しさが伝わります。

描いてくれた彼女は、そう、とっても優しくって可愛い方です。

うふふっっ あ、同じ関西ですよ! Coco さん!!

亡くなった少年のことは、本当にかわいそうです。
残されたご家族の無念は、それは深いと思います。

全くに …。

ただでさえ食べ物がない現在の白熊の境遇。
白熊注意のサインもあるような場所にテントを張る人間たち。
あまりに、無責任で、野生動物、自然に対しての敬意が
ないと思いますよね …。

そんな場所にテントを張るのなら、死ぬ覚悟で行く。
その覚悟がないのなら、行かない …。

愛する熊に襲われて亡くなった星野さんのことを思い出します。
彼は、野生動物との距離を慎重に測り、決して、彼らを脅かす
ような行動はしないでいた …。

彼らのルールに従えないのなら、彼らの領土に、むやみに
足を踏み入れてはいけませんよね …。

… 負の遺産を後世に残すのは絶対にいけない

まったくに同感です!! 
Commented by yayoitt at 2011-08-13 05:24
ポッキーママ

生きてるみたいなんだよ。
ふっとね、動いた? って思うことがあるくらいなの!!
このね、お母さん熊が私は、特に好きだよ。
威厳のある表情、そして、優しく、けれど力強い …
なのに、とても怯えてもいる …。

色々なことを、この絵を見ながら思わされてるよ。

本当に、ありがとうね。
ポッキーママっっ!!
<< メッセージ性のない暴動は犯罪 救える命 伝える意味 >>