14の光景
まだ続くアザラシ猟 

その現実。

先進国の我々の商品の為。

思わぬところに使われる毛皮、皮の為。

PETAから。

14枚の、真実。

 もう、こんなことは終わりにしよう …

 こんな代償の上に、私たちの小物や靴や服や飾りは …

 要らない

 




c0027188_443286.jpg
c0027188_445151.jpg
c0027188_45671.jpg
c0027188_452113.jpg
c0027188_453630.jpg
c0027188_455285.jpg
c0027188_462965.jpg
c0027188_464321.jpg
c0027188_47034.jpg
c0027188_473375.jpg
c0027188_474543.jpg
c0027188_475574.jpg
c0027188_48826.jpg
c0027188_482048.jpg

買わないこと

誰かに伝えること

そして …

NO! と意思表示すること

一人一人の態度が、この世界を大きく変える
by yayoitt | 2011-04-27 04:10 | 愛する動物のこと | Comments(10)
Commented at 2011-04-28 10:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chocorachocora at 2011-04-28 14:50
男性が振り上げている棒を見上げている目を見ると辛いですね。

あまりにも残酷な写真で、正視することができません。

もう、こんなことは止めなければいけませんね。
Commented by kepurunte at 2011-04-28 20:25
ほんとに ひどい
人間の 頭をバッドで 殴り殺して 人皮を 剥ぐ
って 事 できませんよね! 残酷!
動物だったら 何をしても いいの?って思います!
それも 必要にせまられて ではない
殺された アザラシ達の供養 しないと 
たいへんな事が起きそうです ツナミ以上に...
Commented by カリーノパパ at 2011-04-28 23:42 x
この非道を止めさせる為に、カナダ政府に抗議の手紙やメールを送ることは出来ないのでしょうか?
Commented by viviまま at 2011-04-28 23:52 x
消費者が買わないと、殺されなくなるのかな~って いつも思います。

ウサギを飼っています。
うちのウサギとまったく同じ毛色のウサギの毛がブーツや洋服のアクセントに使われています。
購入者は 買ったばかりの頃は 大事に使うだろうけど、お洒落着→普段着 いずれ「流行に合わなくなった」「サイズが合わなくなった」「飽きた」等で 処分されるでしょう。

毛皮の付いた物は 絶対買いません。


Commented by yayoitt at 2011-04-29 04:56
鍵コメ at 2011-04-28 10:22 さぁん

そうなんだよね、知ることで、すべてが変わる …。
そこから、自身で選択が出来る。
頭を使ってイマジネーションをして、選ぶ。

いつも、本当に、ありがとう。

うんうんうん。
わかってるよ。
理解してる。
本当に、その気持ちがすっごく痛いほど、よくわかる。
鍵コメさん、本当に、ものすっごくがんばってるね。
走って行って、ぐわしって抱いてあげたい。

大丈夫。
私たちなら、いつでも、会えるんだもの。
会うんだもの。

傍にいるし、心はいっつも。

伝えにきてくれて、ありがとうな。
ずっと傍にいるにゃっっ。 うふっっ 
あんがっちゅよ。 
Commented by yayoitt at 2011-04-29 04:59
Maama

本当に、辛い映像だよね。
地球の片隅で … 今春、こんなに氷が真っ赤に。

彼らの恐怖を思うと、胸が痛くなるよ。
そこに、ここには写らない、多くの消費者がいると思うと
本当に、悲しくなる …。

だから、真実は知らなくちゃいけないよね。
消費者になるべくすべての人々が。
そして、買わないと決断しなくちゃね。

いつも、本当にありがとうね、Maama。
Commented by yayoitt at 2011-04-29 05:03
kep at 2011-04-28 20:25 さん

こんな、恐怖と時間のかかる苦しみを経ての死なんて
それを与えるなんて、実に、非人道的ですよね。

安価に、殺す … からなんですよね。

そうなんです。
必要にせまられてではない。
その通りなんです。
水気をはく靴下になったり、靴に使われたり、
または、アクセサリーのぼんぼんとか、猫の置物の毛に
使われたりとか、そんな物の為の、恐怖と痛みなのですよね。

日本でも、ものすごく沢山のアザラシの毛皮、皮が
使われた商品が売られています。

お店の人に、尋ねることも大事ですよね。
シールは使われていませんか? って。
売る側は、なるべく伝えたくないだろうから。

Kepさん、いつも本当に、ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2011-04-29 05:05
カリーノパパ さん

そちらに、直接、伺わせても頂きましたが、
この↑ PETAをクリックして、その写真の下のところで
カナダの政府に訴える、というのをクリックすると
嘆願書を送ることが出来ます。

本当に本当に、ありがとうございます!!
時間がかかっても、完全にこの猟が歴史となることを!! 
Commented by yayoitt at 2011-04-29 05:10
viviまま

売ることがなくなれば、完全に消費者がいなくなれば
この猟はなくなるのではと … そう思います。

毛皮の産業は、本当に残酷だよね。
Viviまま、ウサギとも一緒に暮らしてるのね!!

ウサギも、毛皮産業のウサギは、そこで生まされ、一生を
小さな箱で暮らし、毛の為だけに死んでいく子が
実に沢山、いるよね …。

そういうことを、そんな命の残酷な犠牲を知らなくては
消費者としての資格はないと思いますよね。

まず知って、そして考えて、想像して、それで選ぶ。

こんな無駄な死や苦痛は、絶対に、やめなくちゃいけないよね。

Viviまま、本当にどうも、ありがとうね!!
<< ダイエット、それなりの成功 母と、傘と >>