震災地の動物を守る
不安と恐怖、絶望の中 …

生きる人々、動物、命。

そこにはきっと、果てしない希望がある。

震災地に向けて、幾つかの動物の救護団体が向かっている。

1週間以上が経ち、そして、今から長い時間を掛けての …

再建。

東北地方太平洋沖地震 動物救済情報 

一頭でも多くの動物の命を救いたい

ずっと一緒に。

ずっと一緒に。





 
by yayoitt | 2011-03-20 05:31 | 愛する動物のこと | Comments(12)
Commented at 2011-03-20 12:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by coco at 2011-03-20 16:24 x
私はこの映像を始めてみた時、胸がいっぱいになりいてもたってもいられない状態になりました。
テレビ局に電話をしようかとも思いました。
どうして直ぐに助けてやってくれないの!
せめて食べ物と水をやってくれないの!
でも後で聞くとこのレポーターの人も何か食べ物を持ってきてやればよかったと呟いていた。

この仔達助けられたと聞きました。
チップも入っていて身元もわかったらしいです。
でも肝心のかいぬしさんがいらっしゃるかどうか・・・。
涙が止まらなくて困りました。

命は命。
人命も失われているのにと言われるかも知れないけれど・・・。
そこにある命だもの助けなければ・・・。
Commented at 2011-03-21 01:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chocorachocora at 2011-03-21 10:15
私もこの映像は知らなかったのですが、愉快な仲間たちが教えてくれて、すぐに探して見ましたが、涙無しでは見られませんでした。
でも、無事二人とも保護され、白い方の仔は動物病院に連れて行ってもらったみたいで少しホッとしました。
でも、他にもたくさん同じ状況の犬や猫がいると思うと・・・・
Commented by kepurunte at 2011-03-21 17:38
本当に 地震の被害者は 人間だけじゃ ないんですね
本当に 弱い生き物は こんな時 かわいそうになります
救助の優先順位... rescueに順位が必要なんでしょうか...
ドリアージが必要なのはわかりますが...

助けを待ってる人を目の前にして 「黒」を付けられますか?私は 看護師失格です...「黒」つけられません。
Commented at 2011-03-21 17:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2011-03-22 03:39
鍵コメ at 2011-03-20 12:40 ちゃんっっ

がははっっ フルネーム。
なんかさ、フルネームで呼ばれると、背筋が伸びるっしょ?
はっっ はい? みたいな。

↑ わかりにく~~~



本当に、ありがとう、すっごく嬉しいパックだもん。
時間を掛けて、楽しめる感じよっっ。サンクス 愛情

そーなのか!!
てっきり、全部、バイユーかと思ったよ。 ← 嫌な英語使い

でも、臨場感たっぷりで、かなり良かったよ!!

一時の夢、見たるぞおおおおお。
しっかも、少年を魚に … っておい~~~。

見る見る見る。
絶対に、見るから。

ほんと、あんがとうな。鍵コメちゃんよ。
Commented by yayoitt at 2011-03-22 04:22
Coco さん

この映像は、実は、マイケルから教えてもらいました。
マイケルが応援するサッカーチーム(スコットランドの)の
掲示板に、誰かが、見てみて下さい ってあげてたそうです。

レポーターの人や、カメラの人が口にする言葉に
とても胸が熱くなります …。

目の前にいる、この犬たちを、彼らには本当の意味で
救うことはきっと、できないと判断されたのでしょうね。
きっと、動物救護団体を見つけて、どの辺りに犬たちがいたかを
話してくれたのであろうと思います。

彼らは助かったのですね …。
良かった … 愛する飼い主さんと再会できただろうか?
それを思うと、また、胸が痛みますね。

Cocoさん。
その通りです。
命に優先順位や、優劣はないですよね。
その命を救う為 …
多くの方々が、頑張っていらっしゃいますね!!

ありがとうございます。
Cocoさん。
Commented by yayoitt at 2011-03-22 04:26
鍵コメ at 2011-03-21 01:39 さん

この、本当に大変で心配で、断腸の思いでいっぱいの時に
コメントを、どうも、ありがとう …。

このコメントに、とても胸を痛めてるよ。
どんな状況なのか …。
どうかどうか、その命に、順位ができないことを。
きっと、平和な中でやっぱり暮らし続けている私には
想像もできないような苦しみがあるんだと思う。
けれど、そこに、人道や、人権、動物の権利が
尊重されることだけは、失われませんように …。

そちらに、鍵させて貰ったよ。
そのお返事も、読ませてもらって、やっぱり胸が痛い。
とても悲しいけれど、応援するしかない、支えるしかないって
思ってる …。

鍵コメさん。
貴重な現実を、教えてくれてありがとう …。
鍵コメさんは、大丈夫ですか? 
Commented by yayoitt at 2011-03-22 04:32
Maama

本当に、もう、この映像が始まったすぐから、涙が出て
仕方がなかった …。

それに、レポーターの人や取材の人の声も、その辛い光景に
耐えかねている様子がよくわかって、とっても胸が熱くなった。

うんうん。
そうなんだね。
2犬とも保護されたんだね!
きっと、レポーターの人が、どのあたりって教えてんだろうな。
もしかしたらあの2犬は、全く知らない者同士なんじゃないかなと思ったよ … でも、周囲に人気を感じさせない
あの寂しい状況で、きっと、生きてる他の犬を見つけて
それからずっと一緒にいたんじゃないかな? って。

犬や猫のいる場所は、きっと、被災した人々がいる場所よりも
狭くて、居心地が悪いかも知れないよね …。
だけれども、彼らが、同じ命として救われ、保護され、守られ
未来を与えられますことを、心から願います。

Maama。
本当に、ありがとうね。
泣いちゃってばかりだね。
Commented by yayoitt at 2011-03-22 05:33
kepurunte さん

自然の災害で、被災するのは、そうなんですよね
人間だけではなく、全ての動物、生き物なんですよね。

私は、庭に綱でつながれたままの犬たちのことを
津波の光景を見ながら思っていました … 

救済。
命の救済に、優越、早い遅い、白黒は、ありませんよね。

ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2011-03-22 05:40
鍵コメ at 2011-03-21 17:39 さん

いえいえいえ~~。
こちらこそ!!

お役に立てたら良いけれど …。
<< 動物に託されたユーモア 地図を読めない女、分岐点で間違う >>