動物のエッチングの魅力
  
エッチング : 銅版を防食剤で一面にコーティングした後、
        ニードルで線描し、酸に浸して腐食させる技法。
        ニードルで防食剤を剥がした部分だけが浸食され、
        それが版の凹部となる。
        最後に防食剤を洗い流して版が完成する。
 

中学校で試したことがある。

剣道部だった私は、籠手(こて)を描いたのだった。

幾つもの線から出来上がる感じが、とても好きだった。

今日、友人に送るものを選んでいて出会ったカード。
c0027188_4441633.jpg

Sonia Rollo という女性のエッチング。

エッチングで浮かび上がる動物たちが、生きている。
c0027188_4465821.jpg

動きがある。
c0027188_4471713.jpg

無数の線が、鼓動を呼び覚ます。
c0027188_4474374.jpg

その姿や表情に、心を奪われた。
c0027188_4481670.jpg

犬やウサギや、鳥のエッチング。
c0027188_448326.jpg

様々な角度から、的をしぼって描かれる。
c0027188_4491179.jpg

今にも、動き出しそうな動物たち。

そこに、彼女の愛情を、感じ取る。
by yayoitt | 2011-02-22 04:49 | 愛する動物のこと | Comments(14)
Commented by HollyNoahDaisy at 2011-02-23 06:00 x
やっこさん、素敵なEtchingですね。目の表情がとても豊かですね。Pugの興味津々の目と、その下のGrey houndでしょうか、床に顎を乗せて寛いでいる目(ちなみに私はこの絵が好き)。

動物の目って、きれいで、見てて惚れ惚れしてしまいますね。

Dustyちゃんは、ゆっくりですがうちのPackの仲間入りしてきています。猫ちゃんたちからもどうやら許可が下りたみたい(笑)です。Liloが2-3回パンチしましたけどね。
Commented by sandy at 2011-02-23 09:46 x
いいね!
すごくいい。

こういう作品を作れる人は、本当に動物のこと愛している人だと思う。

6番目のわんこ。
なんだかやわらの目つきにそっくり!
Commented by pokkunnnj at 2011-02-23 11:11
すごい~!
浮き上がる感じが、立体的に見える感じがいいですねっ!
目もまん丸に、くりっとした感じとか、
とってもいい~~!!
エッチング、中学生の時にしたした。
でも、何をしたか全く記憶にございません。
やっこさん、よく昔のことを覚えているねーー!!
Commented by loveletterjunkone at 2011-02-23 11:51
うんうん。いいね。
出会ったカードは(一番上の)うさぎさんかな?
かわいいっ! ふふ

これ、前に話したことあったと思うけど
私にもお気に入りの版画作家さんが居て
その人が描く動物が好きで、いくつか持ってます。
エッチングにもいろんな技法があっておもしろいな~って思う。
真面目に(笑)やってみたいな~って思ったこともある。
木版画や銅版画も良いけど、コアグラフも好き。ふふ


Commented by chocorachocora at 2011-02-23 13:13
Etching・・・銅版に・・・なんか難しそうだけど、多分私は作った事ないなー

こんなに細かくって立体的に描けるものなんですね。

やっこちゃんの作品が見てみたいなー

動物っていろんな表情がありますね。
それを絵や作品で表現出来るってすごいです。
Commented by coco at 2011-02-23 15:27 x
生きていますねぇ~。
どの作品も素適です。

私は高校生のときに銅版画をしました。
甍(いらか)をモチーフに制作したのですが、
上手く陰影が出来なかったのを思い出しました。

日本では山本容子さんの作品が有名でしょう。
私は山本さんの銅版画も好きですよ。
Commented by カリーノパパ at 2011-02-23 22:42 x
素晴らしいエッチングですね!
エッチングというと、平板なイメージがありましたが、これだけカラフルで表情豊かな作品もあるのですね。
まるで、今にも飛び出して来そうな感じがします。
Commented by yayoitt at 2011-02-24 05:05
由喜さん

本当に、素敵ですよね!
そうなんです、どの子も、目に動きというか表情がありますね。
Pugの目って、こんな風にちょっとそれぞれ左右焦点が
まばらだったりしますよね。
グレイハウンドも、こんな風にしては、溜息をつきますよね!

猫には猫、独特の目が、犬には犬の目の表情が …
本当に、心奪われます。

Dusty!!
おおお~、由喜さんの家族として、馴染んできているのですね。
猫様(ふふ)の許可が下りたら、万々歳ですね!!

きっと、Sandyは、そんな猫パンチにもめげない
強い意志を持ってくれるはず!!

彼(彼女?)の成長が、楽しみです!! 
Commented by yayoitt at 2011-02-24 05:09
sandy さん

とっても素敵でしょう!!

うんうんうん、私もそれを感じます。
彼らのことを愛して、長い時間見つめて、描く …。
そして出来上がる作品からは、まさに動き出しそうな
瞬きしそうな彼らがいる …。

本当に動物のこと愛してるんでしょうね。

それが嬉しい!!

やわら …

こんなちょっぴりクールな哀愁を帯びた目をするんですね。
ふふふ 想像できます。

Commented by yayoitt at 2011-02-24 05:15
ポッキーママ

うんうん、そうなんだよね、この無数の線からなる絵が
浮き上がって立体的に見える!!

目に、それぞれの感情、表情があるよね!!

おおおお~~、ポッキーママも中学の時にエッチングしたんだ!
きっとさ、ほらさ、思い出してみると? ほらほら?
ピンクのゾウじゃなかった??

うっふっふ

私、ものすっごく美術の授業が大好きで、どんな絵を描いた
とか、どんな作品を作ったかとか、今でも、細かく覚えてる。
思い出すと、でも、疑問が沸きあがる。

あの作品たち、いったい、どこ行ったのか??

ふふふ 
Commented by yayoitt at 2011-02-24 05:25
ねえね

とっても素敵だよね!!
うんうん、そうなんだよ!
出会ったカードは、この、首を傾げたウサギだよ!!

えへっっ

おおおお、お気に入りの版画作家さん ・・・。
名前、も一度、教えて欲しい。
ねえねが持ってる動物の版画作品、見たいです。

版画って、独特の優しい魅力があるよね。
大好きなんだけど、どうやって製作して良いのかが
わからなかったりして、なかなか自分でできずにいるよ。

うんうんうん、私もね、真面目に(ふふ)やってみたいって
思ってるんだけど、どこからどう初めて良いのか?

コアグラフ …

聞いたことがなかったから検索したよ。
葉っぱとか紐とかを使うんだね!!
とっても興味深い!!

版画って、本当に素晴らしい!!

ねえね、やろうよ。
一緒に独学で、始めよう?

どう? 

えへへっっ
Commented by yayoitt at 2011-02-24 05:31
Maama

うんうんうん、言葉だけ聞くと、うわぁ、個人的にするには
いったい、どうやって始めたら良いんだろう? って
思うよね?

学校とかには、そういう画材とかがあって、良かったなぁ~。

きっとね、始めたら、すっごくはまると思いませんか?
Maama、あんなに絵だとか手作りが器用に出来る人だから
こういうのも、やったら、すごく興味深い作品ができるはず!

… と、何気に、勧める。

ふふ

無数の線が描き上げる生き物って、素晴らしいよね。
私も、是非、やってみたいよ!!

あ、明日、ちょうど、美術大学を卒業した友達に会うから
聞いてみよう!!!

動物のことを、とっても愛してるんだなぁって
感じるよね、伝わってくるよね!!

こんな風に、ルークを描いてみたい。 

ふっふっふ 

鶏肉とね。
Commented by yayoitt at 2011-02-24 05:41
coco さん

そうでしょう、まさに、生きてますよね!!
私も、色々な人の色々な作品に、しょっちゅう胸をぐいっと
掴まれるのですが、これまた、ぎゅ~っとされました!

(↑ あれ? 胸ぐら掴まれるっぽい? ふふ)

おおお~、Cocoさんは銅版画をされたのですね。
ええええ、甍(いらか)ですか!!
形や影とか、とても難しいだろうと思いました!!

その作品、今もとっていらっしゃいますか?

山本容子さん。
Cocoさん、知りませんでした!!
でも、検索して、色々な作品を見てきました。
なんて、素敵な作品たち!!
かなり、私の(むなぐら)ぎゅうううです!!

とっても素敵な画家さんを教えて頂き、ありがとうございます。
もっと色々と見てみますね!! 
Commented by yayoitt at 2011-02-24 05:48
カリーノパパさん

動きがあり、表情があり、とても素晴らしいですよね!
そうなんですよね、無数の線で描かれるのは平板なはずなのに
こんなに立体的に動きが、命が吹き込まれるんですね!

本当に、声をかけると、ワン! って飛び出しそうです。 ふふ

いつか、試してみれたら … なんて思います。
<< ボンジュールムッシューノーマン うっかりと不器用は、母譲り >>