森のくまさんが伝えたいこと

誰もが知っている童謡に 森のくまさん がある。

 ある日 森の中 くまさんに 出会った
 花咲く森の道 くまさんに 出会った
 くまさんの 言うことにゃ お嬢さん お逃げなさい
 スタコラサッササノサ スタコラサッササノサ


軽快な音楽で、花咲く森での愉快な楽しい歌である。

この歌を歌いながら、子供の頃から疑問に思っていたことがある。

 くまさんは、なぜ お逃げなさい と言ったのだろう?

c0027188_53878.jpg


昨年中、日本全国で捕獲された熊の数は *1722頭

そのうち、捕殺されたのが *1570頭

今年の10月2日時点で、捕獲された熊の数 *1609頭

捕殺されたのが *1366頭


(注 : * 行政に届出のあったもののみの頭数です)

去年に比べ今年は、ブナ、ミズナラ、コナラ、クリなどが凶作。

本来、山に住むクマの秋の食料の不作が深刻である。

大昔から、小さな島国で、その生の存続を続けてきた日本のクマたち。

人による、山の崩壊、木々の切り倒し、他の木々への植え替え ・・・

道路や高速道路の設置、レジャーや山菜取りなどの人の山への進出 ・・・

ただ生きる為に生活しているクマにとって

人による、熊の生活の場所への 侵入 は、悲しい結果を生み出している。

人の住む場所に現れなくてはならないクマ。
c0027188_5391430.jpg

クマにとっては ・・・

生きる為に食べ物を求め下りる人里は 侵入禁止の場所 という観念はない。

クマは、肉食ではない。

大切な友が教えてくれた。

 鮭を食べるのも、栄養を摂る為に、卵(イクラ)だけを食べる

クマは本来、クリ、ドングリ、ブナの実などの木の実が主食である。

人を襲って食べるわけではない。

クマに出会って、人が襲われるということがあるが ・・・

これは、あくまでも 恐怖心で自らと(小熊)の身を守る為 である。

連日のように報道される、クマの捕殺。

姿を見た、という報告で、自治団体がクマの捕獲、捕殺に集まる。

昔から、クマを倒した、クマを射殺したという話は 手柄話 になりやすい。
c0027188_5395775.jpg

日本という海に囲まれた土地で、大昔から生きてきたクマ。

人と共に、同じと地を分け合って生きてきたクマ。

ただ生きる為に、歩き回るクマ。

子供を守る為に、歩き回るクマ。

生の存続の為に、歩き回るクマ。

食べ物がない。

山がない。

隠れる木々がない。

山には、人が残したゴミがある。

山には、その人の足跡と香がある。

山を少し下りると、ゴミ箱に食べられる物の香がある。 

山を下りると、人の家の周りに畑がある。

山には、充分な食べ物も、木々も、隠れる居場所もない。

けれど ・・・

人に姿を見られたら ・・・

どうなるかを、彼らは知る余地がない。
c0027188_5475230.jpg

こんな彼らを、どうして私たちが、目の敵にできよう?

こんな彼らを、私たち日本人は、どうやったら守ることができるだろう?

こんな彼らと、私たちは、どうやって共に分け合って生きたら良いだろう?

c0027188_5443373.jpg

クマを守る為、ドングリなどを山に運び、地道に活動を続ける団体がある。

日本熊森協会

森とは、動物と植物があって、はじめて  なのだ。

クマも殺さず、人もケガしないための正しいクマ対応 も説明している。 

日本のクマは、このままでは絶滅する。

クマは、テディーベアや、図鑑の写真のみの存在となってしまう。
c0027188_544575.jpg

日本に住む、私たちは ・・・

マスコミに惑わされず、自ら知り、感じ、考え、行動する必要があるだろう。

 ある日 森の中 くまさんに 出会った
 花咲く森の道 くまさんに 出会った
 くまさんの 言うことにゃ お嬢さん お逃げなさい
 スタコラサッササノサ スタコラサッササノサ


くまさんはきっと、言いたかったのだと思う。

 ぼくに近付かないで

 ぼくに会わないで

 ぼくに会っても、どうか、そっとしておいて
 
 ぼくと共に、距離を置いて生きて


と。
by yayoitt | 2010-10-18 04:10 | 愛する動物のこと | Comments(22)
Commented by pokkunnnj at 2010-10-19 08:34
ほんとうに、この頃は連日クマのニュース一色です。
今朝も2件ニュースをみましたよ。。。
どちらも、親子連れのクマさん。
1件は射殺され、小熊1匹だけ森へ逃げ、
もう1件は、親子3匹、杉林へ逃げていった映像をみたよ。
その一部始終をカメラで追ってるんだけど、
親子3匹、車のクラクションで脅かされ、
みんなに追いかけられ、
道路の真中で、右往左往してたよ
母熊はクラクションを鳴らす車に威嚇しに行き
町中を逃げ回る親子・・・
最後、杉林に走っていき、助かり、涙が出そうだったよ・・・

2日ほど前に見たニュースは、
道路に出てきたクマが、車にひかれ、下敷きに成り、
大怪我をしてるっていうのに、その上射殺されてた・・・
クマさん、たまったもんじゃないよね・・・

もっと、自然と共存できる人間社会にならないと、
人間もきっと、生きていけないでしょうね
Commented by sandy at 2010-10-19 09:50 x
本来あるべき姿が、失われていくと
どこかにひずみが出てしまう。

人間が住みやすいようにと、どんどん開発していった結果が
生態系を壊し、結局は自分で自分の首を絞めてしまうことになる。

そのまま山の中で暮らしていき
お互いのテリトリーを尊重していけばいいのに。
ここ最近のニュースは、そんなことを感じます。

もっと・・・いろんなこと、行動に起こさないと・・・。
このままじゃ、地球が危ないよ・・・。
Commented at 2010-10-19 09:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-19 12:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-19 12:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ジョイママ at 2010-10-19 13:11 x
今ちょうどニュースで親熊と小熊2頭が夜の町中で、車のkラクションに脅さてる映像をやってる。親熊は車に向かって行き威嚇してみせる。小熊を護るために。でも親熊だってどんなに恐ろしい思いをしてるだろうと思うと涙が出る。近所で去年、山の熊に枝付きのどんぐりを送る活動をしてる人達と知り合った。で、今年長年の友人で東京都下に住んでる地主の娘に「枝付きのどんぐりを行ってもいい?」とメールした。返事「どんぐりの木はないよ。あるのは市の保護林だから切れない。色んな活動してるんだね。熊を山に帰してあげれば?」ああ、彼女とはもう進む道が違っているなと思ったよ。熊を山に返してあげられるならとっくにしてるぜ!と哀しい思いをしたよ。
Commented by ジョイママ at 2010-10-19 13:12 x
「どんぐりを採りに行ってもいい?」だった。ごめん。
Commented by chocorachocora at 2010-10-19 13:34
映画「猿の惑星」みたいに熊の惑星だったら、反対に人間が熊に狩られていたのかな?

人間は自分たちだけの星だと勘違いしているよね。
Commented by kep at 2010-10-19 20:23 x
まさに その通り!だと思います!「僕とともに距離を おいて生きて」距離って大事ですね...近すぎても遠すぎても ああっ 彼と私は離れすぎ...だから余計に会いたい...今はもう50歳の後退した おでこの持ち主ですが わたしも同じくらい年を重ね 体重を重ね小学2年の息子から「ママ?なんで重なっとーと?」と私の顎を見て言われました(汗)二重あごじゃよっ!!お城の花火大会 行きたい!ヒースの丘 行きたい!とりあえず来年 娘の高校受験が終わってから 行動開始です なんと来年は私も受験です 現在 通信制で勉強中!准看だから...
 来年 国試なんです! 妄想ばっかで 勉強が~(泣) でも 頑張ったって事で 自分にご褒美で エジンバラ!初めての海外 初めての一人旅行!こんな 楽しみがないと 勉強も やってられないっす それまで...ここに お邪魔して エジンバラを感じつつ 頑張ります!お返事 ありがうとございます!
Commented by coco at 2010-10-19 21:17 x
悲しいです。
何も殺さなくてもいいではありませんか。
森に返して下さい。
Commented by カリーノパパ at 2010-10-19 23:51 x
やっこさん、熊のことは、私も大変気になっていました!
「熊を射殺」というニュースを知る度に、「何で殺すの?」という疑問を感じています。
「殺さなくても、麻酔銃だってあるでしょ!」と思います。
何故、殺す必要があるのでしょうか!

私のブログでも書いていることですが、日本のマスコミにも責任があるように思います。
「熊=危険動物」というような書き方をしており、「どのような経緯で、人間に怪我を負わせたのか?」とか、「何故、熊が人里に下りて来なければならなかったのか?」とか、「熊と出会った時、どのように対処すれば良いか」といった所まで掘り下げた記事は、全くありません。
ここが、日本のマスコミの一番お粗末な点だと思います。

怒りと悲しみの気持ちばかりが先に出てしまいましたが、日本にも「日本熊森協会」というような組織があることを知って、少し救われた気分です。
マスコミには、こういう組織があることを、多くの人達に知らせてもらいたいと強く思います。

Commented by yayoitt at 2010-10-20 04:54
ポッキーママ

今年は、例年に増して、悲しいニュースが続いているそうだよね。
親子連れのクマ ・・・。
ただ、生きたいだけなのに ・・・。
ただ、生きるためだけなのに ・・・。

追いかけるカメラから伝わる映像は、悪者退治をする人間、
悪者を退治する好奇心に満ちた人々 ・・・。
それを見る普通の人々は、クマは怖い、悪い ・・・
そんなイメージしか受けないのではないだろうか? と思うよね。

どんなに、恐怖なんだろう ・・・。
どんなに、不安だろう ・・・。

それが、わたしたちの愛する日本で、良いのだろうかと ・・・。

道路に出てきて轢かれて生きていたクマが、結局は射殺された
ニュースのことは、私も教えてもらいました。

これで ・・・

良いのだろうか? と。

ポッキーママ、胸が痛いよ、辛い、悲しいよ。
こんな方法でしか、クマと生きられない日本は、文明がどんなに
発達しているとは言え、心は退化しているとしか思えないよね。 
Commented by yayoitt at 2010-10-20 04:54
続くね

村八分、忌まわしき者は殺す ・・・

それと、同じだよね。
ポッキーママ、気持ちを共有できて、感謝です。
とっても、辛い。

ありがとうね。 
どうしたら、良いのだろう。
考えて生きたいよ。
Commented by yayoitt at 2010-10-20 04:59
sandy さん

そうなのですよね。
本来あるべき姿 ・・・ 大昔からそうであった自然の姿。

それが失われて、どんな結果が待ち受けていたかは、今までの
日本の歴史からも、痛いほど、わかっているはずなのに ・・・。

人間だけの暮らしを守る為に考えて進むと、いつかはきっと
人の生活に危機、もしくわ終末さえも及ぼすことは、明らかなのに。

お互いのテリトリーを尊重 ・・・

その通りだと思います。

未来をみる力は、ないのだよね。
今さえ良ければ ・・・ 今だけ乗り越えて ・・・
そうなると、未来は、良い結果には絶対にならないのに。

1度、壊した物は、失った物は、取り戻せないのに。

うんうん。
行動に起こさないといけない。
私たちが、腰を起こさないと ・・・。

sandyさん、辛いです。
悲しいけど ・・・ このままじゃいけない。

どうも、ありがとうね。 
Commented by yayoitt at 2010-10-20 05:00
鍵コメ at 2010-10-19 09:59 さん

はい!
確かに!!

ありがとうございます。 ふふ 
Commented by yayoitt at 2010-10-20 05:07
鍵コメ at 2010-10-19 12:49 さん

実は、昨日の夜にメールを送ったつもりでいたのですが、
なんと、自分のアドレスに自分でメールを送っていました ・・・
お馬鹿さん ・・・ ということで、再度送信しました!! 笑

1日経って、だいぶ、疲れはとれましたか?
身体は疲れていてもきっと、心は、すっきり~なのでしょうね!!

大丈夫と聞けて、私も、嬉しいです。
ホッとしました!! 
鍵コメさんには、笑っていてもらいたい!! うふ

カリーノパパさんも仰るのですが、本当に、日本の報道は
偏りがひどくて悲しいです。それをそのまま、信じて鵜呑みにする
自らの頭で、心で考えたり、感じることができなくなる。

その通りです。
処分だけでは、本当の意味の解決にならないこと ・・・。
一番に大切なことを、報道は、してはくれないのですよね。

鍵コメさんと語った、あの熊森協会のこと ・・・。
私も、遠くからだけど、何らかの形でちーっちゃな力にと思います。
その通りです、行動は、何でも ・・・!!

やはり、思ったとおり!!
貴重なお話を沢山されたんですね!!
Commented by yayoitt at 2010-10-20 05:13
続きます

それを聞いただけで、心強く感じます!!

リンゴの ・・・

そんな出会いも、あったのですね。
あぁ ・・・ 本当に、辛いけれど、でも、貴重な旅になりましたね。

地球は、救われないのだと思います。
人の手で、ここまで壊されてきてしまったからには ・・・
修復の余地は、もしかしたらないのではないかな ・・・ と。

その、言葉。

今の私の心に、ストレートに入り込みます。
頭の中だけでも、明日の楽しいことを考えていたいです!!

そうでないと、壊れてしまいそうですもん。苦笑

鍵コメさんの楽しいこと ・・・
何があるのだろう!!
私も、それを聞いて、嬉しくなってきましたよ!! ふふふ

鍵コメさん!!
鍵コメさんの夢は、絶対に叶うと信じてる私です。
保証しても良いくらいですから!! (かなりの自信!)

あぁ ・・・ ゆっくり、会って話ができたら ・・・

もうちょっと。

あと数ヶ月(どんだけか!)!

優しい、優しい言葉に、鼻水、流してます。
ありがとう~~~~~~~~~~。 
Commented by yayoitt at 2010-10-20 05:22
ジョイママ

本当に、本当に、胸が痛みます。
きっと日本で、そういう報道を見ている人は、熊は悪者、
熊は退治すべき者、と洗脳されてしまうのではないかと
心配になります ・・・。

鬼退治のように、誰か1人を苛めるのを楽しむように、
日本全体で、熊が袋叩きに遭っているのかも知れないよね?
本当に、辛い ・・・ 悲しい ・・・ 憤りを感じるよ。

どんなに、怖いだろうか。
ただ、生きるだけなのに。
ただ、生きるだけなのに。

近所で、枝付きのどんぐりを送る活動をしてる人達に!!
地道な活動が、長い未来に繋がるのに ・・・
こつこつと努力しなければ、修復はできないのに ・・・。

もう、これは、国を挙げての クマを守る運動 としなければ
間に合わないのだろうね ・・・。
だけど、その、個人で、熊森協会で、必死に自らの時間と
労力を奉仕している人に、何らかの形で、手助けができたら ・・・
と思うよ。

その、ご近所の方は、個人でされてみえるんですか? 

ジョイママ、貴重な話を聞かせてくれてありがとう。
私も、悲しんでばかりいないで、何か行動を ・・・ と思うよ!! 
Commented by yayoitt at 2010-10-20 05:25
chocorachocora さん

そういう想像力って、とっても大切だと思う!!
熊の惑星があったなら、もしも熊と人の立場が逆だったなら
いったい、人は、どんな思いをするだろう ・・・
どんなに怖いだろう ・・・ どんなに、ひもじいだろう ・・・。

人間の能力には、破壊 ではなく、保存する 能力も
あると信じたいよ ・・・。

maama、本当に、ありがとうね!! 
今日の記事で書いてしまったけれど、人には、想像力が
あるのだから、個人で想像して感じて考えることが、
とっても大切なんだよね!!
Commented by yayoitt at 2010-10-20 05:31
kep さん

そうなのですよね。
距離をとって共存すること。
ことに、野生とは、決して、触れ合ってはいけない、ルールが
あるのですよね、それを人は、高慢になって、忘れてしまうのです。

50歳の後退したおでこの持ち主 ・・・ 私もその傾向です。笑

二重顎も ・・・ 同じ傾向ですよ~~。 がはは

お城の花火 ・・・ 毎年違うクラシカルミュージックが演奏されて
それに合わせて、まるで花火が踊るように打ちあがるんです。
どうやって 練習 したんだろうと、不思議でなりません。
私は、エジンバラのどの行事や催しよりも、これが最高に
素晴らしいと、毎年、家の窓から見ています。
ラジオで生中継のオーケストラを聴きながら。

おおおおお!!
来年が、国家試験ですか!
うわぁ ・・・ 思い出してしまいます ・・・ ううううううう 

それでは、是非、国家試験合格のお祝いに、いらして下さい!!
お待ちしております!! 

来春まで、まずは、ずっと応援しておりますよ!!!
息抜きに、ここに遊びに来て下さいね。 

頑張れ~~~~!! 
Commented by yayoitt at 2010-10-20 05:35
cocoさん

同じ思いを共有できる方々が、こんなに沢山いて、
とっても嬉しいです ・・・。

それならば、なんとか、日本よ、変われないか!!
と思うのですが ・・・。

本当に、胸が引き裂かれるように痛みます。
森に ・・・ そうです、返す為の努力を、して欲しいです。
自治団体が、行政が、国が、ちゃんと立ち向かわないと ・・・。

殺す という一番、簡単で安くて時間のかからない方法では、
未来がなくなりますよね ・・・。

こつこつと、地道に活動しなくては ・・・。

cocoさん、本当に、ありがとうございます。
できることを、なにかと ・・・ 思います。 
Commented by yayoitt at 2010-10-20 05:46
カリーノパパ さん

この 日本の熊の状況 に関して、多くの方が疑問を持ち、
心を痛めていることを知って、とても心強く感じています。

殺す という方法は、実に短絡的で、長い目で未来を見たものでは
決してありませんよね、安価で簡単で話題性もあって
時間も短くて済む、実に、非人道的な 方法 ですよね。

日本のマスコミの責任は、大きいです。
ただでさえ、日本の文化として、右倣え(みぎならえ)で
報道があれば、誰も彼もがそれに従う、同調する傾向があるのに
そこに加えて、ひとつのもの=熊 を寄ってたかって苛める
ような風潮ですよね?

何もかもが、人間本意で、人間さえ良ければいい ・・・。

これでは、経済大国ではあっても、人道にはひどく欠落があり
情けないばかりですよね。

日本のマスコミの一番お粗末な点 ・・・ まったく、その通りです。

私も、ただただ憤り、悲しんでいても、熊の状況を変えることは
できないから、なにか、できることを ・・・ と願います。

カリーノパパさん、本当に ・・・

ありがとうございます!!!
<< 想像力を失わない 一目惚れな ・・・ トランプ >>