虹の影を共に歩く
ブラックベアー(クロクマ)は、通常、2頭の小熊を産む。

1頭もしくわ、3頭のお産は、稀(まれ)である。

 2007年、アメリカ北西部ニューハンプシャイアー

あるメスクロクマが、5頭の健康な赤ちゃんクマを生んだ。

1人の男性が、日に4時間、6週間をかけ、その姿をカメラに収めた。
c0027188_534247.jpg

彼はその後、この熊の親子から離れることにした。

距離をとるためである。

親子が彼に慣れたり ゛近付くことのできる友達゛ になることを避けるため。

それは、野生の彼らと人間にとって、良い結果にはならないからだ。

ただ、親子が元気に暮らしている、という目撃情報だけを聞いていた。

ハロウィンが終わり、彼は、目撃情報を聞くことがなくなった。

ただただ、彼らが狩猟期間を生き残り、冬眠まで辿り着くことを祈った。

 2008年 春

雪が溶けるほんの少し前のことだ。

4月中旬のある日、彼は、彼らと再会を果たした。

生涯に一度あるかないかの、この家族写真を再び ・・・ 収めた。
c0027188_537532.jpg

 2008年4月25日 

彼の夢が、叶った。

人と動物の間に、こんな魔法のようなことが起きるとき ・・・

アメリカンインディアンは、こう言う。

" わたしたちは、虹の影を共に歩いたのだ ゛




(大切な友が送って下さった撮影者の手記を、私なりに訳させて頂きました)
by yayoitt | 2010-10-05 04:04 | 愛する動物のこと | Comments(13)
Commented by 用務員E at 2010-10-06 09:46 x
やっこさん、コメントするのはお久しぶりです。
ブログは毎日楽しみに見させていただいております。

普通なら2頭しか産まないクロクマが5頭産んだだけでも奇跡のようなことなのに、ちゃんとみんな揃って冬を越すことができたなんて素晴らしいですね。とても感動しました。

それから2年以上が経っているのですね。
それぞれが立派な大人クマになって巣立って行ったことを祈ります。

Commented by ジョイママ at 2010-10-06 12:25 x
「わたしたちは、虹の影を共に歩いたのだ」2枚の写真。特に2枚目の家族写真、自然に涙が出てきちゃった。無事でよかったね。よくぞ御無事で。この季節、日本でも熊が町に出てきて射殺されるニュースが増えてる。全部では無く麻酔銃で眠らせて山奥に離すことも多いようだけど、先日のオスは身体も大きくて相当暴れたのでオリに捕まったけど、射殺されたの。熊だって冬眠前に食べなきゃなんなくて、山に餌が無いから里に下りてくる。いや、人間が野生の地へ入り込み過ぎてるんだよね。
熊さん一家、いつまでも仲良く元気でいてネと祈ります。 
Commented by ゆた。 at 2010-10-06 20:29 x
カメラマンさんのの気遣いさんが、すてきですね。
小熊たちの命のちから強さ。 稀少なかれらの尊さにうたれます。
「家族の記念写真」。
ちいさかったときも、すこし、おおきく成長したすがたも、かわいい。

日本では、「ムシューダ」という防虫剤のコマーシャルで、
シロクマのかぶりものをした、そのCMのキャラクターが、
青っぽいクマという・・・・
あまり意味もなく、ただあっけらかんとしたCMが、
いま、この秋のお気に入りかな。
ネットとかで見られたら、いっしょにクスってわらえるかも、やっこちゃん。
Commented by カリーノパパ at 2010-10-06 20:41 x
お~、一度に5頭も生まれたのですか!
「目撃情報を聞かなくなった」、「狩猟シーズン」という言葉で、悪い予感がしながらドキドキ読み進めましたが、小熊達全員が無事に育っていることを知って、「やった~!」と嬉しくなりました(笑)
このまま、ずーっと無事に成長していてくれるといいな~♪
Commented by 杏はは at 2010-10-06 22:04 x
こうして奇跡のようにめぐり合えた熊たちが、1匹として欠けることなく生き続けてくれることを願わずにはいられません。

今日ニュースでやっこちゃんの故郷、古川町に熊が出て射殺されたと、殺された熊がニュースの画面に映し出されていました。
市街地に出ることはめったにないということで、今年は猛暑の影響で山に餌となる木の実が少ないことが原因なんでしょうね。
東北でも既に多くの目撃情報があり里に下りて来る熊も多いだろうと…。

殺される熊が今年は多くなる事が予想されます。

んんんんんん・・・・・・・。
Commented by loveletterjunkone at 2010-10-06 22:59
5頭の小熊ちゃんを産んだときから
奇跡は始まっていたのかもしれませんね。
その姿を写真に収める事が出来たことも、
成長した姿に再会できたことも・・・
生きていて欲しいというカメラマンの想いも
生き抜こうとする熊たちの想いも
共に叶った・・・重なった。

なんて素晴らしい!

これを、魔法のようなこと・・・
そう言わない未来を、私たちがつくっていかないと。

Commented by yayoitt at 2010-10-07 04:12
用務員E さん

お久し振りです。
コメントを、本当に、ありがとうございます!
とっても嬉しいです。

そうなのですよね。
私も、熊の出産頭数のことは知りませんんでした。
3頭でも珍しいのなら、5頭で皆、健康だというのは、ほんとうに
奇跡なのでしょうね!!

感動を、一緒に味わえる喜び、感じます。
どうも、ありがとうございます!!
今頃、どうしているのでしょうね ・・・。
6頭全てが元気で、守られていることを ・・・ 信じましょう!! 
Commented by yayoitt at 2010-10-07 04:17
ジョイママ

なんて素敵な表現なんだろうね ・・・。
虹の影を共に歩く ・・・ 虹が影を落とす、それが実際には
ありえないことだから、それくらい、奇跡的で尊い経験という
ことなんだろうね。

・・・ よくぞ御無事で

本当に、そういう気持ちです。

そうなんですよね。
この、秋、いつもこの季節 ・・・。
日本はどうしても、多くを処分しちゃうんだよね。
人間が踏み入らなければ、時間は掛かるけれども、その境界線を
人間側が守れば、彼らも人間の近くに来なくて済むのに ・・・。

思うんです。
哀しいけれど、悲しいけれど、日本から熊は消え去る ・・・ って。
ドードーと同じ、追い込み、人間が人間の手で処分してしまう
のだろうな ・・・ って。

現実になってほしくはないけれど、このままじゃ ・・・
もっと私たちが関心を持たないと、彼らは、日本から消え去るって。

ジョイママ、伝えていける限り、伝えたいって思います。
どうも、ありがとうね!! 
Commented by yayoitt at 2010-10-07 04:23
ゆたっちさん

本当に、そう思います。
このカメラマンの彼が、人々に写真を通して伝えたいのは
野生動物と共生する為に、彼らに近付いてはいけない ・・・ と
いうことなのではないかと。さんのの気遣いさんが、すてきですね。
小熊たちの命のちから強さ。 

・・・ 家族の記念写真

その通りですね。
皆がカメラ目線なんですよね!! ふふふ

本当に、愛おおおしいです。

ムシューダのCM、見ましたよ~~~ 笑
あれ、シロクマなんですね!! 水色の、ちょっと不細工な!! 
駄洒落編が、私は、かなり、好きですよ!!

あの簡単な ムシューダ♪ って歌が、耳に残りますね。
クスス~~~~~!!

ゆた。さん、どうも、ありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2010-10-07 04:27
カリーノパパ さん

通常、2頭なのに、5頭で、どの仔熊も元気に冬を越えて ・・・
本当に、奇跡ですよね、そしてこの再会!!

一緒に、喜んでくださって、と~っても嬉しいです。
この喜びを、そして、姿を見られただけで殺処分される熊も
いるという世の憂いを、カリーノパパさん、共に共有できて
感謝しています。

ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2010-10-07 04:40
杏はは さん

心から、私も祈ります。
奇跡の出会い、再会、そして、奇跡の6頭のクマ家族の幸せ。

古川で ・・・。
毎年、1~2度、山里の方に熊が出没して、それで騒ぎになる
ということはあるのですが、ニュースになって、そして射殺に
なったとは ・・・。

愛おしい愛おしい熊たち ・・・。
彼らが、山里の境界線を知るはずはなく ・・・。
人間は、境界線などなく、彼らの暮らす住処にどんどんと
踏み入るのに ・・・ 
彼らはただ、生きる為に、防衛し、行動するだけなのに。

杏ははさん ・・・
とっても悲しいです。
胸が、痛すぎます ・・・。

でも、これが現実なんですね。
殺す ・・・ という方法は、あまりに、安易過ぎますよね。
少しくらい時間とお金がかかっても、共生する方法をとれる日本に
なってくれたら良いのに ・・・。
Commented by yayoitt at 2010-10-07 04:40
続きます

杏ははさん。
教えてくださって、ありがとうございます。
どうして良いのか、わからないけれど ・・・。
くまもり会の人々のことを思い出し、彼らの地道な行動を思い出し
私も、自分にできる、精一杯のことを、したいと、あらためて
思います。

杏ははさん ・・・ 本当に、ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2010-10-07 04:43
ねえね

そうなんだよね。
5頭の小熊が生まれた奇跡、元気に冬を越えた奇跡、そして、
この出会いと再会の奇跡 ・・・。

うんうんうん。
・・・ なんて素晴らしい!!

これが、魔法じゃない世界。
人と彼らが、共生できる世界。
これも、未来に 作り上げられる奇跡 のひとつだよね。

あきらめたら、いけないね!!
ありがとうね、ねえね。
勇気を出すぞっっ!!
<< 毎日、強制体重測定と、体重大公開 そして、ここに帰って来た ・・... >>