魔女狩り と 切支丹(キリシタン)
母が、船便にそっと詰めて送ってくれた本がある。

3ヶ月後に届いたそれは ・・・

遠藤周作 母なるもの

九州は、かくれ切支丹(キリシタン)の子孫を追う作家の話。

読みながら、色々なことを考えていた。

・・・ 私は、信じるものの為に命を捨てられるのか?

踏み絵などを思うとき、それは、失う命ではなく、拷問の苦痛である。

だから、問いを正そう。

・・・ 私は、想像を絶する痛みの中で、自分の信じるものを貫けるだろうか?

私の信じるもの、つまり、命をかけて守りたいもの ・・・

それは、動物だ。

・・・ 動物の命の為なら、自らの苦痛を取引できるだろうか?

弱く、自分がかわいく、卑怯な人間の私に、それができるか?

きっと、できるのだ! と言いたいが、答えは出せない。

熱心で寡黙なキリスト教徒である両親は、神の為になら、そうするかも知れない。

偶然にも、先日、おっとさんがエジンバラに来た時に、こんな話をしてくれた。

魔女狩り の話。

 魔女狩りで、魔女だろうと思われる女性を、水責めにする。

 つまり、水の中に無理矢理、顔を突っ込むのである。

 そして、もしも死んだら ・・・ その女性は無実、つまり魔女ではない。

 でも、死ななかったら ・・・ その女性は魔女とされ、火あぶりになった。

 魔女、という疑いが科せられた時点で、生かす予定はないのである。

c0027188_56969.jpg

魔女狩りの根拠とされたのは、皮肉にも旧約聖書のある文章である。

 ゛ 女呪術師を生かしておいてはならない ゛ 出エジプト記 22章18節

信じるものの為に、苦しみののちに命を落とした人々。

信じるものの為に、苦しみを与えて命を奪った人々。

そこには、単純に線で結べるような繫ぎはできない。

けれども ・・・

信じる者と、信じる者を恐れる(忌み嫌う)者が、存在するのが興味深い。
c0027188_563023.jpg

わたしは ・・・

動物の命の為なら、自らの苦痛を取引できるだろうか?

by yayoitt | 2010-09-30 04:35 | スコットランドって... | Comments(16)
Commented by マーガレット at 2010-10-01 15:07 x
こんにちは。
いつも楽しみにしています。
ブログをお引っ越し致しました♪


今日も素敵な一日でありますように♪
Commented at 2010-10-01 16:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by しづづ at 2010-10-01 16:54 x
未知なるもの、目に見えないもの、三次元として証明されないものへの恐怖って「力」という意味で人間は強い恐怖心を持つんだよね。それを判断できないほどの恐怖で、残酷に全てを処分しようとする。
動物に対してもそうじゃない?熊なんてそう、その力を恐怖心から、理由を求めず処分する。
中国なんかもそうだよね、っというか人間ってそうなんだよね。
恐怖心から全てを破壊し抹殺する。
西洋文化も残酷だから、でも見えない力に対する恐怖で差別したりアイヌなんかもそうだよね。ケルトなんかもそうじゃないかな?
魔女、女性は男性よりも神秘的でより力が在るのかもしれないね三次元に属さない力も含め。だから男性はこのように昔から女性が怖いのかもだから支配の利く下の存在と化して来たのかも。子供もおなかで育て生むしね。
現代に生まれてよかったね。もしかしたらその時代も生きていたのかもしれないけど、今は今に居てよかった~。
Commented at 2010-10-01 22:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by manabi at 2010-10-01 22:49 x
こんばんは~ やっこちゃん。
自分の命をかけても守りたいと思うもの。
たぶん こう書いている時点でやっているようなものではないのかな?
たぶん いろんな場面があるけど 急な場合は やっぱ 身体をはるし・・  私も馬鹿だと言われても 助けたい。
でも 動物たちにも想いがあるだろうから 結局 私たちがたすけられたりしてね。 あの仔たちの方が潔いかも? 賢いし・・(笑)
だから この答えは 「やっこは できる。」 って ことで。
そうそう 島原へは行ったことあるの?
機会があれば 行きたいなあー。
今日から10月 良い週末 お過ごしくださーい。
Commented by nano-shinki at 2010-10-02 20:21
う~ん とっても難しいですね。

人間は本来は思いやりのあるものだけど、
時には残酷な生き物になってしまいますね。

それが、時代であったり、宗教であったり。。。

でも、自分の信じるもののために何かが傷つかなければ、
それは本物だと言えると思います。

やっこさんは動物たちの命のためにほんとうに頑張っていると思います。やっこさん、尊敬します。
Commented by coco at 2010-10-02 21:59 x
踏絵を踏めるか。
アイッシュビッツの極限状態で他の人の為に身代わりになれるか。

私は出来ない・・・と思う。

踏絵は躊躇する事無く踏み。
押し黙って嵐が過ぎるのを待つ。
そうする・・・と思う。

でも、ほんの少しだけその場にならないとわからないかもと思う事もアル。

Commented by 歴史の嘘 at 2010-10-03 03:09 x
キリシタンが迫害されたのは、日本人女性を奴隷として海外に輸出したからです…

キリシタン・人身売買で検索すればいくらでも出てくる
Commented by yayoitt at 2010-10-03 05:35
マーガレット さん

こんにちは!
どうも、ありがとうございます。
ブログ、引っ越しされたのですね。
ゆっくりと、伺わせて頂きます。
マーガレットさんも、良い週末を!! 
風邪をひかれませんように!! (只今、風邪ひき中 笑) 
Commented by yayoitt at 2010-10-03 05:39
鍵コメ at 2010-10-01 16:24 さん

これは、本当に、前から気になっていたので、実際に
どうやってやるんだろうって、思っていたのです。
それを、とてもわかりやすく教えていただいて、感謝です!!

株が ・・・

ふふふ いや、でも、株自体が、ないのですよ~ 爆

こちらでは、売ってないのです。
あんなに便利なのに、どうして使わないのだろうと不思議に
思うのですが、私も、家で使うのは、日本に帰った時に
買って来た物なんですよ。

本当に本当に ・・・ 甘えますよっっ。
宜しいのですか!! 嬉しいです。
それを持って、病院で試してみて、ご報告します!!

優しい鍵コメさん、ありがとうございますっっ。 
Commented by yayoitt at 2010-10-03 05:50
しづづちゃん

しづちゃんは、とっても上手く表現をするなぁ ・・・ と
読みながらしみじみと思ったよ。(今更のように ・・・ ふふふ)

うんうん、確かに、そういうものへの、言われない恐怖ってあるよね。
そして、それを洗い流そうとする動きって、とてつもなく恐ろしい。

あぁ、私も思ったよ、熊のこと。
だから、共生という動きではなく、抹殺しようとする。
・・・ 理由を求めず処分 その通りだよね。

人間は、そんなもの、本当に、そうなんだろうな。
人道ってなんだろう ・・・ と思うよ。

何か違う ものを恐れ、そして、抹殺する。
力がある(ように感じる)ものを、恐れ、抹殺する。
こういう歴史があっての現代、だけれども、同じようなことは
色々な場所、国で続いている ・・・。
本当に、人間って、怖いよ。
Commented by yayoitt at 2010-10-03 05:53
鍵コメ at 2010-10-01 22:38 さん

鍵コメさんの言葉、正直な言葉を、とても嬉しく読みました。
私も、記憶の中では、何度も繰り返して読み、聞き、知識として
知っている神のこと ・・・。

・・・ その時その時、誠実に生きていたらいいと信じてる

その言葉が、とても胸に重く残ります。

そうなんです、本に線を引いて読んでいたらしい母の本。
私に、何を伝えたいかは、明らかなんですよね。 ふふふふふ

鍵コメさん、ありがとう!! 
Commented by yayoitt at 2010-10-03 05:58
manabi さん

おはようございますっっ。 ふふふ

自らの命を代償に守りたいと思うもの。
確かにあるのだけれど、本当にそれができるのか ・・・
よく、自問自答をするのです。

そうなのですよね。
動物たちに私は、確実に、救われているんです。
どんなに、彼らを守りたいか ・・・彼らの身代わりになりたいことか。

彼らの、底無しの愛情には、頭が下がるばかりです。
もしも、そんな状況になった時に、私はできる! と言いたい。

ふふふ そう思っています。

島原、行ったことないんですよ。
カソリックではないけれど、両親も、行きたい場所だと思います。
私も、いつか、この歴史を覚えながら巡ってみたい。

もう、10月ですね。
風邪が悪くなってしまったけれど(苦笑)、のんびり週末中です。

良い日曜を!!!  
Commented by yayoitt at 2010-10-03 06:03
nano-shinki さん

本当に、そうなんですよね。
とても難しい ・・・。

歴史を見ても、今の人間の行動を考えても、やはり、
何かを信じる為に、人は、迫害したり、他の命を奪うことが
できるんですよね ・・・。

戦時中に、天皇の為になら何でもできた日本人も、同じだよね。

・・・ 自分の信じるもののために何かが傷つかなければ、
それは本物だと言える

心を痛め、自分自身を傷つけて、それが心でも身体でも時間でも
世間体でも ・・・ そうしてでも、守りたいと、願います。

maama、私は本当に、尊敬なんかには値しないです。
弱くて、情けない人間なんだよ。
思いと行動が、同じように動けないことも多いし ・・・。

けれど、愛するという自然な思いは、燃え続ける。
そこに、時間と身体を割くことができたら ・・・ と願います。

本当に、ありがとうね。
愛おしい命だよね。
Commented by yayoitt at 2010-10-03 06:07
coco さん

アイッシュビッツの人の為に身代わりになれるか ・・・。

あの、残酷な状況のことを読んだり見たりしてきて、自分に
それができるか ・・・ 本当に、足がすくんで震えます。

私がまだクリスチャンだった頃、よく思ったものです。
その場をしのぐ為に、踏み絵くらい、どうして踏めないのだろうと。
踏み絵の場合は、他の村人やキリシタン仲間の前で
踏まされるから、生き残った後の、後ろめたさや非難も
あったようで、その狭間で、自分は何を選択するのか ・・・ と
考えるだけでも、身震いします。

その状況で、その場に置かれないと、自分がどうするかわからない
ことって、ありますね、その通りだと、思います。

人は、なんだろう ・・・ と素朴ながら答えの出ない疑問です。 
Commented by yayoitt at 2010-10-03 06:08
歴史の嘘 さん

そんな説もあるのですね。
理由は、もしかすると、もっと複雑で色々なものが絡まった
ことなのかも知れませんね。
<< 私には、口出しできないこと 季節の変わり目 風邪予防~ な... >>