ゾウは、決して忘れはしない
6月24日 

Remember an Elephant Day 
(ゾウのことを覚えている日)
c0027188_40315.jpg

沢山の人々が、その日いちにちを、指をひもで結んで過ごした。

ゾウのことを覚えている為に ・・・

その縛られた指を見て、人々が問う。

  その指は、どうしたの?

そうしたら、サーカスのゾウのことを、少し話すことができる。

これは、この夏のキャンペーン Elephants Never Forget のひとつ。

ゾウは決して忘れない 
c0027188_401883.jpg

サーカスで使われているゾウ。

先の尖った鉤鎌で叩かれ ・・・

電気ショックを与えられ ・・・

鞭(むち)で打たれ ・・・

ひとつの芸をする為に、100時間もチェーンで縛られ ・・・

困惑し、不自然を強いられている。

ゾウは、決して自然に、頭で立ち上がったりしない。

けれど、サーカス側は、その芸のすべての動作は、自然だと言い張っている。

サーカスで使われる動物たちは、暴力と権力を振り回されている。

彼らは、怯え続けている。
c0027188_403538.jpg

サーカスのゾウは、最低2本の足を、生涯の95%の時間、チェーンで縛られる。

動かないように、歩けないように、狭い倉庫の中で。

チェーンを外すのは、芸をする時のみである。

何千年ものゾウの歴史で培われた、ゾウの自然な動きはすべて、制御される。

ゾウは、決して忘れない。
by yayoitt | 2010-06-27 03:19 | 愛する動物のこと | Comments(17)
Commented by shizuzu at 2010-06-28 10:13 x
違うよね。なにか確実に違う。
恐ろしい世界、なのに人は気が付かない世界。
子供にそんな表側だけ見せる(裏で虐待されているのに表で華やかなショーを)のはとっても無知な気がする。象はそんな事をするためにこの地球に存在してる動物ではないのだから。

Elephants Never Forget 良いキャンペーンだね。
人によってこうやって思い起こされる、変えられるきっかけを作れる。
人によって傷つけられるけど、人にしか救えないことも在る。
Commented at 2010-06-28 10:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-06-28 10:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chocorachocora at 2010-06-28 19:40
今、maama地方にもサーカスが来ていて、ヨォーが通学電車からキリンの頭が見えるって言ってました。
なんだかサーカスが来ても子供の頃のようなウキウキ気分はなくなって、現状を知るととても複雑な気分です。

どうか、そのサーカスは象やキリンをこんな扱いにしていないことを祈ります。



☆メール送ったからね☆
Commented by カリーノパパ at 2010-06-28 22:24 x
初めて投稿させていただきます。
私も犬が大好きで、現在、シェルティー2頭+コリー2頭と暮らしています。
今は日本に帰国していますが、以前に、ロンドンに丸13年間住んでいました。
そんなわけで、弥生さんのブログを興味深く拝読しております。
今回の象の話も、とても心に響きました。
私も弥生さんのお考えに同感です。

話は変わりますが、以前に川に流された犬を助けた青年の記事が載っていたように思います。
とても感動的だったので、もしよろしければ、私のブログの読者にも紹介したいと思うのですが、いかがでしょうか?
Commented by yayoitt at 2010-06-29 05:01
しづしづちゃん

そうなんだよね ・・・。
人知れず、人の手により、苦しんでいる沢山の動物たち。
その残酷さは、人であれば大きな問題になるというのに
物言わぬ動物であるから、闇に紛れてしまう ・・・。

現実を、子供にも伝えたいよ。
その、可愛い と思わせる姿が、決して 可愛い 姿では
ないということを ・・・ 苦しみなのであることを ・・・。

PETAで、大きなキャンペーンなんだ。
もっと多くの人々に知ってもらいたい。
それが、現実なのだから ・・・。

そう ・・・。

人の手によって苦しむ動物を救えるのも、人なのだよね。
その、ほんの担い手にでもなれたらと、願うよ。
しづちゃん、ありがとうね ・・・。 
Commented by yayoitt at 2010-06-29 05:16
鍵コメ at 2010-06-28 10:18 さん

本当に、本当に、どうもありがとう ・・・。
おっかさんね、今朝の2時過ぎに、彼女が望んでいた場所に
旅立ったんです ・・・。安らかに ・・・ とっても。

そうですよね、家族の強さ、絆を、感じます。
彼女が、まとめてきた荷物を、今、どうだろう、広げてるのかな?

ふふふ

スカーフ。
あぁ ・・・ 運命なのかも ・・・。
おっかさんからの、プレゼント、そうなのかも知れない。
青い空と白い雲 ・・・ 彼女の願った景色。

本当に、優しい言葉と、見守りをありがとうございました。
感謝、しきれません ・・・。
Commented by yayoitt at 2010-06-29 05:19
鍵コメ at 2010-06-28 10:23 さん

ありがとうね ・・・。

そうなんだよね。
どうして、動物達を、そのままの場所で、そのまま、手出しせずに
放っておいてくれないの? そう嘆きます。

すべては、お金の為 ・・・ それが、残酷で溜まりません。

天罰が下ることを、おかしな言い方だけど、正直、
心から願うほどです。

滅びるのであれば、滅びて欲しいとさえ ・・・。

そうですよね。
彼らを傷つける、苦しめること は、直接、未来の地球すべてを
狂わせ、傷つけ、苦しめることになるんだよね。

その通りだと思います!

鍵コメさん ・・・

いっぱいの感謝を込めて ・・・。

サンクス♪ 
Commented by yayoitt at 2010-06-29 05:23
chocorachocora さん

いつも、いつも、ありがとうね ・・・。
メールを、しかと、頂きました。
そのメールを読んだ時の、興奮は、後ほどお返事で。

ふっふっふ

そうなのですね。
サーカスが来ているんですか!!
実は、エジンバラにもサーカスが来るんです。

殆どのサーカスが、扱う動物に対しては、同じような行為を
行っているとのこと ・・・。

やっぱり、野生の動物を、お金の為に利用するという理由からも、
哀しいかな、きっと、動物たちは幸福ではないのだろうね ・・・。

何かが、変わってくれることを、心から願います。
Maamaも、そのサーカスのことを聞くたびに、辛いだろうけれど
そういう現実があるということを、もしも、機会があれば
誰かにそっと、伝えて下さい。

Maama ・・・

本当に、ありがとうっっ!!
可愛いMaamaと、ぷりちゃんっっ うふふっっ 
Commented by yayoitt at 2010-06-29 05:30
カリーノパパ さん

はじめまして。
コメントを、どうも、ありがとうございます。
また、時々、来て頂いているということで、本当に嬉しいです。
どうも、ありがとうございます!!!

シェルティー2頭とコリー2頭ですか!!
なんて、賑やかで幸せなのでしょう!!
そんな様子を見に、伺わせて頂きますね。

ロンドンに13年間もいらっしゃったのですね。
エジンバラにはおいでになったことが、ありますか?

物言わぬ動物だからといって、人間のお金の為に、都合の為に
残酷な行為を行うことは、決して、許されませんよね。

こんなキャンペーンが大きくなって、動物たちの未来が
少しでも明るい方へ変わってくれることを、心から願います。

あぁ、あの記事ですね!!
もちろん、もちろん、構いません!!
合衆国に住んでいる大切な友から、教えてもらったんです。
http://scotyakko.exblog.jp/13529490/
こちらが、その記事です。

本当に、ありがとうございます!!
これからも、どうぞ、よろしくお願い致します。
Commented at 2010-06-29 07:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-06-29 11:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-06-29 12:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2010-06-30 06:15
鍵コメ at 2010-06-29 07:41 さん

本当に、どうもありがとうございます。
見守ってくださり、そして、優しい声をかけて頂き、
とても心強くて励まされました。感謝しています。

どうも、ありがとうね!!!

どんなに、励まされたことか ・・・。

私は、何もできない嫁でした。
私のお姑さんは、彼女1人なのに、何もしてあげられなかった。

けれど、とても良い関係で、気持ちは結ばれていたって思ってます。
彼女も、そう感じてくれていたら、嬉しいけれど ・・・。

どうかな ・・・ ふふふ

うん!!
天国で、見守ってくれてるよね。
そう、信じます。

なんて、優しい言葉。

これ以上、ない ありがとう を鍵コメさんへ ・・・
届けます。 
Commented by yayoitt at 2010-06-30 06:16
鍵コメ at 2010-06-29 11:36 さん

本当に、今まで見守ってくださり、心温まる、力強い言葉を
何度も頂き、本当にありがとうございました。

感謝しています。

彼女は、幸せに、旅立ちました!!
ありがとうございます!!! 
Commented by yayoitt at 2010-06-30 06:19
鍵コメ at 2010-06-29 12:13 ちゃん

うんうん、旅立ったよ。
今はね、彼女の旅立ちを、心からお祝いしたいよ。

それだけど、うん、確かに、残される方は哀しい。
寂しい、とてつもなく ・・・。

そこに、姿が、背丈が、体温がないことが、とてつもなく ・・・。

あぁ~、ふわふわの、心地良い場所で、見守ってくれるかナ!!
そう、信じたいよ、時々、空を見上げて、彼女を呼びたいよ。

本当に、鍵コメちゃん ・・・

ありがとうな。

早く、鍵コメちゃんい会える日を ・・・ 
心から待ち望んでるよんっっ♪

サンクスっっ!!!
Commented by at 2012-11-26 05:41 x
サーカスのこと知ろうと思い、いろいろ検索して、こちらのブログにたどり着きました。サーカスで頑張る象をはじめとする動物たちの現実初めて知りました。elefant(animal) never forget ってキャンペーンみたいなものが、日本にも、そして世界中で、在れば良いなと思います。
<< 愛するおっかさんに贈る鎮魂歌 4頭のクマさん >>