詠う
突然に訪れることがある

まるで、この身から ・・・

千切られていくように去って行くものに

断腸の想いで

用意をしていなかった さようなら を

あちらこちらに、零す

いつか ・・・ とはわかっていても

その形が、どうであれ

愛するものとの別れ

それは、慟哭

深く張り切った根を、掘り出すような ・・・

地の底から聞こえる叫びにも似た

愛しきものとの別れ

時の積み重なり

風の流れ

水のしたたり

人は、数え切れぬ別れの重なりを ・・・

歴史 と呼ぶ

空間から、空間へ

形と手触りと、確かにそこにあった

愛するものの空間

そして、その周りすべての色や音

繰り返されぬ歴史

ただただ流れる時空

果て

果て

愛するが余りに

辿り着いてしまう最果て

そこから続く

永遠

by yayoitt | 2010-03-09 05:11 | 愛する動物のこと | Comments(8)
Commented by chocorachocora at 2010-03-10 14:12
やっこさん・・・涙が溢れてきます。
昨日一日家族と過ごして、今日荼毘に付してきました。
こんなに突然あのオヤジ顔を見ることが出来なくなるなんて
夢にも思っていませんでした。
いつかは必ず来る別れ・・・心の準備がなかったので、しばらくは色んなところでショコラの面影を見つけて涙が出そうです。

ありがとうね。
Commented by ノラ・グレイス at 2010-03-10 17:29 x
突然の愛するいのちのと別れ。
今は辛くても、
時間の流れと共に、
一緒に過ごした時間に感謝な思いが沸き上がってくる。
自分自身が経験したこと。
別れを恐れないで。
大丈夫。きっと、立ち直れるから。 

maama、ノラも見守ってるよ。
Commented by tui at 2010-03-10 18:46 x
ショコラ・・逢ったこともないけど、ブログ(chocoraさんの)にコメントしたことないけど・・なぜかムチャクチャショック。。
ご冥福を・・。

やあこの言う、チギラレルオモイ・・俺も昨年末梅乃介(やんちゃ猫)を亡くし、そんな感情を痛感してます。。
今は泣いて、狂って・・いいと思う。
この場を借りて、お悔やみを。。
Commented by yayoitt at 2010-03-11 06:22
chocorachocora さん

どんな言葉も、どういう言葉が ・・・

何ができるか、どうしたら良いか ・・・

そして、どうすることもできずに、ただ、溢れた思いを
書き綴るしかなく ・・・。

私も、信じられないでいます。
いつも、毎日、傍にいてくれた、そんな気がする。

Maama。
色々な意味で、我慢をしないでね。
泣きたい時には、心に任せて、ちゃんと、泣いてね。
遠すぎるけど、見守ってる。
Commented by yayoitt at 2010-03-11 06:26
ノラ・グレイス さん

ノラさんは、その思いを、とてもよく、理解されているのですよね。
それを、ゆっくりと越えてきた(今も越えつつあるのかも)の
ですよね ・・・。

・・・ 時間の流れと共に
  一緒に過ごした時間に感謝な思いが沸き上がってくる

  別れを恐れないで
  大丈夫
  きっと、立ち直れるから

あぁ ・・・。
なんて、心強い言葉なのでしょう。
ノラさん ・・・。
その言葉を、刻みます。
ずっと心に刻みます。
今から、数え切れない別れを、向かえる未来だから。

ノラさん、本当に、ありがとうございます。
Maamaを、一緒に、見守りたいです。 
Commented by yayoitt at 2010-03-11 06:30
tui さん

Tuiさん。
Maamaのところで、ショコラに逢ってくれてありがとう。
彼はね、本当に、ええ男なの。
照れ屋で、なんだろう、昭和男児って感じ? ふふふ
大好きだったよ。

今頃さ、梅と遊んでるよ、きっともう、出会ってるよ。
だって、TuiさんとMaamaが繋がってるんだもんね。

うんうん、私も、そう想います。
我慢しないで、泣きたい時は、心のままに ・・・。

Tuiさんも、そうやって、今、梅のことを笑顔で話してくれる。
だよね?

どうも、本当に、ありがとうございます。
Commented by sandy at 2010-03-11 09:43 x
お悔やみ申し上げます。
記事を読ませていただきました。

コメントを残していいか迷いましたが
虹の橋に逝った我が子たちのことを思い出しましたので。

つらい気持ち・・・お察しします。
ご家族のみなさんにとって、大事な存在である子が
亡くなった時ほど悲しいものはありません・・・。

つらいと思います。
今までそばにいたのに・・・。

でも、気持ちは通じていると思います。
亡くなった子は、時には天国から涙をぬぐってくれるし
元気になる薬も降らせてくれます。

どうか、我慢せずに・・・。
でも、一緒に住んでいる子達も心配しますから
元気になってくださいね。
Commented by yayoitt at 2010-03-12 04:56
Sandyさん

彼女のところへ、伺ってくださったんですね。
どうも、ありがとうございます。
とってもとっても、楽しくて、おかしくて、いつも
元気を貰ってるブログなんですよ。
彼は、とっても可愛くて、男前で愛すべく子でした。
あまりに突然で、本当に、胸が痛みます。

本当に、今がしばらく、一番、辛いだろうな ・・・。
どこを見ても、どの景色を見ても、愛する彼を思い出し ・・・。
けれど、そこにはきっと、彼が変わらずいてくれるんでしょうね。
そう、信じています。

うんうん、気持ちが通じてる。
そして、色々な状況で、彼が助けてくれるんだよね。
Sandyさんも、経験されてきたことなのですよね。
その言葉に、どんなに励まされることか ・・・。

本当に本当に、優しく力強い言葉を ・・・

私からも、感謝です。

どうもありがとう、Sandyさんっっ。
<< 地理滅裂(ちりめつれつ) ノーマン姫 至福の姿 >>