スコットランドと向き合えるかな
抱負っぽいものを1つ ・・・
c0027188_246149.jpg

逆らわずに、水が流れるように人生を進めようと思うとき ・・・

時には、場所に自分自身が縛られるべきことがある

私は多分、今から何年も何年も、スコットランドに留まるだろう

一生って言ったら、それはわからない

遠き日本を思いながら、ずっと暮らすのかもしれない

そうだったら ・・・

好きになりたい、この国を

できることなら、人々を
c0027188_246334.jpg

2010年2日目の遅い朝 ・・・ 
c0027188_1445522.jpg

友人と待ち合わせのカフェに行く途中、覗いたギャラリー
c0027188_1451513.jpg

ここには、沢山の想像力がある
c0027188_145329.jpg

ここには、自然を保とうとする力がある
c0027188_1454890.jpg

ここにも、きっと私が愛し続けられる何かがある
c0027188_2472648.jpg

99年に初めてスコットランドに引っ越してきた時、聞いた話を忘れない

 あるイギリス人の紳士が朝、出掛ける時にレインコートを着る
 これはスコットランドはグラスゴー出身の科学者、マッキントッシュが特許を持つ

 紳士は車に乗り込む
 タイヤは、スコットランドはドレッグホーン出身のダンロップが発明した

 紳士がオフィスに着くと、一日中電話に追われる
 電話は、エジンバラ出身のベルが発明したもの

 紳士が夕方、帰宅すると、娘が自転車に乗っている
 自転車は、スコットランドはダンフリーシャー出身、マックミラン発明のもの

 紳士はテレビを見てくつろごうと思うけれど
 テレビはへレンズバラのベアードが発明したもので

 イングランドは何をしても、スコットランドの発明の域から逃れられないと
 やけになって紳士は、聖書を手にするが ・・・
 最初に出てくる名前は、聖書の翻訳版を鑑定したスコットランド人、ジェイムス4世

 紳士は、やけになってアルコールを飲もうと思ったが
 世界一美味しいお酒((スコッチ)ウイスキー)を作るのもスコットランド人

 これで最後! と銃を持ったとしても
 後装銃の発明は、スコットランドはピットフォースのファーガソンが発明したもの

 たとえ、紳士が死ねなくても、手術台の上で、
 スコットランドはダーベル出身のフレミングが発明したペニシリンを打たれ

 スコットランドはバスゲート出身のシンプソンの発明したクロロフォルムが与えられ

 麻酔から覚めても、生きた心地がしない

 残る望みは、スコットランド人の血を輸血するだけだ


スコットランドに来る前に、この笑い話を読んで、えらく感銘を受けたものである
c0027188_2474818.jpg

暮らし始めて9年半 ・・・

貧富の差、大小犯罪の多さ、ドラッグ問題、公共マナーの悪さ、サービスの悪さ ・・・

大きな街の小さな物事に囚われ

建物の隙間から見える青い空を忘れがちで ・・・

だけど、もう一度、自分とスコットランドにチャンスをあげたい

そんな気持ちでいる

日本の大晦日、紅白歌合戦でその歌声を披露した彼女

Susan Boyle(スーザンボイル)が紅白に出てた と友や父が教えてくれた

スコットランド訛りの英語を話す、バスゲートに住む彼女
(バスゲートはエジンバラから車で30分ほどの郊外)

Youtubeで、彼女の歌を聞いていたら ・・・

なんか、この国で私も頑張ってみようって思えてきた

もっと、自分自身に広くて自然なチャンスを与えてみようかと ・・・

    ↑ ローリングストーンの隠れた名曲 Wild Horses のカバー 
c0027188_2481789.jpg

この国で、愛する動物たちと

できることなら彼らの為に、生きてみたいと

そう自然に思える気がする

そのくせきっと、小さなことでくじけて

日本へ帰りたいと嘆くだろうけれど

自然と与えられて今、ここに生きるのならば

その場所を好きになりたい
c0027188_2494485.jpg

少しでも

・・・ なれるか?

できるか?


あぁ 街の汚れたドアの前で、朝まで酒を飲みうずくまる人がいる

あぁ 全てを放り出して、ドラッグに溺れる人がいる

あぁ それがステイタスと、スタフォードシャーテリアを連れて歩く刺青がいる

・・・ なれるかなぁ

できるかなぁ

by yayoitt | 2010-01-02 01:35 | スコットランドって... | Comments(48)
Commented at 2010-01-03 08:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ピータン at 2010-01-03 09:45 x
「住めば都」と簡単には行かないのですね。でも、好きになるのに自分自身の主体性が発揮できる部分はありますよね。スコットランドの発明凄いですね!私も東京都いなか市の生活は理想とは言えませんが、仕事がこの辺りにありますからね。
Commented at 2010-01-03 13:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆき at 2010-01-03 14:43 x
やっこちゃん!
遅くなったけどあけましておめでとう!!
今年もよろしくね!えへ。
(今日は年始のお客さんの日なんだけど、お客さんがまだ来ないんだ~。朝の6時から料理作ったのに~。なのでその合間に書き込みちゅう)

実はここ最近、やっこちゃんのことを考えていました。
まさしくこの記事のような、やっこちゃんとスコットランドのことについて。
って、なんかレポートみたいだす(笑)。
実は少し前から英国旅行記を書き直してるんだ。
なんで書き直してるかは、またブログででも報告するね。
(あ、大したことじゃなかけんね~~)

紅白でスーザン・ボイル観たよ^^。
でもその裏番組ではポール・ポッツの来日ドキュメントやってたわ~。
二人とも同じオーディション番組出身だよね?
デビューの経緯もよく似ているし、がんばってほしか~。
Commented by HollyNoahDaisy at 2010-01-03 14:55 x
やっこさん、

スコットランド人ってすごかったんですね!ちっとも知りませんでした。今度会社のスコットランドオフィスの人にメールしちゃおうっと。

さて、私が知る限り、やっこさんの日本恋し病は、この2年ほどでだいぶよくなったのではないでしょうか。今日のブログもだいぶ前向きに見えますよ。

日本に毎年帰ることに決めたのがよかったのかなとも思います。とりあえずそれを楽しみにがんばれるでしょう?

私は自分の小宇宙を作るのが得意なので、どこで暮してもたぶん大丈夫。でもその分社会を客観的に見ていません。やっこさんは、私と違って物事を客観的に、社会的な視野に立って見られるから素晴らしいと思います。これからもがんばってくださいね。

ただ、どこの地へ行ってもやっこさんにとって「日本ではない」ということだけで原点評価になってしまうのは、ちょっとフェアではないのでは?って気がしますよ。というか、それだけあなたは日本が好き!ってことなのでしょうね。

Commented by coco at 2010-01-03 16:57 x
ほんの少し、ほんの少しだけ、やっこさんの気持がわかるような気がします。
でも、やっこさんは愛する人と仔がいるスコットランドは第二のふるさとに成っているのではないでしょうか。
9年間というのは紛れもなくやっこさんの人生の何ページかにはなっていますね?
そしてHollyNoahDaisyさんが仰る様に、里帰りができるというのはとても精神衛生上良い事です。

両親はいつもいつでもありがたいものです。

私は母を30歳の時、父を33歳の時になくしていますので、その時、ああ、今住んでいる所が私の居場所なんだなと思いました。

人生に無駄な事は何もない。すべては必然だったのでしょう。この年になって本当にそうだなと思う私がいます。

やっこさんのブログに出会えたのもやっぱり、必然だったのだと思っています。感謝。感謝。
60歳にしてやっこさんから新しい事を教えていただいていますから。重ねて感謝。

では明日から弾丸、極寒、韓国ツアーに行ってきま~す。


Commented by chocorachocora at 2010-01-03 21:14
スーザン・ボイル・・・何度もyoutubeで歌声を聞いていたけど、
改めて紅白に出た彼女の歌声を聞いて、またまた感動しました。
会場の拍手も誰のよりも大きかった。

やっこさん、スコットランドを好きになる努力してますね。
でも、きっとスコットランドの方はやっこさんのことすでに大好きになっていますよ。
Commented by ノラ・グレイス at 2010-01-03 23:07 x
やっこさん、不思議。
わたくしも、やっこさんと同じく今自分の置かれている状況を、
前向きに生きていこうと思っていました。
99年にそちらに移住なさったのね。
わたくしにとっても99年は特別な年だったのです。

「神のなさることは、すべて時にかなって美しい」のですから、
そのことを楽しめるといいですね。

これから、どんなことが起こるのか、
どこへ向かって生きていくのか、
ゆっくり、焦らず歩いていきましょうね。
ふふっ
Commented by ちな at 2010-01-03 23:12 x
こんばんは。

コメ返信ありがとうございました。(あれだけ書くと、かなり時間がかかったのではと思います)
ちなみに、ちなみは(ややこしいですが)娘の名前です。

そういえば、SuBoの紅白見てましたよ。
そのあとAndyにYouTubeも見せてもらいました。
あのオーディションは、歌そのものよりも観客の反応の変化が興味深く。

それにしても、もうそんなに長くそちらにいらっしゃるのですか。
私など、半年でロンドンのまずい食べ物に参ってしまいました。
イタリアやフランスならいくらでも滞在する自身あるんだけどな~

あと、Andyと妹の式に取材は来ていませんでしたが、
井端カメラ(古川駅前の)で写真などとった後、
内掛け&キルトのペアが瀬戸川沿いや今宮橋を散策&撮影しているとき、
観光客の注目を集めておりました。
あ~ NHK高山にでも電話すればよかったですね(笑)。
Commented by ウツトモ at 2010-01-03 23:15 x

私も何年もスコットランドでこうして自問自答をしてきたなあ。。。


でもそうやっていつも自分に言い聞かせるのに疲れたw
そしてこのままずっと住んでても、日本を恋しく思い、それでも「私にはこの生活が合ってるんだ」って言い聞かせ続けるのもわかってたしさー


夫の出身国だからということで、なにも彼の国に住まなければならないことはないし、一人一人別の人間なんだから別々の人生があってもOKやしぃ。。。

だって人生のカウントダウンは始まってるんだよ

若くて、元気で自分の意志で動けて、いろんなチョイスがある時間って限りあるんだよ

一度きりの人生

後悔した生き方をしたら、それこそ親不孝だしね

「私は幸せ」といい聞かせた時点で幸せちゃうしなw
幸せってもんは自然に感じるものやwww

あたしはさ、スコットランドでの生活がどれだけしんどいか知ってるから、みんなと違ったキっツーいコメントしてるけど、やっこさんのこと想ってるからやでぇ!

だーかーらー
早く日本に帰ってきてwww


4月、会えるのめっちゃ楽しみにしてるで!
大阪案内もするしさー


こんな辛口ウツトモにもコメントくれるかしらんw
Commented at 2010-01-04 00:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-01-04 00:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by scott at 2010-01-04 01:13 x
お久しぶりです。ほんとうに。覚えていらっしゃらないかも?です。2年ほど前スコットランドに生息していましたScottです。 

今はもうずっと日本です。

私もスコットランドにいて日本に帰れないと思っていたとき毎日 はぁ~ な気分だったので・・・。切ないキモチが解るような気がして。

天気です。天気!!!くらいねんっ。さむいねんっ。ぼ~け~。です。 あと、やっぱり、どうしても日本人なんですっ。スコットランダーにはなれないんですっ。

今は 前とは反対に 死ぬまでにまたスコットランドにいけるのだろうか?って状態でして・・・。こうなると スコットランドが恋しいんです・・・。はは。

日本には テスコも アズダも ブラックプディングも チップスも ない。空も狭いんですぅ。電線いっぱいですぅ。

こんな私は、日本 : スコットランド = 9 : 1 
やっこさんは  5 : 5 かもですよ。ふふ。ちがったら、ごめんなさい。

ふたつの故郷。プラスにも、マイナスにもなるかもですが、とても素敵です。

やっこさんが抱えているもの・・・。少しでも減ったらいいな~。*^v^* 
Commented by manabi at 2010-01-04 10:47 x
やっこちゃん こんにちは!
お休みをエンジョイしていますでしょうか??
・・・なれるかなぁ  できるかなぁ
ほんと ほんとっ。   どうなのかなーーっ。
なりたい自分でいてほしいーっ。
こうやって 書くのは簡単で申し訳ないのだけど。 ごめん!
私は 今年は 女々しい女で生きる!
やっこちゃんが どんな1年を過ごすのか じっと見てるね。 (笑)
やっこちゃんの笑い声が聞こえてきた。 気のせい?? ひひっ。

Commented by tui at 2010-01-04 13:24 x
あれっ・・出逢ってまだ1年だっけ(笑)?
長いこと友達してる感じだ!!


そうか~~エディンバラに骨をうずめる覚悟を・・
半分くらいの覚悟かな・・ひひっ。
俺も覚悟みたいなもんが足りないんだろうな~~人生の覚悟みたいなもん・・(?)流れに身を任せるってそういうことなのかな~なんて!!


お~~、今年も会おうぜ!
今年は古川祭り?を楽しめたらええな~!

スーザン・ボイル・・いい歌声・・誰やろう?と思ってたら、ポール・ポッツ系なのか!!
才能や感性の開花!!すばらしい!!

ヒトって生きる場所をさがすよな~それぞれの想いの中で。。
何にしても「帰る場所」があるってのはいいよね!!
Commented by chirorin_wan at 2010-01-04 16:49
何処に居ても日本人としての自分がいるんだろうなぁ~。。って思う。
あたしは日本を出た事がないから想像もつかないけど、きっとあたしもやっこちゃんと同じ風にその国に馴染もうとしながら日本を思い出しては・・葛藤するだろうなぁ~。。

でも、マイケルと共に第二の故郷に段々なって行ってくれたらいいなぁ~とも思う。
9年半・・それでもやっぱりそうやって考える日々なんだなぁ~って・・上手く言えないけどちょっと切なくなるよ。。

Commented by yayoitt at 2010-01-04 19:13
鍵コメ at 2010-01-03 08:13さん

鍵コメさん、結構、無理はしているんですよ。笑
だけど、ちょっとだけ、自然にこういう風に感じられるように
なったって言うか ・・・ 時の迷いかもだけど、そういう瞬間が
これから増えてくれたら、とってもありがたいなぁって思います。

わかります!! 
一握りの良い人たち ・・・ って、その意味!!

確かに暮らしやすいかもしれないけれど、寂しい、繋がりがない、
個人主義だからか、とても冷たく感じてしまいます。

本当に、鍵コメさん、いやな思いをしましたよね。
それも、幾つも今まで重なってあったことですよね、1つじゃない。

この国の サービス ってなんだろう?
って思うことがあります。
基本的に、サービス精神というのが欠けてるから、大事なところで
個人主義の自分自身を守るだけで終わるのかな ・・・。

鍵コメさんの気持ち、すっごくよくわかります。
私も今から何が、どんなことが待ってるかわからない ・・・。
長く暮らすかもしれないなら、少しでも灯りを見つけたい、
そう感じますよね ・・・。あぁ ・・・。

また、ゆっくり話しましょうね。
Commented by yayoitt at 2010-01-04 19:17
ピータン さん

ピータンさん、私も、この言葉のことをよく考えることがあるんです。
今まで、多くはないけれど、数ヶ所の都市町に住んでみて、
住めば住むほど、そこが都になるような場所って、なかったんです。
ここならずっと ・・・ という場所に出会えなかった。
もしかしたら、故郷が好きで好きでたまらないからなのかも。

・・・ 住めば都

これは、住めば住むほど、仕方がないと腹を括る って言う意味
なのかなぁ ・・・ と思ったり ・・・。

・・・ 自分自身の主体性が発揮できる

ある意味、チャレンジ、という感じで、少し自分を押し出してやれば
きっと、発揮できるのだろうって、思います。

ピータンさん、いなか市、私は結構、羨ましい ・・・

ふふふふふ 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 19:22
鍵コメ at 2010-01-03 13:38 さん

鍵コメさん、ドキリとしますよ!! 
その通りなんです、とってもとっても、的確に私の気持ちを
理解してくださって、ありがとうございます!! 

この容姿で、この顔を持ち続ける限り、私はいつまでも
いつまでも、この場所での 異邦人 でしかないんです。
すれ違う全ての人から、異邦人 としてしか受け入れられない、
それが今まで、今もずっと、自分自身を 異邦人 として
どこか隅に追いやってしまっているんですよね。

受容 ・・・ そう願います。
そうなんですよね、異邦人でい続けるのであれば、その覚悟も。
それと向かい合う姿勢も、気持ちも、持ち合わせたい。
そうなりたいと、本当に強く願います。

うんうん、急がないで、ゆっくり ・・・。

鍵コメさん、本当に、ありがとうございます。
なんだか、気持ちが楽になりました。
No を No のままで ・・・。

自分 は 自分 のままで ・・・。
肩を張らずに ・・・。
Commented by yayoitt at 2010-01-04 19:48
ゆきさんっっ

明けましておめでとうございます!!
今年も、昨年以上に、色々とよろしく願います!! えへへっっ

おおおお、年始のお客様をお迎えに!!
お料理、いつお客様がいらっしゃっても、大丈夫~~、素晴らしい!

えええええっっ 
ゆきさん、私のこと、考えてて下さったんですか!
なんか、嬉しい ・・・ これってもしや、あれ? なんて言うんだっけ?

英国旅行記 ・・・ かなり楽しみにしています。
あの旅行を思い出しながら、そこに、スコットランドや
貞子の姿を、見つけてくださってるんですか? うふふふふふ

そういうのって、とっても嬉しいし、励まされます。 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 19:48
続くねぇ

スーザンボイル、観ましたか!
ポール・ポッツって、ブリストルの出身なんですね?
イギリス人だってことも、私、知らなかった ・・・ 恥

ブリテンズ・ゴット・タレント、そうです、そうです、同じ番組ですよ。
決して若くはないけれど、あの番組は、個々の才能を認める
そんな番組だから、こういう人々があらためて注目されるんですね。

ゆきさん、旅行記、楽しみにしていますよ。
この春に、ゆきさんと、日本のどこか(あそこは?? ふふ)で
会えますことを ・・・。

本当に、ありがとう~~~~~。
Commented by yayoitt at 2010-01-04 19:58
HollyNoahDaisy さん

結構、興味深いでしょう?
スコットランドに住むと、どうしてこんなに怠惰なのかとか、
どうしてこんなにサービスが悪いのかとか、時には(頭が)悪い
のかと、思うことが、多々あるんですけどね ・・・ 笑

会社には、スコットランドオフィスもあるんですね!
是非とも、語ってみて下さい、案外、知らなかったりするかも? 笑

私の日本恋し病 ・・・ そうですか?
だいぶ、良くなった = 諦めに入った(笑) かも??
それはそれで、とっても嬉しいです、何と言っても楽になりたいから。

今日のブログ、こういう気持ちって、自然に沸くから、自分でも
おおお、って思ったりしてたんですよね。

はい、日本に毎年、帰らせてもらえるって、かなり力になります。
それを目標 ・・・ にするのは避けたいけれど、でも、それを
楽しみにして毎日のここでの生活に励めたら ・・・ それが最高かも。
Commented by yayoitt at 2010-01-04 19:58
続きますね

・・・ 自分の小宇宙を作る

由喜さん、これって、とっても大切な 才能 と思いますよ。
どこで生きても、やっぱり、自分は自分、自分しかいないんですもん。
私も、それができたら、嬉しい ・・・
だとすると、やっぱり好きな絵をもっと描いてみるとか ・・・。

・・・ 社会を客観的に見る

私は見過ぎているのかも知れません。
そして、良い悪いで決めすぎているんだと思います。
私の力で変わらないもの を 無理に変えようとしたりしてあがいたり。
こんな繰り返しは、雁字搦めになるだけなんですよね ・・・。

本当に、その通りです。
日本と比べる ・・・ その癖は、やっぱり直したいです。
それよりは、受け入れる、という努力をし続けたいです。

由喜さん、本当にありがとうございます。
これからも、きっと色々と話を聞いてもらうこととなると思いますが、
どうかどうか、よろしくお願い致します。 土下座 笑 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:07
Cocoさん

ありがとうございます。Cocoさん。

スコットランドが第二の故郷に ・・・
その応えに、はい! とは言えないけれど、そうだったら嬉しい!
と応える自分がいます ・・・ そう言えたら良いなぁ ・・・。

でも、ノーマンの為にも、私はこの国を去ることはしたくない。
2度と飛行機に乗せたくないから ・・・。
そして、マイケルとノーマンと私の為にも、ここでより多くの
嬉しいを見つけて暮らして生きたい ・・・ そう願います。

あ、けれどいつの日か日本移住は、諦めてませんが(笑)
って、これが本音 ・・・ ふふふふふ

私の人生の中の、かなり大きなスペースを占めてますね、
スコットランドでの生活は ・・・。
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:08
続きます

はい、本当に年に一度の里帰り、これに救われています。

両親がいつまで元気でいてくれるのかわからないけれど。
もしも、両親がいなくなったとき、私にとっての日本って、どう
変わるんだろう ・・・ って思ったりしています。

Cocoさんが、ご両親をなくされた時に感じたように、
その時が、私にとって本当に、日本離れする時なのかも知れません。

それはそれで、とても自然で、そうなったら良いな ・・・
とも思っているんです。

無駄なことはなく、全てが必然 ・・・
Cocoさん、ほんと、そうなんでしょうね、全てが繋がり、1つの
輪になってそれぞれの人の人生に関わっているんでしょうね。

Cocoさん、私からも抱えきれないほどの感謝を ・・・。
元気や、励ましや、気付きをくださる、貴重な出会いです。
本当に、あらためて、ありがとうございます。

さぁ、Cocoさん、弾丸ツアー!!
3食昼寝(? 笑)付きで、とにかく、楽しんで、はちきれて
来て下さいね!! 美味しい土産話、待ってますよ~~~!!

いってらっしゃい!!! ふふふ 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:13
chocorachocora さん~~

スーザンボイル、紅白での彼女、私はまだ見ていないんだけど、
やっぱり良かったんだぁ~~~、とっても堂々としてるんだよね、
とにかく、歌うことが大好き、気持ちよく歌って ・・・ って
彼女のうたう姿を見てると、それを感じるよね。

あんな郊外の田舎の村から、世界に飛び立った彼女を見て、
彼女がスコットランド人ってこともあるけれど、やっぱり、
同じ女性として、同じ人として、なんだろう、励まされるよね。

うんうん、スコットランドのこと、好きになろうと思ってる!
あぁ、スコットランド ・・・ そうなのかな?
そうだと、良いなぁ、そうだと、すっごく嬉しい ・・・。
受け入れてもらいたいなぁ ・・・。

でもでも、きっとそうなんだよね?
Maama、そう言われて、目から鱗が落ちた気分だよ。
どうも、本当にありがとうね。
好きになったるわい~~~ 覚悟しとれぇ~~~ げへへ

笑 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:20
ノラ・グレイス さん

ノラさん ・・・

ノラさんが、私と似たような葛藤の中で暮らしているんだなぁ~と
いうこと、何となく、感じていました。

人生の中には、その人その人の抱える、こうしたいけれど出来ない、
今のままで良いのかわからない ・・・ そんな思いを抱えながら
ただ毎日を生きるってこと、多いのでしょうね。
それが、人生? なのかなっても思ったり ・・・。

前向きに ・・・ 前がどこかを見極めたら、そこに向かって進みたい。いつも、そんな風に感じています。

ノラさん、99年、ノラさんにとっても、ターニングポイントの年
だったのでしょうか ・・・ また、そんなことも語りたい。
 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:20
続きます

すべてが時に適って美しい ・・・

この言葉、素晴らしいですね。
時に適っている ・・・ だからジタバタしなくて良い、どんと身を置いて
その波の揺れに身を任せたら良い ・・・ そう、伝わります。

ノラさん、本当にそうですね。
ノラさんが、同じように自問自答しながら、そこで生活して
笑っていてくださることが、とても励ましになります。

本当に、ありがとうございます。
ゆっくりと焦らずに ・・・ 探しながら、向かうべく方へと流れるように

生きたいです、生きて行きましょう、ノラさん!!
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:28
ちな さん

おおおお、こんばんわ!!

こちらこそ、コメント、本当にありがとうございます!
嬉しい~~~です!! ふっふっふ

ちなみ ・・・ 娘さんのお名前なんですね、可愛いですねぇ。

おおおお、スーザンさんの紅白、観られましたか!!
日本では、スーボーさんなんですよね、ふふふ、スーボーさん。
この↑ ワイルドホースも聞かれましたか??
とっても良いですよ~、オリジナルより私は好きかも ・・・ 笑

私は、99年から3年住んだ後、飛騨に戻って2年過ごして、
それから04年にこちらに再び移住してきたので、
今年で9年目になります。

ロンドンかぁ ・・・ 行ったことがないからわからないけれど、
かなり日本の物も手に入るし、日本料理とかも食べやすいですよね?
私は、白いご飯でどんぶり飯を食べれれば満足な人なので、
食の方では、どこでも暮らせるんですけどね ・・・ 苦笑 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:29
続きます

井端カメラ ・・・ 両親の家のすぐ裏ですよ~~~ 笑
内掛けにキルトのペア~、両親も知らないか聞いてみよう。ふふ

そうですよ~、これはかなり、話題になると思うわぁ~~~!!

ヒッツ高山 ・・・ すぐに取材に来たこと、間違いなし!!

あ、ちなさん、私、今年の祭に帰りますよっっ。
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:42
ウツトモ ちゃん~~~っっ

一昨日はRちゃんと、昨日はタコちゃんと、あなたの噂をしてたんよ。
一体、どうしてるんだろう、何が激動なんやろうってな。
色々と、心配、してるよ~~~、会いたいよ~~~。

トモちゃん、そうだよね、私たち、繰り返し、繰り返し、こんな話を
して来たんだよね、ずっとずっと ・・・ でも答えって出なかったよね。

ある意味、住める国(選択できる国)が1つじゃないって、
結構、辛いことでもあるのかな ・・・ って思ったりするよね。
やっぱり、もうひとつの国を比べてしまうから ・・・
でもこれも、多くの人々にとっては、贅沢な選択なんだろうけど。

うんうん、別々の人生、っていうのは、とってもよくわかるよ。
例えば、結婚していてもさ、数ヶ月、もしかしたら数年、離れて暮らす
ことが、その時に必要であれば、そうすることって大事だと思う。 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:42
続くよん

人生のカウントダウン ・・・ 確実に始まってるなぁ~~。
しかも、私のカウントダウンはさ、折り返し地点から下りの坂の
カウントダウンやから、早いぞっっ。 笑

うんうんうん。
トモちゃん、トモちゃんの言ってくれること、全部、むっちゃよくわかる。
うんうんうん、って頷いてばっかりよ。

私にとって大切なもの ・・・
ノーマンという命、今、ここで出会っている命、
そして世界中の動物たちの命 ・・・ なんていうか、自分の人生=
彼らの幸せと重なってしまっているから、きっと、私には
もうちょっとだけ時間が必要かも知れないんだな。
何を 私は幸せ とできるかに。

ううん、全然、きつくなんかないよ。
すっごく良くわかるもん、すっごく良く理解できるもん。
その通りだし、私も、そうやって生きるつもりだよ。 

けど(って、またButやけどな)、今はしばし、動かないでいるよ。
けど(笑)いつか ・・・ 日本に ・・・ は諦めないぞっっ。
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:42
もちっとな

まずは、トモちゃん、春に会おうな。
辛口ウツトモって、トモちゃん ・・・ 
私たち、ここで、ずーっと語って来たじゃん~~。
トモちゃんが、どんな女性かって、知らないとでも??
(うらうら、はよう食えっっ うらっっ) ぶふふふふふ
あんがとな。
ほんと、あんがとうな!!!
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:49
鍵コメ at 2010-01-04 00:31 さんっっ

うんうん、そうだよね、本当に ・・・。
きっと、この自然な気持ちも、もしかしたらまた、折れてしまうだろうし、
そしたらまた苦しむけど、また自然と、頑張れるかも? って
思うようになるのだろうし ・・・。

繰り返し続けるんだろうなぁって、思うけど、それって人生なのかな。

場所がどこであろうと楽しめば良い ・・・ そうなんだよね!
うんうんうん、感情に素直でいたいって思うよ!!

うんうん、私と鍵コメさん、そういう意味でも共通してるよね。
過去が大事な人 ・・・ 過去を引き摺って今を生きる人 ふふふ

ああああ、そうなんだなぁ ・・・
鍵コメさんの、今までのその苦悩や葛藤が、すっごくよくわかるよ。

本当に、私たちって、とっても感じ方が似てるんだろうなぁ。
そういう意味でも、なんていうか、頑固?(爆)でもあるからさ、
なかなか素直に、ただ笑いたかったら笑うとか、これが良いって
思ったら、それを良いって評価することが、なかなか
できなかったりする ・・・ じゃない?
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:56
続くね

その前に、大前提として、スコットランドなんて ・・・ ってのが
あるから、そういう風に素直に感じられないって。

うんうん、そんな考え方に支配されてる自分に疲れる ・・・
その通り、雁字搦めになってる自分を解放したい ・・・。

そうだと思う、鍵コメさん。
生きてくって、そんなもんだって思うよ。

愛する命と一緒にいたれる ・・・ それが最高の幸せ。
感謝すべきことなんだよね、本当に ・・・ それ、忘れてしまってた。

普段から、感謝すること ・・・ なんて言ってるくせに、
自分は悪いことばっかりみて、与えられた幸せに感謝してなかった。

うんうん、ありがとうな、鍵コメさん ・・・。
同じ境遇で分かち合えるって、とっても力強いし、嬉しいよ。

・・・ いつもゆる~く生きて
Commented by yayoitt at 2010-01-04 20:56
もちっと ・・・

かっこええええええええええええ
やっぱり、ほら、かおりさんじゃん~~~~っっ ふふ

そこがダブる理由かも?? おおおおおおっっ(新たな発見)

私も、そう、やっていける、自分にゆっくりなって生きたいよ。
お尻の力を抜いて ・・・(← って、尻かよっっ)

・・・ 許せることが多くなって ・・・

これは、私の場合、反対かも知れない ・・・
いけないいけない ・・・。

鍵コメさん、本当に、ありがとう。
とっても気持ちが良いわっっ。
ゆる~~く生きたい!!

あんがっちゅだよっっ ちゅ 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 22:28
scott さん

お久し振りです。
覚えていますとも!! というか、そんなにご無沙汰でしたか??
最近、お話しした気が ・・・ あれれっっ?? 笑

お元気そうで何よりです!!
スコットランドに生息(がはは)していたのが、もう2年前ですか!
時が経つのは、本当に、早いものですよね ・・・。

あぁ、きっと同じ気持ちを感じていらしたんでしょうね。
そうなんですよね、やっぱり、天候もあるし、文化の違いが全ての
違いとなって、居心地良い時間というのが、あまりないんですよ。

だから、Scottさんの仰る、スコットランダーにはなれない! 
それなんですよね ・・・。

宿った魂は、むっちゃ日本人なんですよね。
なんて言うか、上塗りは出来てもすぐに剥がれてしまう ・・・。
それか、錆び付いてしまうんですよね ・・・。

現在は、日本から、スコットランドを恋しく思っていらっしゃるんですね。
そういうのって、やっぱり不思議ですよね ・・・。
Commented by yayoitt at 2010-01-04 22:28
続くね

実は、私の場合、最初の3年を終えて、一度、日本に帰国して
暮らした2年間、スコットランドには戻りたくない! という気持ちばかり
だったんです、けれど、2年でこちらに来ることになって ・・・。
日本から、スコットランドを恋しむことがなかったんですよね ・・・。

Scottさん、今の私はでも、そうかも知れない。
5:5 の自信はないけれど、7対3くらいかな?? 笑

自然にそれが、吊り合って、5対5くらいになれるように ・・・。
本当に、強く、それを願います。

どうも、ありがとうっっ!!!
スコットランド、恋しいスコットランドに、ほらほらほら、
遊びにいらっしゃいよ~~~~。待ってますよ。
逃げませんからっっ。 ふふふ 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 22:34
manabi さん

こんばんわっっ

お休み、あと今日一日で終わりなんです~~~~ 笑
昨日なんか昼寝もしたし、ゆっくりした休日、過ごしました!!

あとは、犬と歩く、歩く だけの連休かな。 笑

・・・ なりたい自分で

うんうんうんうん、いたいですよね。
とっても、いたいです。

自然の感情に逆らうことなく、だけど、肩を張りすぎず、
なんだろう ・・・ やっぱり、あれですね、川の流れのように、
という風に生きたいです、尖らず、でも、曲がらず ・・・ 笑

女々しい女ですか!!

そ、そ、それは ・・・ 
どういう女々しさなんですか?
かなり、気になりますよ。

私なんか、自分自身が、女々しくて嫌な人間だ、って思うことが
多いから、Manabiさんが、女々しく生きたい、と言うのを
とても驚いて読みましたよっっ。 爆

いや、もう、笑い声どころか ・・・
驚きの声 ・・・ じゃないですか? 聞こえましたっっ??

がははははは Manabiさんったらっっ 
Commented by yayoitt at 2010-01-04 22:41
tui さん

あれ?
昨年中どころじゃないかな?
08年かな?? 笑

うんうん、そうだよね、長いこと友達してる感じ! がははっっ

いやいや ・・・。
そこまでの覚悟は、やっぱり正直、できてないし、
いつか日本に帰ってやる目標も変わってないんだけど ・・・。
やっぱり、ノーマンのことを考えても、スコットランドからは
しばらく出るつもりはないし、まだまだ数(もしかして十)年は、
この国で生きるんだろうなぁ ・・・ って。

骨を埋めるのは、1/8くらいの覚悟かな~~~ 笑

覚悟 ・・・ なんだか大事のように聞こえるけれど、そうだよね、
自然の時の流れに任せた時の、その時その時の選択を無理なく
していくという、覚悟 ・・・ って感じで行きましょうよっっ。

スーザンボイル、でっしょう?
ポールポッツと、同じテレビ番組出身の歌手ってことかな。

ワイルドホースズ、オリジナルのローリングストーンのを
大好きだったりすると、抵抗あるかも??
でも、私は、彼女の歌うこれが、かなり好きだなぁ~~。
Commented by yayoitt at 2010-01-04 22:41
続くね

生きる場所。
うんうん、帰れる場所 ・・・。
場所があるって、嬉しいよね、それがどんな場所でもね。

そこが、帰りたい場所である限り。
Commented by yayoitt at 2010-01-04 22:47
タカちゃん

うんうん、そうなんだよ、本当に、その通り。
ここでどれくらい暮らそうと、私は常に 外国人 アジア人 中国人
だけど、この顔と容姿が変わらないのであれば、それはもう、
受け入れるしかない、慣れるしかない ・・・。
突っ張って、頑固に日本人! として生きても苦しいだけかも ・・・。
そういう、なんていうか、諦めが生まれたのは良いことかも。

やっぱり、生まれ育ってきた日本を拭い去ることはできないし
その必要もないってわかってはいるけれど、なんだろう、
自然とその、紐を緩められたら良いなぁ ・・・ 
自分自身を守るためにも、って思うんだよね ・・・。

うんうん、第二の故郷 ・・・ 私も心から、そう思えるように願うよ。
大丈夫、きっとね、そうなれる気がする。

でも、いつかは日本に移住するぞっっ だけどね。 がはは

タカちゃん、本当にありがとうな。
タカちゃんが伝えてくれたいこと、とっても良く伝わってるよ。
感じてくれて、ありがとう、励みになるよ。

今年は、時にはバカになって、お気楽で生きたいっっ!!

一緒に、しような。 笑
Commented by るんるん at 2010-01-06 12:19 x
スコットランドの話しどこかで聞いた記憶があります
あらためて読んでなるほど・・・・

私は、自分の意志でなく色々な所をまわったり
色々な人達に会いながら
色々な事を考え悩んでいた
日本人である事、それは
自分が作られている大切な一部であることを知り
国や人種を越えた微笑み、温かさ、温もりに助けられた
小さい頃英国で人種差別と言う事を初めて経験し
歯を食いしばって泣いた日々
でもその後に必ず私の涙をそっと拭うごつい大きな手は
その国の手でありました
温かい手のお陰で滞在の残り1/3は笑顔で過す事ができました

どこに居てもやっこさんらしさや
やっこさんの動物にたいする愛情はかわらないでしょう
そこが地球と言う星のスコットランドの風景の中でも
きっと益々輝くことと思います

やはり英国人の手でありました
Commented by lovepixar at 2010-01-10 10:15 x
やっこさん、こんにちは。
今年は寒波が襲っているようですが、体調崩されたりしていないでしょうか?
海外での暮らし、いろいろ大変なこともあるでしょうが、スコットランドが第2の故郷になるといいですね。応援してまーす。
1つ質問なのですが、今回のブログにあったギャラリーの名前、もしお分かりになったら教えてもらえますか?
機会があったら訪ねてみたいと思います。
Commented by yayoitt at 2010-01-11 05:28
るんるんさん

お返事、遅くなってごめんなさいね。

スコットランドのこの話、聞いたことありましたか!

るんるんさんも、悩んでいたことがあったのですね。
そうなんですよね、日本でうまれて育って、それが根になり、
自分が作られている大切な一部 ・・・。

本当にその通りなんですよね。
人種差別は、いつまでも、きっとどの国であっても付いて回る。

・・・ 必ず私の涙をそっと拭うごつい大きな手はその国の手だった

とても嬉しい言葉であり、そして、事実だと感じられます。
るんるんさん、本当に、ありがとう。

そうですね、私が自分の気持を、考えを、持ち続けることが
どこにいても、自分自身の存在の意味なんですね。

るんるんさん、力強く優しい言葉 ・・・

今、それを聞けて本当に感謝しています。
Commented by yayoitt at 2010-01-11 05:33
lovepixar さん

こんにちわ!!

そうなんですよ、この寒さはあと数週間も続くと言われています。
けれど、今日から最高気温がプラス0を上回ったので、
雪は溶け始めていますよ。

もともと飛騨のマイナス10何度が普通の生活に慣れている
私なので、すごく寒がりだけど、体調は、結構、良いみたいです。



どうも、ありがとう!!

スコットランドが第2の故郷に ・・・

私もそれを、しかも自然にそうなることを待ちかね、祈っています。

おお、このギャラリー、ここ、我が家のすぐ近くなんです。
Edinburgh Printmaker と言います。
工房兼ギャラリーで、中には大きな工房があって、人々が
作品を作っている様子を2階のギャラリーから見下ろせるんですよ。

プリント = 版画 なんです。

是非、訪ねてみてください!!
そして、その時には私にもご連絡を ・・・ 笑
Commented by ETCeikaiwa at 2011-02-16 22:31 x
スコットランド訛りを調べていて、こちらに辿り着きました。スコットランドにはまだ行ったことが無いのですが、調べれば調べるほど、その魅力にとりつかれています。スコットランドに行かれる前に聞かれたという笑い話も素敵ですね。日本にも、それとは知らずに、実はたくさんの物をスコットランドからいただいていることに気づきました。もしかしたら、この「それとは知られないまま」にしておくスコットランド人の身の置き方に、心惹かれているのかもしれません。これからもスコットランドで、どうぞ素敵な人生をお送りください。
Commented by yayoitt at 2011-02-18 05:21
ETCeikaiwa さん

辿り着いてくださり、また、コメント、ありがとうございます。

スコットランドは、仰るとおり、とても魅力的な国です。
山と湖、そしてスコッとランド英語 …
歴史も、悲しく辛い時代を乗り越えて、今の寡黙で
しかし、優しい人々 …。

いつか是非、いらして下さいね!!

そうですね、スコットランドから発祥したものとか
歌とか、色々な物がきっと、日本で出会えるはずですね。

いつか …

是非!!

お待ちしておりますから!!
<< 予定帳に書き込む 地球時間 行った年 来た年 >>