サーカスの裏側で ・・・ 小ゾウのこと
サーカスのゾウ ・・・

前膝を折って座り、後ろ足だけで立ち上がり、ポーズする。
c0027188_24798.jpg

今回 警笛を鳴らした人物 は、このサーカス団の元ゾウのトレーナー。

Sam Haddock氏。

97年から05年まで、ここでゾウのブリーダーなどに関わってきた。

彼の妻が、その残酷なゾウの扱いのことを表に出すべきだと彼を説得。

今までに、人の目にさらされることのなかった 現実 が公開されることとなった。

Haddock氏は、その後、急な病気でこの世を去った。
c0027188_337761.jpg

アメリカはフロリダ州、ポルク市のサーカス団 ・・・

 Ringling Bros. サーカス

いまだ母乳を飲んでいる、生後18~24ヶ月の赤ちゃんゾウ。

彼らは、ロデオスタイルで捕獲され、四足にロープが巻かれ、
力のある大人ゾウと首と首を繫がれて、母親ゾウから無理矢理に離される。

この瞬間から、そのゾウの一生涯 ・・・ 

一瞬一秒、本能の全て、ゾウとしての自然な行動は抑制され、
トレーナーの気まぐれな訓練を受け続ける。

彼らは、その 精神剥奪 の為に、
小屋のコンクリートの上で、1日23時間はロープやチェーンで繫がれる。

彼らは、屋外で遊ぶことは一生許されず、
ゾウという生き物として自然で大切なことは、全て、奪われる。

ロープで境界の作られた場所で、
赤ちゃんゾウは数人の大人の男性によって押し塞がれる。

人間たちは、先の尖った引っ掻き棒や、電気ショックの刺し棒を使う。

地面に押し倒されて、とても乱暴に、押されたり引っ張られては、
そのサーカスの常規に合った姿勢を強いられる。

怯える赤ちゃんゾウたちは、声をあげて泣き叫ぶのだが、
このサーカス団では、大きな音楽を流して、その叫び声が聞こえないようにしている。

c0027188_244455.jpg

その様子は、今回、初めて公になった写真で見ることができます

(文章は、英文を私なりに訳させて頂きました)
by yayoitt | 2009-12-20 04:45 | 愛する動物のこと | Comments(15)
Commented by neige at 2009-12-21 05:38 x
やっこさーん!
イヤだイヤだ、ほんと止めて欲しい。
いつの頃からかサーカスの動物達が可哀想だ、、とずっと思っている。
野生の動物達が調教され、檻の中で生活をする。。。
フランスの俳優がサーカスのライオンやトラ達を野生に戻す活動を
しているのをTVで見てとても共感しました。
ほんとうに現実を公開するべきですね。。
例の活動 少しずつですがちゃんと前に進んでいますよ。
ここのところずっと多忙でそちらの活動は1月末辺りからまた
力が入れられると思います。
子象たちの事を思いながら力入れていきます!!
やっこさんは元気?元気ですよね〜*(断言)
雪=neigeネイジュ ですよ!
そちらはパリよりもっと寒いと思いますが体に気を付けて!
(メール・・・もらったっけ?)
Commented by sandy at 2009-12-21 09:15 x
これはひどい・・・。
叫び声が聞こえてくるようです。

元トレーナーの方がこうして、公開するということも
勇気がいったこととおもいます。
だけど、現実を見てきたからこそ、この象たちの悲痛な叫びが
心にきました。

どうして、もしこれが自分の子供だったら・・・とか
思わないんでしょうね・・・。

サーカスの見世物だから?
動物だから?
なんてこと考えているんでしょうね・・・。

象も、とても賢い動物で、それも、とても愛情あふれている。
そんな動物から学ぶことたくさんあるのにね・・・。
Commented by フランソワ at 2009-12-21 14:01 x
やっこさん、このことを教えてくださってありがとう…
こういうことを見るのや知るのは辛すぎるけど、知らずに過ごしてはいけないことだと思います…元トレーナーの方が事実を公開するのは本当に大変なことだったと思いますが、公開してくれてよかったって思いますね・・・
10年ぐらい前だったか、日本でも同じようなことがありましたよね。
有名なアドベンチャーワールドで象のピコが調教という名の下に酷い虐待を受けて死んでいったことを、元飼育員達が内部告発したニュースで、その映像を見たことがあって、あの子のボロボロになった悲惨な姿が今でも脳裏から離れません…調教という名の下に行われた「殺し」だと誰もが思ったあのニュースを思い出しました。
ここのCMを見る度にピコのことを思い出して、未だに怒りに震えます…
あぁ…これ以上書くと爆発してしまいそうなのでもう終わります…
ただただ悲しくて辛いです…
Commented at 2009-12-21 20:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2009-12-22 05:01
neige さんっっ

読んでくれて、ありがとうね。

サーカスの動物たちが、幸せそうに見えるのは、
あの、舞台の上だけなんだよね。
可愛い、とか、カッコいい と見えるのは、あそこだけ。
人間的な身勝手な感情で、そう見えるだけ ・・・。

野生としての、生を奪われ、一生涯を 人間のお金の素 として
暮らして死んで行く動物たちなんだよね。
クマ牧場のクマも同じだよね、色々な演技をさせられて ・・・。

フランスの俳優の話 ・・・。

あぁ、そういう活動をしている方がいるんだね。
とても時間がかかり、一筋縄では行かないだろう行動だよね。

うんうん、現実は、華やかな舞台の裏側もちゃんと見せるべきだよね。
見物客が、どうして? どうやって? と疑問を抱くべきだろうし。

あぁ ・・・。
活動、着々と進んでいるんだね。
そちらに、書き込みに行きますね。
お返事、とっても遅くなっていてごめんね。
もう少し、待っててもらって良いかな ・・・。
Commented by yayoitt at 2009-12-22 05:01
続くね

あと数日で4連休があるので、その時にはゆっくりお返事できます!!
私は、元気 ・・・ そうそう、雪も積もってるよ、うっすらだけど。
明日から、ぐっと気温が下がるらしいよ。

Neigeさん、ありがとうね!!! 
Commented by yayoitt at 2009-12-22 05:07
sandy さん

写真からも、赤ちゃんゾウの声が、聞こえてくるよね ・・・。
まだ母乳が必要な赤ちゃんゾウ ・・・。
そこから、一生 ・・・。

この、元トレーナーの方によって、こういう現実が明るみになるって
本当に素晴らしいことだと思うよね、うんうん、勇気がいるけど、
大切なこと ・・・ この行為がずっと続いて行かない為にも
警笛を鳴らしてくれたんだよね。

そうなんだよね。
人々の中に、必要なことは、想像力 ・・・。
もしも、自分だったら ・・・
もしも、自分の子供だったら ・・・

そういう想像力がないと、想像する癖がないと、何も感じれない。
お金としか、物としか、エンターテイメントとしか、思えない ・・・。

同じ地球に暮らす動物達を、人間が 都合の良いように使用 する
のではなくて、どうしてもっと、距離を置いて、共生できないんだろう。
相手の生を、尊重できないんだろうね ・・・。

Sandyさんの言うとおり、彼らから学ぶことは、溢れるほど ・・・。

本当にどうも、ありがとう。
Commented by yayoitt at 2009-12-22 05:14
フランソワ さん

読んでくれて、知ってくれて、ありがとうございます。

本当に辛いんですよね。
こういう現実を目にすることは ・・・。
だけど、それが現実だから、人間の手によるものだから、
やっぱり無視はできない、知らない振りはしてはいけないんですよね。

この、勇気ある元トレーナーのお陰で、それまで陰に隠れていた
事実が、長年に渡って行われてきた虐待(そう言い切ります)が、
こうして公になり、動物の生きる権利に基づいて、彼らが今、
考え直す方向に向かってくれればと ・・・ 願います。

日本でのその、ゾウのピコの話 ・・・。
知りませんでした。

悲しいけれど、そういう 人間の手による虐待 が、
ちゃんとニュースとなって、人々に、これはおかしいのじゃないか?
と疑問を抱かせ、それぞれの頭で、ちゃんと考える機会を
作られるのは、とても大事なことですよね。
Commented by yayoitt at 2009-12-22 05:14
続きます

こういう現実から抱かせられる怒りや憤り ・・・。
誰かに伝えること、話すこと、または、自分なりに行動することへの
力にしたいと ・・・ 折れそうになりながらも、願っています。

フランソワさん、本当に、感じて下さり、ありがとうございます。
Commented by yayoitt at 2009-12-22 05:17
鍵コメ at 2009-12-21 20:14 さんっっ

そうなんですよね ・・・。

人間の娯楽の為。
人間の都合の良いように作り変え、お金の為に操る ・・・。

同じ地球上で暮らす仲間なのに、どうして人間だけが、
こんな身勝手な生き物で、良いと思っているのでしょうね ・・・。

うわぁ~~~~~~。
鍵コメさん、とっても楽しみです!!!
本当に本当に、ありがとうございます!!

優しい目で自然と接する ・・・

あああ、何て素敵なんだろう。

しかも ・・・ 幽霊ですか!!

ふふふ

決してひとりでは、見ないで下さい ・・・ なんちって。

がはは

本当に、楽しみにしています、ありがとうございます。
嬉しい ・・・。
Commented at 2009-12-22 06:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by neige at 2009-12-22 08:19 x
またまたお邪魔です!タイのゾウ達も暴れて観光客にケガをさせない
よう薬を打たれてモウロウとさせられ斧のようなもので頭や体を叩かれ
ながら調教され、お母さんゾウと子象は足と首に鉄の輪っかをはめられ
鎖で繋がれています。そんなゾウ達を引き取って(買い取って)お世話をするパークもあるんですよね。ゾウ好きな私、そこで何かしたいです*同じタイにはトラを放し飼いにしてたお寺があり観光客が後を絶たないと聞いて調べてみたら鎖で繋がれているトラもいました。やっこさんと同感です。華やかな舞台の裏側もちゃんと見せるべきで見物客、観光客も、どうして? どうやって? と疑問を抱くべき。と思います。パリのデパートの前にベットに寝かされ布団をかけられた犬と猫がいます。その横でムッシューはオルゴールを奏で観光客は可愛い*と足を止めてはお金を入れて
いきます。毎日毎日長時間体勢も変えずあんなに大人しく寝るのは
不思議で仕方ありません。薬とか使ってませんように、と祈るばかり。
タイに行ってもインド、パリに行ってもその辺もっと人間はデリケートに
なって疑問を持ったり気づかなければならないですね・・。
↑ほんとツリースゴイ素敵です!!
Commented by yayoitt at 2009-12-23 03:00
鍵コメ at 2009-12-22 06:16 さんっっ

ふふふっっ

そうかぁ、鍵コメさんは、サーカスを見たことがあるんだ。
私は、本物のサーカスを見るという機会はなかったけれど、
今、こうして、ノーマンと出会ってからは、やっぱり2度とないだろう
って、鍵コメさんと同じ気持ちで思うよ。

動物が出てくると、それはもう、子供達には大人気なんだろうなぁ。
その気持ちは、ものすごくよくわかる。

その影に、どんな動物の一生が、動物の不自然で辛い一生が
あるんだろうって、やっぱり、子供でも、知ることは大事だよね。

ゾウは、本来、どういう生活をしているべきか。
ポニーは、本来、人間とどう暮らして行くべきか。
親が、教えることでもあるよね。

そこから、その子供が自分の頭で考える。

鍵コメさん ・・・。
いつも、辛い思いをしながら、知ってくれてありがとう。
本当に、感謝しています。 
Commented by yayoitt at 2009-12-23 03:08
neige さぁん

ありがとうね、ふふ

東南アジアや、インド、ゾウが神聖な生き物として祀られる
国でさえ、その行動は、人間本意なんだよね。

そういうゾウ達をレスキューする人々、そして、自然に帰そうと
莫大な時間をかけて働き続ける人々が、いるんだね。
人間が犯した結果を、同じ人間が、(ある意味)尻拭いを
しているんだよね、動物のことに関しては、どこの国も、人間が
いる限り、同じなんだろうなぁ ・・・。

あ、そのトラの寺の話、わたしも最近、聞きました。
やっぱり、観光客を誘う、そういう人間の手が掛かってるんだなぁ。

パリの男性、彼はホームレスなのかな?
こちらでも、犬と共に毛布をかぶって賑やかな店の前に一日中座る
ホームレスがいるけれど ・・・。
彼らは、そのご主人にとって、大事な相棒であって欲しい。
きっと、そうだと、思うのだけれど ・・・。 
Commented by yayoitt at 2009-12-23 03:09
続くね

うんうん、人間が1人1人の頭で、考えることって大事だよね。
疑問を持つこと ・・・ どうして? どうやって? と。

1人1人の想像力が、乏しくなっては、いけないね。

雪さん(日本語名ね ふっふっふ)、本当に、ありがとう。
どんなクリスマスを迎えるのかな?
私は、イブの夜まで、お仕事よん。
<< 1年も終わりに近付いた、頑張っ... 雪と足跡、だるまとビール >>