たった1パウンドの命
この、小さな小さな小鹿
c0027188_3555340.jpg

母鹿が車に撥ねられた後、帝王切開によって、小鹿が生まれた

ワイルドライフ病院でのことだった
c0027188_3562240.jpg

掌にすっぽりとはまる、小さな小鹿は、獣医師が母鹿を救えなかった後、生まれてきた
c0027188_3552467.jpg

高さ、たった18cm ・・・

体重は0.5kg ・・・
c0027188_3545539.jpg

彼は、バッキンガムシャーのワイルドライフ病院、集中治療センターの保育器にいる

まだ、ごく最近、目を開いたばかりである

生後5日
c0027188_3541617.jpg

病院のスタッフは、こう語る

 鹿は、とても(こういう状況での生存が)難しいんです
 けれど、この子には、強い精神があります
 彼は、とっても元気が良い男の子で、けっこう、押しの強い子なんですよ


(大切なお友達から、教えて頂きました ・・・ )
by yayoitt | 2009-12-05 03:37 | 愛する動物のこと | Comments(23)
Commented at 2009-12-06 08:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HollyNoahDaisy at 2009-12-06 16:01 x
この母鹿は、この世にこの仔を残して逝ってしまったのですね。どんなにか心残りだったことでしょう。でもこうやってちゃんと生きて生まれた命が繋がっていることがとても感動的ですね。彼女はこの仔の中で生きているんですね。

人間の手助けなしではとうてい生き延びられなかった命。どうか健やかに育って欲しいものです。

ちっちゃなくせにちゃんと一人前の鹿の身体と顔をしてるって、すごく不思議な気がしませんか?

こちらはLillyとBelizeの避妊が無事終わり、もう元気一杯走り回っています。来週末にはアダプションに出されます。それまでの一週間、家族みんなで(4本足の家族4匹も入れた)思いっきりかわいがりますね。初めはあんなに怒っていたOliverがいまやBelizeの耳の中を舐めてあげたりしてるんですよ!
Commented by ピータン at 2009-12-06 20:27 x
ちっちゃいけど、凛々しさも感じますね!このバンビちゃん。
Commented by chirorin_wan at 2009-12-06 20:59
おかあさん・・最期までこの子を守って逝ったんだろうなぁ~。。

自然の中でなら、車にはねられるなんて事はありえないのに。。

18cm・・思わずこの位?って計ってしまったけど、本当にちっちゃいよね・・

おかあさんのぬくもりは知らないままだけど、こうして助けようとしてくれてる人達の手の中で、すくす利く育って欲しいよ。

最後の画像見て、人の手のひらの中で・・安心してぐっすり寝ているのを見て・・ほっとした・・嬉しかった。

Commented by chocorachocora at 2009-12-06 21:54
せっかく助かった一つの命、幸せに力強く生きていきますように。

Commented by tui at 2009-12-06 22:31 x
tiny・・

小さすぎるシカにしては!!
すごい・・Wildlife Hospitalってのがあるのか・・そこで働きたい(笑)
マメジカっていううさぎくらいのヤツもいるけどきっと赤鹿だろうな!
きっと、人工保育ギリギリの成熟段階で帝王切開で誕生したんだろうな~・・生きてほしい、その強い精神で!本能で!


すごいよね、野生の動物たちの生きようとする姿勢・・本能・・
いや、ヒトでもペットでも、そういう生命力をもち合わせた命ってあるよね!!
Commented at 2009-12-06 22:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fiona at 2009-12-07 01:13 x
お母さん鹿、苦しかっただろうな・・・・。


でも、野生の生命に対して、ここまで
人間の手を加えてもいいのだろうか????
という疑問も、正直、沸いてくるよ。。。。

この生命を救うのは美しい、尊い行為だけれど、
この子鹿の、これからの生活が、人間なしでしか
成り立たないとすれば、それは、、、、どうなのかなぁ???

帝王切開で子鹿を取りだして飼育に成功!
みたいな、記録本位的な、知的欲求をみたすような、
そんなことではないように祈ってます。

そして、この子鹿が、今後、見せ物ではなく、
実験的な存在でもなく、鹿らしく
生きていくことができるよう、心から、願っています。


・・・・・・・・いっつも、うがったことばっか言ってて、ごめんね。。。
Commented by fiona at 2009-12-07 01:15 x
12日、どうやら、自由行動ができそうです。

こないだと同じ携帯、電源入れました。

宿にいる間は、できるだけ、スカイプも
オンラインにしておくように気をつけるね。

少しでも会えますように・・・・・・。
その笑顔に会えたら、うれしいなっ♪♪♪
Commented by yayoitt at 2009-12-07 03:20
鍵コメ at 2009-12-06 08:29 ちゃん

ありがとうだにゃんっっ。



はいっっ。
チケット取って、それから速攻で自分で これか って決めたよ。
んでもって、伝え歩いてる私 ・・・ がはははは

おおおおおっっ、嬉しい、嬉しい!!
ありがとうな。

そうなんだよね、どうしよう ・・・。
その辺りのことをちゃんと考えていない ダメ子ちゃん。
ちょっと、それぞれの方々と、相談してみるだわん。

また、追々、話そうなっっ。 
Commented by yayoitt at 2009-12-07 03:26
HollyNoahDaisy さん

本当に、いつも、ありがとうございます。
こういうのが、嬉しくて嬉しくて ・・・。

母鹿は、助からなかったみたいです。
そして、助からないと同時に、このおなかの中の命が
生まれたそうです ・・・ 尊いですよね。

本当に、感動的ですね。
ちゃんと、大きくなったら、野生に適応していけますように。
母の愛を受けて、このバンビちゃんは、確かに、生きて行きますね。

うんうんうん、不思議な気がします。
とても、精巧な 置物 のようですよね。
あまりにも、あまりにも、小さくて、でも、そのままで ・・・。

Lilly、Belize、頑張りましたね。
全てが無事に済んで、本当に良かったぁ ・・・。

あと1週間ですかぁ~。
色々なことが、この数日間にありましたね。
由喜さん、本当に本当に、ご苦労様でした、そして、ありがとう
ございます、大きな証を ・・・。

Oliver!!!

うわぁ~~~、こうなると、やっぱり別れが辛いですね。
Oliver ・・・ 愛おしいです!!! 
Commented by yayoitt at 2009-12-07 03:27
ピータン さん

本当にそうですね。
凛々しさ ・・・ この世に生まれてきた、その誇らしさ ・・・
そんなものを、こんな小さな命から感じたりもします。

ピータンさん、ありがとうございます。 
Commented by yayoitt at 2009-12-07 03:32
タカちゃん

うんうん、そうなんだろうね。
そして、思いがけずに交通事故に遭ってしまった ・・・。

人間社会の近い場所で生活をする野生動物は、いつも、
こういう危険と背中合わせなんだよね ・・・。

そうそう、そんなに、ちっちゃいんだよね。
信じられないよね。

その子が守られる、人間の手で守られる、どうか、
独りで森に帰られるまで、元気で守られて育ってくれますように。

こんな優しい掌も、あるんだよね。
それが、嬉しいよね、タカちゃん ・・・
ありがとうね、ほんと、ありがとう!! 
Commented by yayoitt at 2009-12-07 03:33
chocorachocora さん

本当にね、助かって、生き延びて欲しいよね。
そして、独りで森で暮らしていけるように ・・・。

Maama、本当にありがとうね。
きっと、これだけ多くの人々が応援してるから、大丈夫だっっ。
Commented by yayoitt at 2009-12-07 03:38
tui さん

本当に、小さいよね。
きっと、未熟児という状態なんだろうね。

そうそう、イギリスはバッキンガムシャーにあるんだよ。
色々な野生の動物が、運ばれてくるんだろうなぁ ・・・。

マメ鹿 ・・・ それは、野生の鹿なの?
へぇ~~~、そんな鹿がいるんだ!!! ちょっと検索っと。 ふふ

うんうん、きっと、生き延びると思う。
きっときっと、生きられると思う。
だって、病院のスタッフも言ってる、この子にはスピリッツが
あるんだって ・・・ 母親から守られてるんだろうね。

生命力を持ち合わせた命 ・・・ 
あぁ、そうなのかも知れないね、これって、その命そのものの
力というよりは、何か見えない力に、守られているのかも知れない。
そんな風に、考えたりしてしまうよ。

Tuiさん、ありがとうね。 
Commented by yayoitt at 2009-12-07 03:42
鍵コメ at 2009-12-06 22:58 さん

そうですね ・・・。
鍵コメさん、そうなのですよね ・・・。

その通りですよ、鍵コメさん!!
守られています、その 母の魂 に!!
だから、独りじゃありません。
ものすごい強い精神力、生命力を、与えられています。

だって、包み込まれているんですもの。
鍵コメさん!!!

こちらこそ、本当に本当に ・・・

ありがとうございます。 
Commented by yayoitt at 2009-12-07 03:50
fiona

人間社会と隣り合わせで生きる野生動物の、交通事故死は
本当に悔やまれるよね、切ない、悔しい。

うがったこと ・・・ 

がはは ううん、それって大事だよ。
自分の頭と心で感じることって、ものすごく大事だもん。
野生の命に対して、どこまで人間が手を出すか ・・・ それって
とっても難しいことだと思うよ。

病院のポリシーもあるかもしれないけれど、きっと、
人の手によって運ばれてきた以上、野生動物でも、その病院の
中では、最善を尽くして助けるんだろうと思うよ。

あ、これは、想像なんだけどね。

だから、この鹿も、誰かの手によって運ばれなかったら
道端で死んでた、おなかの赤ちゃんと共に。
Commented by yayoitt at 2009-12-07 03:50
続くね

野生動物病院だから、それ以降のことは、かなりしっかりしてる
と思うよ、人間が手を下した以上、いかに早くに野生に返すかとか。

そういう場所や、そういう知識のある人々が沢山いるから、
きっときっと、大丈夫だと思うよ。

それに、私個人の意見は、この親鹿は、人間のせいで死んだ、
つまり、その死に人間の手が加わっている(交通事故)、
だから、生の部分にも人間が関わっても良いのだろう ・・・ と。

・・・ 記録本位的で知的欲求を満たすだけ

これは、ないと(想像だけだけどね)信じるよ。
きっときっと、大丈夫だと思うよ。
本当に、ありがとうね。
この鹿のことを、真剣に感じてくれて。
Commented by yayoitt at 2009-12-07 03:51
Fiona

この、この、12日というのは、今月??
もしも良かったら、詳しい日程、教えてちょうだい!!
鍵コメか、メールで!! よろしくっっ。

会いたいぞおおおおおおおおおおおおっっ。
うらっっ。
Commented by fiona at 2009-12-07 09:19 x
あーーー、やっとネットに繋がった!!

(何しろ、チェックインの時、「予約、ありません」て
言われたくらいだから、ネットがすぐに繋がらないくらい、
普通なんだろうけどさ・・・・・。オンライン予約の
予約確認ページ、プリントアウトして持ってきてよかった!)

鍵コメでもメールでもなく・・・・・

そ。
今月だよ。

いまこの瞬間、同じS国の空気、吸ってるよ。
Commented by tui at 2009-12-07 12:35 x
マメジカ・・


マメシバみたいやね!
けど、野生だよ、ペットとして飼われてたり、売られてたりしてるのは聞いたことないかな。。
偶蹄目のマメジカ科・・特殊な反芻動物として分類されてる。
牛でもなく、シカでもなくって感じ。。どうもラクダに近いらしいけど。
アフリカに棲んでる!! 
足が極端に細いし、4つ足のハンプティー&ダンプティーみたいだ(笑


何か大きな力に守られてる・・・
あっ、そんな力・・俺も感じたことある!!
Commented by yayoitt at 2009-12-08 03:39
fiona

もう、いるんだね、いるんだね。
えっと、今週末の土曜日なのよねっっ。
ぼやっとしてたぁ~~~ ごめんっっ。 笑

マイケルが泊まりでダンデイーに行く日だから、
私は、エジンバラを離れられないんだよ~~~~~ん。

Fionaぁ~~~、エジンバラに来れるかなぁ ・・・。
どうだろう ・・・。
あと、携帯、只今、壊れて、新しいの使ってるんよ。
でも、電話番号は同じだよん。
週末のこと、教えてね。 
Commented by yayoitt at 2009-12-08 03:46
tui さん

そうなんだぁ、まめ鹿 ・・・ 野生なんだね、小さい鹿なんだね。
検索したら、色々出てきたよ、興味深い!!
熱帯雨林にいるんだね、ジャワマメジカだって。

東南アジアとアフリカにいるらしいって。
顔は、鹿とネズミの中間って感じ!!
身体は、なんだろう ・・・ 不思議な感じ、ネズミでもない ・・・。

Tuiさん ・・・ 大きな力に ・・・
そんな力を感じられるTuiさん、それって、すっごく幸せだよっっ。
今も、きっと、守られてるねっっ。 
<< 一足早く来た、にわとりサンタクロース 自然から生まれた手作りものたち >>