誰かを必要とする思いは ・・・ 種を越えて
今年5月 ・・・

アメリカ、カリフォルニア州、ロサンゼルス北西部で発生した大規模な山火事

沿岸地帯の高級住宅地、サンタバーバラにも燃え広がった

その火事では、動物たちも人間の手によって救出された

ペット動物もいれば、野生動物も

本来であれば、種類別に隔離するのであるが ・・・

この災害の最中、空いてるスペースに動物を置くのが精一杯

生後3週間ほどの仔猫は、ひどい脱水で、死と向かい合っていた

そこに ・・・

合うサイズのクレートがなくて、室内の床にっていた小鹿

小鹿は、生後3日ほど

仔猫は、小鹿を見つけると ・・・
c0027188_616297.jpg

すぐに、そこへ走って行って

瞬時に 仲良し に
c0027188_6172535.jpg

それから数時間ずっとずっと、彼らは一緒だった

(大切なお友達から、教えて頂きました ・・・)
by yayoitt | 2009-08-31 06:20 | 愛する動物のこと | Comments(17)
Commented by chocorachocora at 2009-09-01 16:17
知ってる知ってる~この写真!!!
ネットニュースか何かで見て「きゃわゆいぃぃぃぃぃぃぃ」って思っていました。
でも、上の写真は初めて見ました。
一生懸命引っ付いて良い写真ですね~。
何の先入観のない者同士は通じるんですね。
Commented by tui at 2009-09-01 21:05 x
かわいらしい奇蹟だね!

厳しすぎる自然の摂理と・・このほのぼのした空気と。
これも1つの自然な現象なんだろうな~。

動物はええなっ
Commented by ノラ・グレイス at 2009-09-01 21:10 x
やっこさん、
極限状態に置かれたとき、
小さなものほど寄り添い助け合って生きていくのでしょうか。
お互いのぬくもりを求めて、寄り添う。

写真を見ていると、
わたくし自身も「大丈夫、生きていける」と思います。
一緒に生きていく仲間を、
神さまが与えてくださっているんだもの。
Commented by 杏はは at 2009-09-01 22:15 x
幼くして頼るべく親を失ってしまった仔同士、心細かったでしょうね。
温もりを求め合って思わず寄り添ったんでしょうか。

やさしいね~ 涙がこぼれそうになりました。
危険な状態の猫ちゃんは大丈夫だったのでしょうか?

彼等が生き延びてくれることを信じています。

↓MaxHollyNoah さん 見つかっちゃいましたか~。
って、隠れていたわけでは有りませんが  笑。
元気にしています。
新しい仔いらしたんですね。
あちらでの記事楽しみにしています。

やっこさん コメント欄拝借 失礼しましたっ!!!

Commented by ピッピ at 2009-09-02 00:16 x
可愛い写真ですね!うちの家族になった子猫は元気いっぱいです。シュウベルトとやりあって良い勝負しています。7,8m下の川底にゴミ袋に入れられたまま、投げ捨てられて必死に這い出してきたんだと思います。とっても良い子です。
Commented by yayoitt at 2009-09-02 04:04
chocorachocora さん

うわぁ、知っていますか!!
ネットニュースで!!

今も、ロスアンジェルスはまた、山火事で酷いことになって
いますね ・・・ 人もだけど、やっぱり、動物たちが、心配です。

本当に、一生懸命に引っ付いて暖をとってるような、
きっと、その不安とか恐怖を紛らわせているんでしょうね。

お互いに、必要と、してるんでしょうね ・・・。

うんうん ・・・

何の先入観もない ・・・

それを思うと、人間は先入観ばかりなんですよね。
命と命、ただそれだけで、本当は、嬉しいこと、あったかいこと、
幸せなことなはずなのですよね。 
Commented by yayoitt at 2009-09-02 04:06
tui さん

うんうん、本当に、その通りですね。
かわいらしい奇蹟 ・・・。

そうでしょうね、野生の、そして、命が命を必要とする、
とても自然な現象 ・・・。

ふふ

良いですね、動物は。
本当に、良いですね。 

Tuiさん、メールのお返事、いたしますね。
Commented by yayoitt at 2009-09-02 04:08
ノラ・グレイス さん

そうなのかも、知れませんよね。
生まれて日が経ってない、小さな命ほど、ただただ素直に
誰かの命が、温かみが必要と、感じるのでしょうね。

とても見習いたい、自然の摂理ですよね。

うんうん。
大丈夫、生きていける!

確かに、ちゃんと、ちゃんと、与えられていることを
感じずにはいられないですよね。
人間は、高慢で傲慢で、ついつい忘れがちになるけれど ・・・。

大丈夫っっ
ちゃんと、生きていける!!

ふふ
Commented by yayoitt at 2009-09-02 04:13
杏はは さん

本当に、一番、親を必要とする時に、訳がわからずに
ただ引き離されてしまった ・・・ 心細かったでしょうね ・・・。

そう思います。
必要なものは ・・・ 誰か、命の温もりと ・・・。

感激しますよね。
感動ですよね。

ついつい、忘れてしまいがちな人間生活の中で、
動物はいつも、はっと、大切なことを気付かせてくれますね。

猫ちゃん ・・・ その後のことは、わからないのですが、
きっと、この愛情で、安心感で、免疫力も上がり、乗り越えたことを
祈らずにいられません。

私も ・・・ 信じます。

ふふふ

ここで、また、集まれましたねっっ。
あの日の、あの午後とか夜とかが ・・・ 懐かしい! 
Commented by yayoitt at 2009-09-02 04:16
ピッピ さん

本当に、心が動かされますよね ・・・。

おおお~、仔猫ちゃんっっ。
ゴミ袋に入れられ、河に投げ捨てられ ・・・
人間は、自分に不都合であれば、こんな行動にも
出られるのですね ・・・ なんて、悲しい。

だけど、救われた猫ちゃん ・・・。
心優しい人々に、守られて、ピッピさんに愛されて ・・・。
本当に、幸せですね、嬉しいです。

シュウベルトも、4本足の家族が増えて、嬉しいでしょうね。

いつの日か、人間の手による、動物への虐待がなくなる日が
来ますように ・・・ 諦めたくは、ありません。
Commented by neige at 2009-09-02 05:41 x
やっこさん、お久しぶりです。
なんと可愛い子鹿と子猫*(子猫がデカく見える...)
動物の本能は計り知れない....
この子鹿ちゃんと子猫ちゃん
ずっと一緒に暮らせたらよかったな〜。
しっかし ほんとに可愛い!!

↓やっこさん、シンクロしてます、私も苦手なスウィーツに挑戦しました。
苦手なのに恐れ多くも 友達のお誕生日ケーキ用だったので
一度予行演習して作りましたよ!
ケーキは成功し、彼はかなーーり驚いてました...苦笑
Commented by neige at 2009-09-02 08:01 x
やっこさん これ みて下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=Rooyt3ptNco
Commented by 胸がいっぱい at 2009-09-02 20:49 x
また泣いちゃった。いいお話をいつもありがとうございます。
Commented by ぴあのママ at 2009-09-02 20:52 x
胸がいっぱいって題のつもりで・・・・名前になってしまいました
Commented by yayoitt at 2009-09-03 04:21
neige さんっっ

おおおおっっ
お元気ですか!
って、ちょっとだけ、私もご無沙汰してたよ。
こっちはさ、すっかり、秋よ、秋 ・・・。
フランスはどうだろう??

うんうん、仔猫が大きく見えちゃうね。 ふふ

本当にそう思う、やっぱり、野生の自然の本能なんて、
とうてい、人間が測り知ることのできないものなんだろうね ・・・。

ここで、一生の中で、もしかすると一番、誰かを必要とした時間に
出逢ったお互いのことは、忘れないだろうね ・・・。

ええっっ、Neigeさん、お菓子つくり、苦手なの?
すっごく好きそうに(ぶふふ)見えるのに ・・・ ふふ

どんなケーキを、作ったん??
むっちゃ、興味、ありあり!

良かったら ・・・ 教えて。

いひ 
Commented by yayoitt at 2009-09-03 04:23
続きます

本当に ・・・

なんて、素晴らしい世界だろうっっ。

もう、言葉とか、いらんね、ないね。
これは何ひとつ、きっと不思議なことではなく ・・・。

人間も、見習えたら、良いのにね。
でも、いろんな、要らない知恵ばかりついて、きっと
元々持っていた大切な 心 は、どこかに置き去りにしてきて
しまってるんだろうなぁ ・・・。

素晴らしいね。

ありがとうね。 
Commented by yayoitt at 2009-09-03 04:25
胸がいっぱいの、ぴあのママさんっっ

ふふふ

ありがうございます。

本当に ・・・

ただただ、感動しますよね。
私達が忘れ去った何かをきっと、少しづつ、思い出させて
くれるからなのかも ・・・ 知れませんね。

人間が、その発達、進化の途中で、置き忘れた、何かを。
何ものよりも大切な、何かを ・・・。

感じてくれて ・・・

ありがとう、嬉しい。
<< ほうほう、ほふはへ (訳 とう... こんな俺でも ジンジャーブレッ... >>