SPRING IS IN THE AIR
SPRING IS IN THE AIR

直訳 : 春は空気の中にある   

意味 : 春はもうそこまで来てる

最近、ちょっとだけあったかくなった。気流は荒れて強い風と雨が多いのだけれど、確実に気温は上がっている。体感気温は、風が吹くので数度下がってしまうから残念だ。日照時間もかなり長くなり、朝早起きする時間でももう明るい。また、夕方ももう真っ暗な中、ノーマンの散歩をしなくていい。1月の半ばの異常な好天気で満開になった桜は散ってしまったが、今は、黄色い水仙が咲き並んでいる。もう少しすると、庭々の、頑ななバラがその蕾を開くだろう。その春の向こうには、暑い夏はない。スコットランドでは、この温かめの春が、だらだらと次の冬まで続く、そんな感じだ。それを考えるととても寂しいが、それでもやっぱり春の到来を空気の中に嗅ぐと嬉しい。生命が生きていることを誇張する季節。

やっぱり、春って、何となく幸せな気持ちにさせてくれる。
by yayoitt | 2005-03-18 22:39 | スコットランドって... | Comments(7)
Commented by きび at 2005-03-19 22:24 x
不思議だぁ。(゜_゜)日本の関東より寒いだと思っていたけど、桜はもう散っちゃったの?びつくりです。
Commented by やっこ at 2005-03-19 23:45 x
そうなんだよ、1月にグッとあったかい日が続いて、咲いちゃったの。
今日なんか、本当にあったかかったけど、それでも14度くらい。でも、こっちの人はタンクトップとかになってるよ、そりゃぁちょっと早いってぇ!
Commented by きび at 2005-03-20 09:30 x
やっこちゃん、おっは~~。
14度でTシャツ。うんうん。外人てさ、体感温度が違うんじゃないかと思うんだけど、、、、。冬のオーストラリアに行った時も、おじさんが短パン、Tシャツでいたの見たし、英会話のジョン先生もいつものバーでTシャツでいるし。ところで、体感温度って英語でなんていうのでそか?
Commented by やっこ at 2005-03-20 18:04 x
調べると Sensible temperature だった。でも、日常では、ただfeeling cold とか、体感温度が違うだったら、different temperature とかしか言わないけど。本当に、西洋人一般??なんであんなに寒さに強い?か暑さに弱い?のだろう??
私の考えとしては…多分、皮膚の汗の穴の数が、少ないんだと思う。トリビアで本当のこと知りたいなぁ。
Commented by きび at 2005-03-20 19:38 x
ありがとう~~。体温が高いからでしょうかねぇ@西洋人。マイダーリンも体温が高いです。そんで、薄着でもだいじょうぶみたいです。
体感温度が違うんだよねって言いたかったけど、言葉がわかんないから言えなかったっす(~_~;)
Commented by やっこ at 2005-03-21 06:58 x
その体温で、きびちゃんの体温を同じにしてもらってるんでしょぉ?うしししし。鼻血ぶっ!
Commented by きび at 2005-03-21 12:18 x
いやぁ~~~~!!はずかしくて言えなかったけど、暑すぎるのよぉ~~。
違う意味でというか、両方で鼻血がマーライオン状態ですわ。
<< やっこの使える英語 木曜日はパラダイス >>