踊る熊(Dancing Bear)を完全なる歴史に ・・・
世界中で、人間の欲の為に残酷に生かされ、殺される野生動物たち。

その陰では、いつも戦う人々がいる。

WSPA では、

長年に渡り、インドの熊を救おうと働き続けている。
c0027188_4573849.jpg

時間はかかっても、現地の人々を教育し、生きる為の技術を習得させている。

幼い小熊が捉えられる。

守ろうとする母熊は、殺される。
c0027188_458556.jpg

小熊は、それからの一生を 踊る熊 となる為に人間の下で生かされる。

とても、残酷な状況で ・・・ 方法で。

母熊から、森から離された小熊の一生は ・・・

 口唇や上顎、鼻に幾つも穴を開けられて、チェーンやロープをそこに通され

 この手術をされる時にはもちろん、麻酔などはなく

 彼らの歯は全て抜かれるか削られるかして、

 術者が噛まれたりするのを防ぐ

 もちろん、麻酔などはされず

 この、顔に開いた穴は、常に化膿している為に痛みがひどく

 術者はそれを利用して操る

 熊は、炎症を起こしている穴が引っ張られる痛みを

 少しでも軽くする為、術者に合わせて立ち上がり

 顔を横に振ったり、いわゆる 踊る しかない

 熊たちの栄養状態は非常に悪く

 白内障を起こして盲目になるものが多く

 この非自然的で苦痛の生活を強いられる熊たちからは

 高度なストレスによる、狂乱症状などが見られ

 この苦しみが ・・・

 24時間

 ただただ毎日

 一生 ・・・

 続く

c0027188_4584715.jpg

WSPA のようなチャリティー団体では、人々からの寄付金により

結果的に、この傷穴に通されたロープを切り離すことができる。
c0027188_505147.jpg

by yayoitt | 2009-04-27 04:37 | 愛する動物のこと | Comments(16)
Commented at 2009-04-28 05:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chocorachocora at 2009-04-28 12:35
こんな状態の熊の踊りのようなものを見せられて、楽しむ人っているのだろうか・・・
そういう残酷なものに興味を持ってお金を出す人がいるからこういう商売が成り立っていのでしょうね。

人間以外の動物の痛みに鈍感になりたくない。
人間だけが特別なものではないのだから。
Commented by ノラ at 2009-04-28 14:58 x
ほんとに残酷ですね、、。
こうしてやっこさんのブログで、
知らなかった世界を知ることが出来て、ありがとうございます。

その地域に住んでいる人は、
慣れちゃって残酷だと思わないのかもしれませんね。

日本の猿回しのように、、、。

ただ、笑って見ているのかもしれませんね。
Commented by ジョイママ at 2009-04-28 15:44 x
目をそむけたくなるけどそむけてはいけない現実なんだよね。
人間は地球の癌だと思う気持ちが、知るたびに強く申し訳ない気持ちになる。
イルカ、何故だかとても好きなんだけど大人になって知るにつれ水族館に行くのは辛過ぎて行けなくなった。子供の頃は目を輝かせて手を叩いて喜んだんけど、知るに連れて憤りと無力さに打ちひしがれる。
何千キロ何万キロを自由に泳ぎまわるイルカをあんなに小さなとこに閉じ込めて・・・・イルカも知能が高いから気が触れてしますそうだ。イルカに限らないよね。この熊達も猿も人間の享楽のために使われる動物達は、皆
気が狂ってしまうよね。芸をする動物を見て可愛い~って喜ぶのは闘牛(←大嫌い)で興奮するのと根は同じなんだよね。
あー、だめだ、人間でいることが罪悪だ・・・・・
Commented by green leaf at 2009-04-28 19:58 x
やっこさん。ありがとう。
コメントに困って、なんて書いたらいいかまだ頭の中で整理できません。何が悪いとか、誰が悪いとか、、、、それだけじゃない。
動物園に行って、大きな体の彼らの姿を見た時、正直言って感動しました。動物がどんな思いでいるかなど考えもしませんでした。それも悪い事、、、、だったなんて。「優しい目をしているね」とか話している親子はいったい何を見ているの?でもみんな悪気があってそこへ行ってないよね。何かがおかしい。
一人でも多くの人が、真実を、動物たちの現状をもっと知るべき。私は教えてもらえて、よかったよ。
Commented by coco at 2009-04-29 00:39 x
以前の私は自分自身が傷つきたくないのでこれらの記事はスルーしていました。
というより目を背けていました。
今回の記事も目と耳を覆いたくなりました。

毎年、亡き愛しいメグの為に僅かな金額ですが寄付をしています。
これからWSPAに寄付しようと思っています。
私に出来る小さな事からしていこうと思いました。
やっこさんのブログだから読ませていただきました。
有り難う。感謝です。
Commented by yayoitt at 2009-04-29 05:05
鍵コメ at 2009-04-28 05:28 さんっっ

気が遠くなるほどの苦しみだよね、それが一生って ・・・。
かなり、この働きによって、その熊の数は減ってるんだけど、
まだまだゼロにはなっていないんだよね ・・・。

そうだよ、何様?
ほんと、何様? なんだよ、人間 ・・・。

救ってあげたい。

WSPAは寄付金で成り立ってるチャリティー団体なので、
インドへ行って、熊使いたちに、他の仕事や術を教える人の
派遣のお金などに回されるから、将来的に、この踊る熊使いを
撲滅することができるんです。

だから、私達にできることは、伝えること、寄付すること ・・・。
 
Commented by yayoitt at 2009-04-29 05:05
続くねっっ


うんうん、ありがとう、鍵コメさん。

とっても良くわかる、その気持ち、私も、ここ5年間でちょっぴり
強くなったみたい ・・・ 今でも、↑ この写真見たら、見る度に
泣くけど、拳を握って漠然と人間を罵倒するけど、でも、5年前
よりは、強くなった、断然、強くなったって思う ・・・。

それは、チャリティー団体を支援して、それからちゃんと良い結果が
得られてるから、動物が、救われてるから ・・・。

だから、望みが持ててるんだと思う。

ううん、こんなアホのやっこだけど、頼って下さい!
こういうことに関することなら ・・・ 頼ってもらうと、自分が
しっかりしなくちゃって思うから、泣かなくて済む!! ふふふふ

もうっっ、鍵コメさん、嬉しいじゃんっっ。
このっっ このっっ この~っっ。

ううう(泣き中) がはは(笑い中) ありがとうっっ!!
Commented by yayoitt at 2009-04-29 05:12
chocorachocora さん

熊は、その力強さから、人々から恐怖の対象になるけど、
そういう熊を操るという、人間のパワーを見せ付ける、それに
興味を持って見たいと思う、楽しいと思う、そういう人は多いみたい。

インド国内の人だけではなく、観光客もいるみたいです。

そういう観光客によって、こうして動物愛護団体に通報されて
これが公に問題視され始めたのでもあるけれど ・・・。

そう ・・・。

本当に、そのとおりだよね。
人間だけが特別なものではない ・・・。

日本の熊牧場の熊も、とても状況的には悲惨な状態です。
WSPAは、日本の熊牧場のことも、訴えてるんです。
熊は、テリトリーが大きい動物なのに、狭い場所で何十頭も
一緒に暮していたり ・・・ 山で目撃されただけで、熊牧場に
連れてこられて、一生をそこで過ごすことになったり ・・・
それが母熊だと、森には小熊がいるわけで、小熊は死んでしまう。

熊牧場の熊にも、頭を振り続けたりする、精神的ストレスの強い
症状が、現れてるんです ・・・。
 
Commented by yayoitt at 2009-04-29 05:12
続きます


Maama、本当に人間だけが、特別になりたくないね。
どうか、変わりますように、この世界!!   ありがとう!!
Commented by yayoitt at 2009-04-29 05:18
ノラさん

世界中で、熊は、人間の下で苦しい境遇に置かれる
動物のひとつです ・・・。

日本の熊牧場とか、中国の漢方薬の為に内臓から生きたまま
ず~っと胆汁を抜かれる熊たちとか ・・・

知ってくださって、本当に本当に、ありがとうございます。
知るって、すごく苦しいんですよね、夢に見たり、どうしようも
出来ない自分が嫌になったり、地団駄踏んだり ・・・。

でも、知っている、と 知らない はものすごく大きく違うと
思います、本当に、知ってくださって、ありがとうございます!!

うんうん、日本も色々、動物への対応は、酷いことがありますね。
熊牧場の熊(野生でいたのに、人里に下りたのを見つかっただけで
捉えられ、そしてそれから一生を熊牧場で暮す ・・・)とか、
クジラ漁とか、イルカ漁とか ・・・。

個人個人の頭で考えられれば、これは良い、これは良くない、
とちゃんと考えられるはずですよね。
慣れてしまわずに、普通にならずに、皆が見てるから大丈夫、じゃなく ・・・。

ノラさん、ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2009-04-29 05:24
ジョイママ

そう!
これこそが、現実、なんだよね。

でも、知るって、とても辛いね、苦しいね、断腸の思いをするね。

ジョイママ、私は、ジョイママの気持ちがものすごく良くわかる。
拳を握っちゃうでしょう?悪を憎まず罪を憎む ・・・ そんなこと、
言ってられなくなるでしょう? 私は、憎しみが大きくてダメだ、
って時々、落ち込むよ ・・・。

あぁ、話がずれちゃった、ごめん。

イルカ ・・・

あんなに人気があるのに、同じ日本で、イルカ漁が続き、
イルカを食べている ・・・

犬猫も同じだよね、キティーちゃんとかスヌーピーとか、
犬猫の可愛いキャラクターも多いし、犬猫は可愛い!と愛されてるのに
無数に、日本人に捨てられた犬猫が、窒息死で処分される。

人間って、綺麗な部分は見せたいけど、醜い部分は隠したい、
だけど、醜い部分が現実ならば、それを知るべきだよね ・・・。

ジョイママ、本当に本当に、ありがとうね。
わかるんだ、とっても、その気持ちが ・・・。 
Commented by yayoitt at 2009-04-29 05:25
続くね

どうして良いか、わからない。
自分にできること、それを続けるしか ・・・。
だけど、憎しみは、消えはしない、どんどん大きくなるんだよね。
Commented by yayoitt at 2009-04-29 05:34
green leaf さん

こちらこそ、本当に、ありがとうございます。

辛いのに、どうして良いかわからない ・・・
でもでも、ちゃんと目を向けてくださって、真正面から
この現実を、知ってくださって、本当に、ありがとうございます!

人間でいること ・・・。

人間がしていること ・・・。

同じ人間でいること ・・・。

同じ人間に苦しみを受け、殺される動物がいること ・・・。

その動物を、愛しているということ ・・・。

私もうまく、言葉では言えない感情が沢山あります。

動物園に関しては、正直、私は自分の意見が1つにまとまって
いないんです、人間と動物にとっても、人間が動物園で動物と
触れ合う経験を持つ、ということはとても貴重なのでは、と思う一方、
でもやっぱり、人間が、娯楽の為に、動物を捕らえて使っては
いけない ・・・ とも。

Commented by yayoitt at 2009-04-29 05:34
続きます

昔、日本の熊牧場に行った時、真っ暗の小さなおりに入った熊が
いて、その熊が、ずっと頭を左右に振り続けてたんです。
何してるんだ?って笑って見てた、私 ・・・。
それが、熊の精神の酷いストレス状態を現すもの、
と知ったのは5年前 ・・・ でした。

本当に、知ってくださって、ありがとうございます!!

動物の犠牲の上に生きる以上、やっぱり、知る というのは
最低限の義務なのかも知れない、と、思っています。
Commented by yayoitt at 2009-04-29 05:41
coco さん

すごく感動しました。
感動、なんて言い方でごめんなさい。

でも、心が揺り動かされました。

嬉しいです、ありがとうございます ・・・。

自分自身が傷つきたくない ・・・

痛いほど、その気持ちはわかります。
私も、山ほど届く動物虐待などの情報を、時にはどんなに
知らない振りで見落としてきていることか ・・・。

真正面から、受け入れて、感じて下さり、ありがとうございます。

あぁ ・・・

メグちゃん基金、そんな感じですね。
メグが、喜びますね、メグもきっと、cocoさんを見守ってますね。

WSPAは、全世界の大きなチャリティー団体で、本当に様々な
動物の保護に努めています。

彼らの、長い目で未来を見る(時間はかかっても撲滅できるように
仕向けていく、活動の仕方が、とても好きです ・・・)ことができる
とても信頼できるチャリティー団体の1つです。

私の方こそ、心の底から、感謝しています。
<< 山歩き ・・・ 世界共通の約束ごと ノーマンと日本の夏  >>