STACPOLLY レストラン
誕生日の昨日、夜には、マイケルと2人で“スタックポリー”というレストランへ出掛けた。このレストランの名前、スタックポリー STACPOLLY は、ハイランドにある山の名前である。以前、2人で旅行した時に登ったことがあるが、周りに余り高い山がないところに、ただ唯一どっしりと興味深い形をして立ち上がっているから、忘れられない山である。最初、私は、2人でよく行く、ハウィーズ HOWIES というエージンバラに数件店を構えるスコットランド料理のレストランに行きたかった。でも、数件ある全てのレストランが満席!どうやら、日曜日のラグビーは6ネーションで、スコットランド対ウェ-ルズがある為、町中ウェールズ人で溢れていたから、レストランもその影響があるのではないか、と思われた。そこで、マイケルがよく人から聞いたり、実際に前を通ってメニューを見たりして、いいな、と思ったレストランが、このスタックポリーな訳なのだが、マイケルは付け足して“ちょっと高いけど、特別な日だから!”と言ってくれた。例えば、2人がハウィーズ HOWIESを好きな理由は、決して安くはないけど美味しくって量もあって高級すぎずに満足する、ことである。初めて行く、そのレストラン、マイケル曰く“ハウィーズ HOWIESよりはちょっと高級だろう”とのこと。スカートにブーツ、バングルもはめて、髪を巻いてお洒落した。8時に予約したそのレストランは、お城のすぐ麓、街の中心から歩いて5分くらいの所にある。外からは、ライトアップされたお城がぼんやり浮かぶのが見上げられる。

(写真は、そのレストランの前からお城をバックに撮ったもの)

中は、とても落ち着いて静かな雰囲気で、でも、まだ8時なのに、席はほぼ埋まっていた。ウェィティングスタッフが笑顔で迎えてくれて、二人を奥の席に案内してくれる。やったぁ!ヒーターの真横だ!ラッキー!壁側の椅子をマイケルが譲ってくれた。いつも、レストランに行くと、どこにどっちが座るかで、ちょっともめる。壁側の席は、周りのお客や店の中が見渡せるが、その向かいの壁に向かった席は、相手の顔ばかり見なければならない。お付き合いし始めた頃は、必ずその壁側の席の方をかれは譲ってくれたものだが、結婚7年目の今では、どっちがどっちに座るかで、ちょっとした沈黙のバトルを毎回繰り広げるといった具合だ。

でも、もちろん、今日の主役は、わたくし!

私が、壁側に座り、周りを見渡せることとなった。“ラッキーなのは、マイケル!だって、ずっと私の顔を眺められるんですもの!”2人が座ったテーブルには、ナプキンが筒のように高くとんがって置いてあり、真ん中にはキャンドル、そして、アザミの大きな花が一輪、飾られていた(アザミは、スコットランドの国花)。まず2人、渡されたメニューを見て、目を丸くした。い、やや!これは本当に、お高い!スターターが5種類ほど、メインも5種類ほど、デザートは3種類くらい。スターターは、約£7(1400円)くらいで、メインは約£15(3000円)、デザートも£7くらいだ。
と、いうことは、もし、2人で3コースずつ食べたとしたら、1人£30(6千円)になる。それにグラスワインや、チップ(サーヴィス料金)を入れるから、こりゃぁ、本当に私達にとっては高級だわ!マイケルとニコニコ笑い合いながら、“まぁ、時にはいいじゃん、こんなのも”と話す。マイケルはそんなにお腹が空いていないから、2コースで、メインとデザートにすると言ったので、私もそうすることにした。ヴェジタリアンのメインは、ウェィティングスタッフに尋ねなければならなかったので、聞いてみるとアスパラガスとマッシュルーム、ゴーツ(山羊)チーズのタルトにペストと(ロケット)ビッコラを載せた物、という返事、旨そうだぁ!マイケルは、子羊(ラム)のお肉を選んだ。普通、こういうレストランでは、メインのお皿の他に、茹でた野菜(人参、カリフラワー、ポテト)が別に添えられるのが通常である。以前、働いていたホテルのレストランでもそうだったし、ポイントホテルでの食事もそうだし、ハウィーズでもいつもそうだ。もしも、メインの量が少なくっても、その野菜があれば、苦にはならない。私達の周りは、ポッシュ(お金持ち系)なおじさんがポッシュなスコットランドアクセントで話していたりする。綺麗な男性二人のテーブルは、私の目の前にあって、彼らのところにメインコースが来るのを見て、ちょっと嫌な予感がした私。

顔を近づけ、マイケルに呟いた。

“やべぇ…。すっごい量が少ないかも…。しかも、茹で野菜もないかも”

それに対してマイケル“こりゃぁ、デザートにかけるしかないな”

    続く
c0027188_5223236.jpg

by yayoitt | 2005-03-13 05:20 | スコットランドって... | Comments(0)
<< STACPOLLY レストラン... だははは 誕生日 >>