羽根布団、枕 ダウンジャケットの羽根は
私達の安眠を、温かみを提供してくれるもの。

羽根布団や枕、そしてジャケットに使われる ダウン

ガチョウの羽根 は、どのようにして、そこに来るのだろう ・・・。

どういう風にして、私達の夜を守り、外気温から温めてくれるのだろう ・・・。
c0027188_5352431.jpg

ヨーロッパだけで年間、何百万羽ものガチョウが、ダウンを取る為に使われている。

中国のダウン産業(世界一のダウン産業国)で使われる鳥の数は、もっと多い。

そのダウンは日本や欧米諸国に、布団や枕、ジャケットの内部として輸出される。

 自然死したガチョウから、取られるのだろうか?

 麻酔をして、痛みのない状況で、取られるのだろうか?


スエーデンのTVドキュメンタリーが、最も新しい情報の追跡に成功した。

言葉はわかりませんが、TV放映の映像を見られます

羽毛業者は、羽毛を取る目的で、ガチョウやアヒル、鴨たちを育てる。

生後10週目から約4年間 ・・・ 

屠殺場行きになるまで、6週間おきに羽毛をむしり取る を繰り返す。

生きたまま、丸裸に ・・・

首や背中の、ダウンがあまり無い部分までもむしり取るので、文字通りの丸裸に。

ダウン の生え変わりのサイクルを待って、繰り返し行なわれる。

毛根からは、出血が見られ、痛みと恐怖で、一時的に麻痺状態となる鳥も多い。

恐怖や痛みによるストレスのレベルを示す血糖値は、正常の2倍にまで上昇する。


WSPAでは、この最新レポートを受けて、人々に呼びかけている。

商品になったダウンは、それが果たして、どういう状況から来た物か判別できない。

消費者として出来ることは ・・・ ダウン(羽毛)商品を買わないことだけだと。

                     ☆ 私なりに訳させて頂きました ☆
by yayoitt | 2009-02-11 04:47 | 愛する動物のこと | Comments(14)
Commented by もか王 at 2009-02-12 07:25 x
おはようございます。
知らなかったぁ~~。生きてたママ抜いては生やして抜いては生やしているなんて・・。
今かけている羽根布団や枕やダウンコートは、みんなこのような水どりの辛い痛い犠牲のもので作られていたんですね。
人間の欲望って怖いですね。
昔のように綿布団(重い、ぺっちゃん庫)の布団やそばがらの枕がいいのかもしれないと思いました。
捨てるのができない私も罪人ですね。
この羽根の搾取方法を変えられないのかしら?と思ってみたり。
Commented at 2009-02-12 10:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆた。 at 2009-02-12 14:35 x
わたしは、右肩が不自由になってから、
それまであまりこだわりになかったのですが、
軽い掛布団が必要になっていて、
ダウンの恩恵にあずかり、夜、不眠もなく安らかに過ごしています。
もともと、物を大切にしようと生きているつもりだけど、
やっこちゃんのこの記事を読んで、ますます、
今使ってるダウンの掛布団はちゃんと手入れして長持ちさせようとか、
防寒にために冬場の必需品になっているジャケットやコート大切に着ようと思いました。
やっこちゃん、ありがとう。
Commented by あん at 2009-02-12 17:04 x
10年とか15年前と比べてダウンの値段が格段に安くなっていると思ったら、こういうことだったのね・・・
生きたまま毛をむしられ、4年間・・・
なんて残酷なんでしょう。
貧乏が幸いして(?)布団は綿だけど、コートが1枚だけダウンです。
あったかいです。
大切に、大切に着ます。
そして、もうダウン製品は買わないように・・・
やっこさん、気がつかせてくれてありがとう。
Commented by coco at 2009-02-12 22:31 x
大昔、イギリスで下宿先のおばあちゃんが羽毛布団は3世代も持つと教えてもらいびっくりしました。
100年でも持つとの事。
夏の夜、とても寒くて眠れなかった時におばあちゃんが持ってきてくれた羽毛布団は天国に居るように眠れました。
それまで私はセーターを着て眠っていました。
それでも夜、震えていました。
日中は比較的暖かなんですが、夜になると物凄く冷え込みました。

結婚してからすぐに羽毛布団を購入。
やっこさんのこのブログを読み、一生、大切にしようと思いました。
恐らくこれからは羽毛商品は買わないと思います。
しかし、もう、十二分に羽毛商品を持ってしまっています。

Commented by yayoitt at 2009-02-13 03:13
もか王さん

おはようございまぁすっっ!!

思いもしない、事実なんですよね ・・・。
こういうことって、あえて調べないと、ずっと知らないまま
なのですよね ・・・、だから、知ることができた私達は幸せです。

人間の欲望 ・・・ ことに、大量生産の産業側が、
より低コストで、行なう人道的でないやり方には、顔をしかめます。

今、お持ちの物は、より末長く、大切に大切に、使われれば
良いのだと思います ・・・ こういう事実を知ると、そのあったかみも
きっと、ひときわ感じ、感謝してずっと使えるって大切だと ・・・。

・・・ 羽根の搾取方法

大量生産という、この枠組みの中では、なかなか変えられない
のかも、知れませんよね ・・・。

モカ王さん、ありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2009-02-13 03:18
鍵コメ at 2009-02-12 10:14 さん

いつも、感じてくれて、ありがとう!
本当に、痛みが伝わってくるよね ・・・。

こういう映像 ・・・

うんうん、きっと、ここに集う殆どの人が、同じだと思う。
その仔 ・・・ その抵抗できない小さな命 ・・・。

もう、2度と買わない ・・・。

それが、とても大切で、そして、唯一、私たちから彼らを
直接、救う方法なんだよね ・・・。
消費者に、ならないということ ・・・。

今ある物は、末永く使う ・・・

そして、もう、2度と買わない。
簡単じゃないけど ・・・ 鍵コメさん、嬉しいよ、ありがとう!

優しい言葉を ・・・ 命に優しい気持が、伝わるよ。
本当に、本当に ・・・ ありがとう、鍵コメさん ・・・。
Commented by yayoitt at 2009-02-13 03:21
ゆた。さん

ダウンの軽さ、温かさ ・・・ それは尊い物ですよね。

その感謝する気持ち、それがあると、いつまでも、とても大切に
大切に、使うことが出来ますよね、無駄になんて出来ない。

そんな風に、感じてくださったこと、とても嬉しく思います。
ゆた。さんの肩を守る、寒い北海道の空気から守る、
優しい羽根が、いつまでも、ゆた。さんを幸せにしてくれますように。

ゆた。さん、ありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2009-02-13 03:26
あんちゃん

命の扱いを酷くすることで、消費者が安く手に入れることができる、
物の価値が下がる って、どういうことなんだろうね??

本当に、意味が(筋はわかるけど)わからない、理解できない。

ダウン は、本当にその温かみに驚くんだろうね ・・・。
だって、水鳥は、それで身体を守るのだもんね ・・・。

うんうん、それが大切なんだと思うっっ。
今、手元にある物は、末永く大切にして使いきる ・・・。
そして、2度と、消費しないこと ・・・。

そういう決心をしてくれて、本当にありがとう。
私が、お礼を言うのも変だけど、知ってくれて、うれしい、ありがとう!
Commented by yayoitt at 2009-02-13 03:31
coco さん

羽毛布団は3世代も持つ ・・・

100年でも持つ ・・・

本当に、そうなんだね ・・・。
大切に使えば ・・・。

鳥の羽毛は、鳥のものだけど、もしも、私たち人間が、
それを使わせてもらうのならば ・・・ より長くいつまでも、大切に
大切に、使わなければいけないよね ・・・。

今、Cocoさんを温めてくれる、優しい尊い羽毛布団 ・・・

そうですね、末永く、より長く ・・・ 
その温かみを、エンジョイして頂きたいと、願います!! 

そして、2度と買わない決心をされるのでしたら、とても嬉しいです。
感謝です ・・・ 今ある、その温かみを ・・・ 

優しい言葉、力強い言葉 ・・・

感動しました。
Commented by ひろみ at 2009-02-13 21:12 x
やっこさん、こんにちは!掌の具合はどうなのかな?今やっと知って(←遅いって...!)びっくりしたところなんだけど、くれぐれも悪化させないように気を付けて。私も似たような状況で、愛猫の小太郎(今は姉の愛猫だけど)に酷く噛まれて高熱が出た経験があるよ~(汗)。

そして...ダウンについての記事もありがとう。いつだったかやっこさんに教えてもらって、「ダウン製品は絶対に買わない」と誓いました!実はうちにある掛け布団はダウン入りで、友人にもらったソファーのクッションもダウンなんだけど、それは仕方ないので、せめて大事に、感謝しつつできるだけ長く使おうと思う。革靴とかの革製品も、すでに持っているものは大事にしつつ、新しいものは合成皮革やファブリック製のものしか買わないようになったよ。

こういうのって画像でも見ないとピンとこないし、できるだけ沢山の人にビデオを見てもらいたいね。知らないと、なんとなくフツーに買ってしまったりするんだよね。無知って怖い...!

では、また!まだ雪も降ったりして寒いけれど、身体には気を付けてね。
Commented by yayoitt at 2009-02-14 06:03
ひろみさん

ああああ ・・・ ありがとう~~~。
本当にね、日にちが経つに連れて、慣れてるよ。
気持ちも落ち着いてるし、ノーマンとの関係も、ええ感じ!!

ほんと、ありがとうね~~~。 ふふふ

小太郎と、そんなことがあったのね。
猫に噛まれた傷は、酷く炎症を起こすんだよね ・・・。
数ヶ月前に、私もあったよ ・・・ 熱は出なかったけど。
その後は、それなりに、ええ関係におさまったかな?? ふふ

ダウンのこと。
ありがとうね ・・・。
こういう 殺してはいないだろう商品 って、ある意味、
忘れやすくて、気が付きにくいんだよね ・・・。
うっかり、動物を虐待なんかしてない商品と思ってしまう。

だからこそ、うんうん、映像で、真実に面と向かわなきゃ
いけないのだって思うよ ・・・。

今ある物は、大切に愛して ・・・ 2度と買わない。

それが嬉しいね!!!

本当に、ありがとう。
ひろみさんも、もうしばし、英国の冬、頑張ってね。

さんくすっっ
Commented by lim884 at 2009-02-15 11:48
またまた苦しくなった・・・息苦しい・・・(泣)
この苦しさは、動物たちが感じる”苦痛”・・・
そして僕自身が感じる”偽善”・・・
ダウン製品を持ってないとは嘘はつけず・・・
それによって寒さから守られてる事実・・・。
苦しい・・・。
ただ苦しい・・・。
しばし考え悩み考え悩みます。
難しいことは何もなく、難しく考えることがナンセンスとも思いつつも
きっと僕の中にある程度の低い煩悩ってやつが
わざわざ難しくしてるのかもって思います・・・情けない・・・。
カッコイイことばかり言うのは簡単ですけど
自分が出来ることじゃないとアカン!
なので、その答えを自分なりに見つけます☆
大切に感謝し長く今あるものを使うのは僕の義務・・・責任。
Commented by yayoitt at 2009-02-16 03:21
Limさん

本当に、いつも、感じてくれてありがとうございます。

息苦しい ・・・ その意味がとてもよくわかります。
こうして、現実を知るって、とっても簡単なことじゃないですよね。
だけど、知らない自分から、知った自分に変わるとは、
ものすごく大きな変化だと思います、それは、ゼロと100くらいの。

彼らの痛み、恐怖と引き換えに、やっぱり必要な物なんて、
私達の生きて行く上に、本当はないのだと思います。
ただ ・・・ より~な物を と人が求めるから、毛皮も羽毛も、
こういう大量生産業の犠牲になってるんだと ・・・。

Limさん、知った という事実、現実。
そして、それを、感じた、感じられるという一歩。
それって、素晴らしいことだと思います。

その後の選択は、誰の物でもない、自身だけのもの ・・・。
誰も、どうするべき、どうしないべきとは言いません。
ただ、知るということの大きさ、偉大さは、絶対ですね!!

本当に本当に、ありがとうございます。
ちょっと、そちらにも。
<< 皆様へ ・・・ 経過  皆様へ ・・・ >>