どうしていいのかわからない
毎朝、通勤は電車だ。仕事は8時半から始まるので、それに間に合う電車は、エージンバラ最寄の駅を7時48分に出る。いつも、7時20分少し前には家を出る。今朝は、いつものように、家を出た真っ直ぐの道を街へ向かって歩いていた。人影もまばらだ。歩道と車道の間には、車が連なって道沿いにずっと駐車してある。
何気なく、その車を見ながら歩いていると、ふと視線が止まった。
車と、歩道と車道の区切りの影に、鳩が一匹座っていた。普通、人間が通れば、すたすた避けて行くはずなのに、それは私が横を通っても動かない。一旦、通り過ぎた後、一瞬のうちに色んなことを考えた。どうしよう?怪我してるのかな?病気かな?動けないのかな?このまま車が動き出したら轢かれてしまうかも?どうしよう?どうしよう?立ち止まり、振り向いて確かめた。目は開けてパチパチしているし、私に気が付いて警戒してもいる。動けないのかな?一瞬の判断で、クルリと向き直って鳩に近付いていった私…。もちろん、鳩は、怖がったに違いない。そして、不器用な格好で、車の下へ逃げて行ってしまったのだ。でもそれ以上立ち止まっていると電車に乗り遅れてしまう。でも、あの鳩が車の下で動けずに、その車が動き出したら……私は、仕方なくそこを立ち去ったのだ。こういう時、一体、私はどうしたらいいのか、わからない。鳥、のレスキューは難しい。日本にいる時にも、ツバメのヒナが巣から落ちて、どうしたらいいものかひどく悩んで苦しんだことがある。野鳥は、基本的に、ヒナに人間の匂いがついたら親鳥は面倒を看ない、と聞いたからだ。だからと言って、その時、私がヒナを思い切って育てるわけにもいかずに、結局、泣く泣く放置したことがある。安全な場所に移しただけで、その後を自然に任せるしかないのだ、と自分を言い聞かせて。いつも、見なければ良かった…と思う。でも、この見なければ良かったのは、誰の為に良かったのか?私自身の為であることは明確だ。では、ヒナ、今朝の鳩にとってはどうなのだろう?彼らはあくまでも野生である、人間の周りで暮らす野生の鳥達、動物である。その彼らを、人間の意志でレスキューすることが諸手を挙げて正しいこと!と言えない気がするのだ。でも、反対にこう考える。人間の作った環境に犯されたり、人間のばら撒く食べ物を食べたり、あるいは人間の手で傷つけられた場合、どうだろうか?これは人間の責任である。だから、人間が責任を取るべきなのだろうか?鳥は、例えば猫に襲われたりした時に、ショックで一時的に動けなくなることがある。急激で大きなストレスがかかると、動かないことによって反射的に身体を守っているのかも知れない。今朝の鳩が、もしかしたらそういう状態にあって、動かさない方が良かったのかも知れない。憶測ではあるが、今日一日中、考えている。

人間の文化を、動物の生態に押し付けていいのだろうか?

だからと言って、傷ついたり、危険な状況にある野生動物は、人間の手によって救われるケースがあることも確かだ。RSPCA(Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals)に電話してみようかとも思ったが、どの程度、その鳩が動けなかったりするのか確認も取っていないから、それはやめた。今からの私の、大きな問題である。

こういう場面に遭遇したら、皆様ならばどうされますか??

ご意見頂戴したいです。
by yayoitt | 2005-03-12 03:23 | 愛する動物のこと | Comments(0)
<< だははは 誕生日 バトミントン大会 終結 女の戦い >>