1ダースの仔犬から作る ・・・ 毛皮商品
犬猫毛皮産業(貿易)  が、強制的にUKにて禁止となることが決まった。

今週の木曜日(1月1日元旦)より、
アジア(中国、タイ、フィリピンなど)にて、年間、数百万頭も殺される
犬猫の毛皮の輸出入、及び、それを使用した商品の売買が、
完全に 不法 となることが決定した。
c0027188_5431767.jpg

この毛皮は、子供の縫いぐるみコート服の飾り靴の装飾ペットの玩具ラグと、実に様々な商品に使用されており、ヨーロッパ全体、そしてUKでも
公に販売されてきた。

この犬猫の大半は、中国で殺されており、彼らは、酷い状況の中で生かされ、
そして、生きたまま毛を剥がれて死ぬものも、多数である。
c0027188_544378.jpg

EU加盟国全体に及ぶ、この犬猫毛皮の禁止は、アメリカ、オーストラリアでも
同じような政策をとるに至っている。

しかし、中国毛皮産業の継続の裏には、他の国々への輸出(例えばロシアなど)
が大きく絡んでいるのである。

あるスコットランドの政治家(この毛皮産業廃止を9年間訴え続けてきた)は言う。

 今こそ、中国が、何か行動を起こさなくてはならない時なのだ

 中国が、世界の文明に見合った国となり得たいのであれば、
 何か対策をとらなくてはならないであろう

 毎年、200万頭以上の動物が、ファッショングッズの為、
 また小さな装飾品に使用される為、狭く残虐な状況での生涯を強いられ、
 野蛮な方法で殺されるというべく理由は、どこにも、ないのである


この政策に違反した場合、刑罰として、禁固7年までにも至ることとなる。

税関では、DNAテストによる、違法な毛皮輸入の取締りの準備がなされている。
c0027188_54731100.jpg

これまでは、犬猫の毛皮が、既に死んだものから剥いだ物なのかの識別が難しかった。

しかし、生きたまま毛を剥がれて死んで行く動物たちの毛皮には、
その証拠として、猫はワイヤーの罠により首から吊る下げられた跡があり、
その多くが、生きたまま毛を剥がれたものと確認されている。

その動物たちは、道端から捕らえてこられた犬猫か、その目的の為に繁殖された
ものかであり、日の当たらない真っ暗な、狭く混み合った場所に集められ、
食べ物も飲み水もないまま、移動させられるのである。
c0027188_548468.jpg

その動物達を集める毛皮工場は、毛皮の量と質が更に良くある為に、
とても寒い中国の北部に集中している。

これらの商品の中には ・・・

12頭のジャーマンシェパードの仔犬でできたコート 

ラブラドールのラグ  などがある。
c0027188_5542314.jpg

事実の1つとして、ラベルに示されている 人工毛皮 の表示。

毛皮産業側が、それさえも改ざんし、本物の毛皮が使用してあるのにも関わらず、
人工毛皮 と表示することも多く、犬猫の毛皮が使われているのも関わらず、
他の動物の毛皮使用と表記されてある場合もある。

他の動物の毛皮であっても、その扱いや殺され方はやはり、犬猫と同じである。

               (本日の新聞から、私なりに訳させて頂きました)
c0027188_5513841.jpg

消費者が、求める限り ・・・

消費者が、購入する限り ・・・

消費者が、知らないでいる限り ・・・

この毛皮産業は、なくならない。                  
by yayoitt | 2008-12-29 03:59 | 愛する動物のこと | Comments(22)
Commented at 2008-12-30 09:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-12-30 09:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みき at 2008-12-30 10:41 x
弥生さん、いつも楽しくブログ拝見してます!私もエジンバラ在住の日本人の一人です。
いつも読み逃げでコメントしていなかったんです、すみません。なんか恐れ多くて・・・・。
ある、動物に関する長編ドキュメンタリーを一度見てから私の生き物たちに対する気持ちが変わりました。というよりもショックでした。
人間というのはどこまで残酷になれるのかと・・・。
毛皮産業の動物の扱いは特に酷い・・・・・直視できません。
1月1日からの禁止条例は大きな大一歩になるといいです。

思いを行動にしている生き方、なかなかできないものです。素晴らしいと思います。これからもブログ楽しく拝見させて頂きます!
Commented by akibrandy at 2008-12-30 11:13
そう。
消費者が求める限り、無くなって欲しいことがなくならない。
イヤだと感じる人たちが広げていくしかない!
Commented by HollyNoahDaisy at 2008-12-30 13:49 x
消費者に彼らが使っているものがどこでどのようにして作られるのかを知らせることが、大切ですね。

実は私も子供の頃、白くて細い毛皮の襟巻きをワンピースの首元につけていました。狐のような顔が付いていて、それが首を一周した尻尾のほうを咥えるような形で止めるのです。それから白いスピッツのような小さな剥製の置物ももっていました。これらのものがどのようにして作られていたのかを知り、とてもショックです。

あの写真の仔たちもうちのワンコたちとなんら変わらない目をして、息を殺しているのですね。なんてむごいことをするのでしょう、人間って恐ろしいです。

大人の私たちが反買運動を広げないかぎり、それらの命は人間の浅はかな欲望の犠牲になるしかないのですね。売れないものはやがて作られなくなるでしょう。でもそれを待つ間にもたくさんの命が絶たれている。

法の力でこの残酷な産業に一日も早く終止符が打たれるを祈っています。

いつも私たちの目を開かせてくれて、ありがとうございます。
Commented by ゆっきんママ at 2008-12-30 15:12 x
真実を語る写真は目を覆いたくなるほど悲しく残酷な事実ですけど、その原因を作っているのが同じ人間だとゆうことも間違いのない事実・・・・。
そう思うととめどない怒りが込み上げてきます。
脾肉にも美しい毛皮を自慢げに着飾る人間が、「動物虐待」とゆう視線を浴びる世の中になるのもそう遠くはないでしょうね。
こういった現実が根本から改善されないかぎり、動物を愛する者たちは動物虐待に声を訴えていくことが必要ですね。
今年、やっこさんのブログと出逢えたことが私にとっては大きな影響力となりました。
やっこさんのブログからたくさんの愛を感じさせてもらえました。
これからも動物達の真実を発信していって下さいね。
Commented by モカ王 at 2008-12-30 21:18 x
おひさしぶりです。
こんなひどいことがいまだに行われているなんて、と知らなかったことが悔やまれます。
犬猫も犠牲者になっていたんですね。
残虐な手法ではぎとられる毛皮、現実を伝えていかなければいけませんね。
ブログに文中リンクさせていただきますね。
コートのみならず、ブローチやマフラー等に毛皮が使われていますが、きっとこんな方法ではぎとられた毛皮の一片なんでしょうね。
Commented by yayoitt at 2008-12-31 06:32
鍵コメ at 2008-12-30 09:26 さんっっ

ぐふふふ こちらこそ、ありがとう!!

本当に、人と人って、簡単じゃないから、それに、
心と心、それぞれ違うから、なかなか思うようにはいかなかったり
するけれど、だからこそ、焦らず、大らかに、ドンと構えて!!

と、言う私も、色々、悩んでばかりですよ。

ふふふ

うんうん、単なる偶然じゃないよね、こういうのってとても嬉しい。

大切に大切に、温めたいですね。
急がず、ゆっくり、長く、なが~~~く!!

ありがとう、鍵コメさんっっ!!
Commented by yayoitt at 2008-12-31 06:40
続きます

うんうん、人間、法律で締め付けられると、欲の為に、
やっぱり闇で必死に働く人も出てくる ・・・。
その、性(さが)が悲しいです、辛いですね ・・・。

だからこそ、大切なことはきっと ・・・。
消費者が、減ること、消費者である裕福な国々の私たちが、
買わないこと、求めないこと、断固たる態度を示すことなんだと、
思います ・・・。

確かに、命を犠牲に生きている人間、私たちではあるけれど、
その中でもやはり、ファッションの為に、命を犠牲にはしたくないね。

きっとこの葛藤は、一生、続くのだろうと思います。
きっと、今の大量消費社会からは、なかなか、抜け出せないし、
動物に明るい未来よりも、そうでない方へ、進むのではないか ・・・
そんな不安がある ・・・。

けれど、諦めない。
けれど、出来る限りの努力は、って。 ね!!!

鍵コメさん、本当に、ありがとうございます。 
Commented by yayoitt at 2008-12-31 06:49
みきさん

はじめまして!!
ようこそ、辿り着いて下さいました!!
(↑ ふふふ この台詞が好きで ・・・ 笑)

いつも、訪れてくださって、本当にありがとうございます!
エジンバラにお住まいなのですね!!!
嬉しいです、とっても!!

・・・ 恐れ多くて 

なんて ・・・。
そ、そ、そんな ・・・。
とんでもありませんよ!!
田舎生まれ田舎暮らしの、普通の40手前の、少女Aですから。



それは、どんな長編のドキュメンタリーだったのでしょう?
こちらで、見られたんですか?

毛皮、アイボリー戦争、羽毛、化粧品の為の動物実験 ・・・

この世の中には、人間の 欲 の為に、実に残酷な方法で
最初から最期まで苦しみ死んで行く動物が、沢山いますね。

この大量消費社会の今は、動物は、人間によって、苦しみ
悲しい思いをしていることが、多いんですよね ・・・。
 
Commented by yayoitt at 2008-12-31 06:50
続きます


↑ 今回の英国の新しい動きは、とても大きな一歩ですよね。
これを機会に、人々の心に、また知識として、毛皮に対する
可愛い、綺麗、高価 ・・・ というイメージをぬぐいきってもらえれば、
と願っています、そして世界に広まって欲しい!!

思い切って(ふふ)コメント頂けて、とっても嬉しかったです。
どうか、これからも、よろしくお願い致します。
また、みきさんのことも、良かったら教えて下さいね。
Commented by yayoitt at 2008-12-31 06:56
亜紀ちゃん

うんうん。
本当に、責められるべく者は ・・・ 消費者なのだよね。
だからこそ、消費者が、知識を得なければ、知らなければ、
流されずに個人の頭で考えなければ ・・・ そして、選択しなければ。

ありがとうね、亜紀ちゃんっっ!! 
Commented by yayoitt at 2008-12-31 07:03
HollyNoahDaisy さん

本当に、そう思います。
売る側は、やはり正直にそこまでは、消費者に教えはしませんよね。
だからこそ、消費者が自ら、知り、そして考え、選択しなくては、
いけませんよね、それは、動物の命を犠牲に生きる、人間の
義務、責任、とも言えると思います ・・・。

あぁ ・・・。
私も、若い頃、20代の頃、ありました。
首に巻いた毛皮 ・・・ 本物の毛皮でなくては、なんて
どこからそんなこと教えられたのか、思っていましたし、それは確か、
ミンクだったかの小動物でした ・・・。

知らなかったのですよね。

今、こういう情報社会だからこそ、ちゃんと情報を得て、そして
知ることによって、選択したり、あえて買わないと決断することって、
本当に大切ですよね ・・・。

胸が痛みます、彼らは、あの写真の犬たちは ・・・

何を、思うのでしょうね ・・・。

本当に本当に ・・・ ありがとうございます!!
辛いけれど、だけど、知ることが出来て、とても嬉しく思います。 
Commented by yayoitt at 2008-12-31 07:13
ゆっきんママさん

こんにちわ。はじめまして。
辿り着いてくださり、本当にありがとうございます。
(ふふふ)

辛い現実を、こうして知ってくださり、そして理解して、感じてくださり
本当に、嬉しいです!!!

そうなんですよね、人間だけが、生きる為に必要じゃないことの
為に、他の命を、犠牲にしてるんですよね ・・・。
欲 の為に、見栄 の為に ・・・。

この 事実 を受け止めたいですね。
とても辛いけれど、でも、隠すわけにも行かない、事実だから。
傷付きながら、でも、共に受け入れて行きましょうね ・・・。

世界的に、毛皮 = もはや忌み嫌われるべくファッション と
いうイメージが、今、根強く人々の中に生まれていると思います。
それを、それを装うことを、むしろ醜いことだと、思う時代に ・・・。
それは、こういう方法で、それが作られると人々が知ったからですね。
 
Commented by yayoitt at 2008-12-31 07:13
続きます


本当に、そうですね、くじけそうになるけれど、でも、
最初の一歩、そこからの小さな一歩一歩が、その積み重ねがきっと、
大きく未来を変えるのですよね、動物の命を、救うのですよね。

とても嬉しい言葉を、本当に、ありがとうございます。
どうぞ、これからも、よろしくお願い致します。
共に、諦めないで、できることを、ちょっとづつ続けましょう!!
Commented by yayoitt at 2008-12-31 07:22
モカ王さんっっ

お久し振りです、お元気そうで!!
ありがとうございます。

そうなんです、犬猫の大量虐殺が、私たちの裕福な国の消費者の
為に、何年もずっと行なわれて来ているのですね ・・・。
私も、知らなかったことが多かったです、今、こうして知ることが出来て
そして、選択することができて、良かったと思います。

本当に、そう思います。
現実を ・・・ それを変える為には ・・・ 一番根っこのところの
消費者にならないこと ・・・。

だからこそ、知る、ということが大切なのでしょうね。

リンク、大歓迎です、感謝します、ありがとうございます!!

そうです、ちょっとした小物、根付に使われてる、それも、
こういう形で殺された動物の、亡骸なんですよね ・・・。

モカ王さん、本当にありがとうございます!!!
小さな一歩で、大きく未来が変わりますよね!!
信じます!!!
Commented by lim884 at 2008-12-31 22:07
犬や猫を愛してます。
犬になってもっと彼らのことを知りたいとさえ思ったり。
他の動物もしかり。
彼らの悲鳴よりも、喜びや笑顔に目が向き、その裏側に隠れてることを
ぼやけさせてたかなって・・・。
やっこさんに教えていただいて初めて知ったこともたくさん。
今までずっと苦しく考えてたこともたくさん。
まだ知らないこともきっとたくさん。
僕に出来る最大限で向き合います!!!
見ないフリはしません!
一度みんな動物と立場が入れ替わったら気持ちが当たり前にわかるのにな・・・。
Commented by yayoitt at 2009-01-02 09:15
Limさん

私たち人間が生きる上で、どうしても、犠牲になる命が
いるとことは、これは仕方がないと ・・・。

ただ、ファッションの為に、人間の欲や見栄、金の為に
虐げられて、苦しみを受けて、殺される命は、あってはいけないと。

Limさん、愛する命がいると、彼らから教えられること、
彼らが伝えてくれるもの、メッセージってあるんだと、わかりますね。

表面の美しさよりも、内面の輝きを ・・・

それを感じられたら、それを評価できたら、幸せですね。

Limさん、本当に、感じてくださって嬉しいです。
ありがとうございます。

はい!私も、見ないフリしません、できることを、します!!

心強い言葉、嬉しいです。
Commented by みき at 2009-01-04 23:15 x
やっこさん、
あれは多分BBCかなにかのドキュメンタリーだったと。彼氏の友人にとてもポリティカルな内容の映像を集めてる人がいて、その人から流れてきたものの中にありました。
長編で、動物に対する様々な虐待、虐殺を映像で語っていました。隠しカメラによる撮影もあったり、日本の漁業場も出ていました。
私は肉を食べます。でもそれを見たしばらくは食べるのが憚れました。
スーパーに並ぶ肉の、悲惨な実情を知り、本当にいやな思いがしました。周りににもそれを伝えました。あういうのは見た人でないと実感は難しい・・・。
そんな私もそれを見てからずいぶんと経つと前のように肉を普通に食べます。忘れているのです。
あんなに強く思ったのにな・・・・。人間って忘れるようにできているとはいえ。
ですから、なにか運動を起こすというのは、どんなに小さいようでも、例えばやよいさんのこのブログはまさに人々の記憶に訴えかける、知らない人に知らせるという役割を持っていて、やり続けていくことが大切なんだと思います。

Commented by みき at 2009-01-04 23:16 x
えー、続きで、私のことです。
私は2年半前にエジンバラに来た学生です。アートやってます。
出身は愛知県豊田市で、11月に今の彼氏と日本に行ったとき高山と奥飛騨行きましたよ!やっこさんは高山だって知っていたんですが、行く前にコメントできず・・・・。

こちらに来たもともとの理由は、NZで5年前に出会った彼との交際後、彼がエジンバラに帰って行ったので私は学生として渡英して一緒に住んでいます。結婚はしてません。彼も学生です。
読書好き、映画好き、運動嫌い、でも嫌々自転車通学、ショッピング嫌い、酒好き、禁煙3年目、’スピリチュアル’に弱い、動物好き、とくに猫好き、写真好き、アートはなんでも興味あり、料理好き、歌好き、風呂好き、最近不眠・・・・・、な私です。

まだまだ寒いスコットランド、春早く来い!
仕事がんばってください。
Commented by yayoitt at 2009-01-05 05:07
みきさん

戻って来てくださって、ありがとうございます。

そんな、ドキュメンタリーがあったのですね ・・・。
是非とも、再放送、多くの方に見てもらいたいですね。

日本の漁業場、特に、イルカ漁やクジラ漁は、私もこの国や、
ヨーロッパに旅行中にテレビで、見たことが何度もあります。

そうなんだよね、伝えるって難しい。
やっぱり、その目で見ないと、感じることってできないんだよね。

こういう番組を見て、実態を知って、ベジタリアンやヴィーガンになる
人は本当に多いですよね、それだけショッキングな事実なんですね。

嬉しい言葉を、本当にありがとうございます。
選択は、その人の自由、決意ですが、消費者として
事実や現実を知るということは、義務であり責任なんだなって、
そう、思います。
Commented by yayoitt at 2009-01-05 05:14
続きます

2年半、エジンバラにお住まいなのですね。
エジンバラアート大学(?)ですか? 
そこだったら、日本人の友人が1人、通っていますよ!!

愛知の豊田ですか!!
近いですねぇ、同じ東海ですねぇ~~~ ふふふふふ

彼と高山に!! そうですか!!

嬉しいなぁ ・・・。

NZで知り合わせたのですねっっ!!
私は、旦那とは、オーストラリアで知り合いました、ふふふ
ちょっと似てますねぇ~~~~。で、今、ここにって!!

ショッピング嫌い ・・・ 同じですよ~。
ことに、プリンセスストリート嫌いです。
アート ・・・ 私も、趣味で ライフドローイングしてました。
像は、好きじゃないのですが、やっぱり絵が大好きです。
料理好き ・・・ 羨ましい ・・・ 苦笑
歌好き、風呂好きは、同じですね!! がはははは

不眠、大丈夫ですか?
お住まいは、エジンバラのどのあたり ・・・ ふふふ

また、追々。

ありがとうございます、みきさんも、無理しないで下さいね。
いつか、機会があれば、是非、お会いしたいです!!
<< 9時間の時空を越えて ・・・ ... ジェイムズ・ヘリオットの言葉 >>