感動するということ それを伝えるということ
人生の中で ・・・。

足を止めて立ち止まり、両手を震わせて涙がこみ上げる ・・・

そんな大きなものではなくても、心が揺り動かされる 感動 は、あるもの。
c0027188_735960.jpg

それが、街の喧騒から飛び立つ 一羽の鳥 の姿であったり。

PCの四角に映った お腹を空かせたシロクマと犬の抱き合う 様子であったり。

買い物客で溢れる大通り、時間が止まるかのように 見詰め合うハトと彼 とか。

小さな身体に宿る命を 必死で探す見知らぬ誰か の叫び声であったり。
c0027188_7354449.jpg

それは嬉しいことだけでなく、悲しい辛い思いも含めて、心が動かされること。

感動 するということ ・・・

心に深く刻みつけて忘れないこと ・・・。
c0027188_7361295.jpg

感動 とは、その五感を使って感じる中で、心に直結する強い波。

人が、経験の中で味わう、人生の醍醐味。
c0027188_736584.jpg

私の 感動 を、隣の誰かが同じように 感動 するとは限らない。

とてもプライベートで、比べようのない、その人にとって唯一の宝になる。

もしも ・・・ 

ある 感動 を、自らと同じように分け合える誰かに出会えたなら、奇跡のような幸せ。 
c0027188_7372780.jpg

感動 は、人から人には伝わりにくい。

ある人の 感動 を、その人が言葉や文字で表しても、相手には同じように伝わらない。
c0027188_7375659.jpg

ただ ・・・

感動 している人の瞳の潤いや、空を仰ぐ姿に、人は時に 感動 する。

感動 とは ・・・

その人自身が経験の中でこそ得る、ご褒美なのかも知れない。
c0027188_7382775.jpg

愛する人に、友に、家族に、誰かに伝えたい 感動 があるだろう。

その心の揺さぶりを ・・・

言葉にできないからこそ、文章にできないからこそ。

感動 なのに違いない。
c0027188_73912.jpg

もしもそれを 歌ってしまうと、外れる音がある。

もしもそれを 演じてしまうと、見なくて良い舞台裏がある。

もしもそれを 唇で流し込むと、味わえない香りがある。

もしもそれを 花束に変えてしまったら、クシャミをもよおすこともある。

もしもそれを 肌の温かみで伝えると、余分な欲がまとわりつくこともある。
c0027188_7393716.jpg

感動 は、伝えようと思えば思うほど ・・・

悲しいかな、その掌に余ってしまう。

零れてしまう。
c0027188_7413856.jpg

感動 は、ある人が感じる心の揺さぶり ・・・。

それを感じている姿を見られとき、知られとき、聞かれるとき、感じられるとき ・・・

誰かを 感動 させてしまう。 
c0027188_742364.jpg

人が誰か(何か)を愛する姿。

それを見、知り、聞き、感じるとき ・・・ 人々は深い感動に胸をざわつかせる。
by yayoitt | 2008-11-27 06:29 | 愛する動物のこと | Comments(11)
Commented by lim884 at 2008-11-28 09:52
感慨深く読みました。
僕は歌ってて何かしらを発信してる立場ではありますけど、その何かっていうのは時間の共有。感情の共有は簡単ではなく、誰かが涙してくださったからといって、他の人もそうかというとまた違ったり。
僕は悲しい想いで歌ってなくてもそう感じられたり、またその逆もあったり。人の感情は様々で歌い始めた頃は消化しにくくて悩んだことを思い出しました。今となっては、悩むようなことではなく、ごく当たり前で逆に幸せなことかなと思うようになりました。だってそこには自分が経験したこともないようなことを経てきた人たちがそれぞれの想いで泣いたり笑ったりしてくださってて、贅沢なことですからね^^
僕一人の経験では歌えない歌もあるんです。そういう時、みなさんの”想い”を勝手に拝借します^^♪いろんな力の作用でその歌が成り立つ時
共有してるものが時間以外にもあるんだなって感じれるんです。
何て幸せなんだろうと”感動”します☆
一生懸命に自分の感動を伝えてもらってる時って、その姿にまず感動を覚えたりってありますもんね^^
あたたかくなれたお話、どうもありがとう!

ちなみにキャスのワンコは『スタンリー君』ですね!
Commented at 2008-11-28 22:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kworca at 2008-11-29 03:04
「感動」はとてもプライベートなもの。
江原さんの言ってる「あの世に持って行けるのは、経験と感動だけ」って、そういうことなのかもしれませんね。

そして、星野さんの本では「この感動を伝えるには、自分が変わる事…」だって書いてるのがありましたよね。

きっと文字通り、感じて動く ことまでが感動なんだろうなぁ…
そして、感じて動いてる間は、感動し続けてることになるのかも。
Commented at 2008-11-29 03:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-11-29 23:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2008-11-30 00:56
lim884 さん

そうですよね、歌で何かを伝えることができるのですよね。
それって、とても幸せな 与えられた能力 だと思います。

その歌での時間の共有 ・・・。
そうですね、感情の共有は、確かに簡単ではないですよね。
メロディーは伝わりやすいのかも?と思ってしまいます。
言葉よりは、メロディーの方が、人の心にすんなりと入るのかも?と。

lim884さんが、歌い始めてどれくらい、経つのですか?
想像が付きにくいけれども、歌うことで伝える 何か ってとても
素晴らしいと思います、本当に、幸せなことだと思います。
是非とも、一度 ・・・ 生でお聞きしたい!!

いつか、必ず!! ふふふ

歌を通じて、見知らぬ誰かと、気が付かぬ間に結ばれる線、心とか
そういうものって、なんだかとっても神秘的に感じます。

 
Commented by yayoitt at 2008-11-30 00:57
続きます


時間の共有 ・・・ 素晴らしいですね。
それって、経験の共有ですもんね!

そうですね、感動をしている誰かの姿に感動 ・・・。
きっと、歌を歌う時にも、もしもそれが、心からの歌である時、
きっと誰かを感動させているに、違いないですね。

こちらこそ、ありがとうございます!
いつか、lim884さんがキャッスの花柄の服を着てマイクを持つ
姿を ・・・ ふふふふふ からかっちゃいました。
Commented by yayoitt at 2008-11-30 00:59
鍵コメ at 2008-11-28 22:54 さん

感動の一瞬 ・・・

ああ、覚えていますよ、あのときの、感動なんですね。
それは、もう、凄かっただろうと、思いますもん!! ふふふふふ

その ・・・ エロい っちゅうのは ・・・??

と、そこを徹底的に、聞きたいらしい私です。

ぶふふふふ 
Commented by yayoitt at 2008-11-30 01:03
桂子っちん

江原さんが、そんな風に言ってるんだねぇ。
その経験=感動になるもんねぇ。

そうそう、星野さんの本、旅する木 ね。
これは、桂子っちんが教えてくれた 箇所 だよ。

誰か愛する人に感動を伝えるには、自分が変わる事 …

それをずっと思ってるんだ。
この↑ 文も、それを受けて、書いたんだよね。
さすが、桂子っちん!!

感動し続けられるって、素晴らしいよね。
感動ってきっと、嬉しいこと、素晴らしいと思うことだけじゃないよね。
深く、感じること、泣くこと、辛いこと、悲しむこと、それも含めて
感動し続けたいよね ・・・。

おいしい物を食べて ・・・ 感動!! とかね。
まさにっっ!! ふふふ

で、いつの日か ・・・ アラスカで。 
Commented by yayoitt at 2008-11-30 01:08
鍵コメ at 2008-11-29 03:16 っちん

あらららら。
たった、数日で ・・・ でしょ?

困った人だ。

笑 
Commented by yayoitt at 2008-11-30 01:24
鍵コメ at 2008-11-29 23:03 さん

若い頃って、感動するということを、少しクールな目で見たり、
恥ずかしいと思ったり、する時期ってあるんですよね。

感動が、涙を流すほどのものではなく、ただ毎日の中で
感じる心の揺さぶり ・・・ それが沢山あるって嬉しいですよね。

確かに、年を重ねるに連れて、自分がその身になって初めて
わかること、感じること、感動することって ・・・ あるよね!!
きっとそれは、一生、続くんだろうなぁ ・・・。

時間を積み重ねて生きること ・・・ それだけで感動

本当に、そうなのかも知れない。
人生の中で、拾い集めるプレゼント!!だね!!

うんうん、感動を、伝えられるだけ伝えて行く。
伝え続けたいと思う!!

それが、どんな風に相手に伝わるか ・・・ その伝わりの違いも
含めて、それこそが、経験そのものになるんだもんね!

鍵コメさん、経験を分かち合う ・・・ 感動を分かち合う ・・・

ありがとう!!!
<< 一足早いクリスマスディナー インコのチャーリー 新しい日課 >>