お腹をすかせた北極熊  
北極の野生動物の写真集などで有名な写真家 Norbert Rosing ・・・ 
c0027188_5182799.jpg

カナダのハドソン湾での体験だった。

それは、ある北極熊の出現 ・・・。

そこで写真を撮り続けていた彼は、その熊がもう4ヶ月も何も食べていないと知っていた。

熊は、彼のソリ牽きの犬たちに近付いて行った。

c0027188_5416100.jpg

彼は思った ・・・ これが彼の犬たちの終わりだろう と。

ただ、写真を撮り続けた。
c0027188_5413389.jpg

しかし ・・・
c0027188_5415745.jpg

北極熊と犬たちが ・・・
c0027188_5421875.jpg

遊び始めた ・・・
c0027188_5424155.jpg
c0027188_543386.jpg

北極熊はその週、毎晩、そこに戻ってきては犬たちと遊んだ。

大地が凍る地球の果て

何を求めるのか 

心の温もりが

欲しい

(☆ 大切なお友達から、教えて頂いたエピソードです ☆)
by yayoitt | 2008-11-04 05:44 | 愛する動物のこと | Comments(43)
Commented by azuretime at 2008-11-05 06:40
4ヶ月も何も食べていない白熊が・・・
信じられません。
そんなことが、本当にあるとしたら・・・

え~っ・・・何だろう。本当に、すごい・・・・・・
きっと、息も絶え絶え、今すぐに何か食べなければ、死んでしまうかも知れないという、それくらいの状況だったかも知れないですよね。

種を超えた、情、かぁ・・・
彼らは、本当に美しいですね。
人と比べると、何て違うんだろう・・・。殺戮を繰り返し、ひたすら貪欲に、人の領土を広げ続けるだけしか能がない人間と比べると。

Commented by pokkunnnj at 2008-11-05 07:53
すばらしい すてきな 美しい・・・
4か月も食べていないんだったら、ついもう食べてもいいよ。。。って
言ってしまいそうになるくらい。。
かえって、切ない気分にも、させられます
人間と比べて、なんて、動物は、あたたかいんでしょうね~~
毎晩、ここへ来てなんて。。。
北極熊は、どんな思いで、どんな感じで、ここへ遊びにきたのかな?
わくわくしながら、ルンルンしながらかな??
今日も、あそぼっって??
ホッキョクグマの、お尻もかわいいなぁ~
大切に、まもっていきたいね・・・
Commented by みなみ虫 at 2008-11-05 11:27 x
やっこさん、素晴らしいお話を教えてくれてありがとう。
何故か泣けてきてしょうがないです。
Commented at 2008-11-05 13:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chocorachocora at 2008-11-05 13:16
この映像youtubeで見たことありますが、4ヶ月も食べてないなんて知りませんでした。小さい時から一緒に育ったから仲良しなんだなって勝手に思っていました。

私、愛媛県のとべ動物園のしろくまピースの大ファンなんですが、ますますしろくまが大好きになりました。
Commented at 2008-11-05 14:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HollyNoahDaisy at 2008-11-05 15:17 x
初めてこの一連の写真を見たとき、涙を抑えきれませんでした。

凍てつく北極だからこそ、白熊と犬のHugがとってもとっても暖かくて、美しくて、この仔たちの愛に比べたら人間ってなんてちっぽけなんだろうって感じました。

ありがとうございました。
Commented at 2008-11-05 15:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kworca at 2008-11-05 15:41
こういうのを見ると、やっぱり言葉なんて不要なもので、むしろ余計なものにも感じますよね。
Commented at 2008-11-05 17:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by burnethill at 2008-11-05 20:02
何と素晴らしい話なんでしょう!
4ヶ月も食べていない空腹の白熊が、始めて出合った犬と遊ぶなんて!
熊の中でも白熊は気が荒いと聞きます。幼い頃から一緒に育ったなら理解できますけど・・・こんなまるで童話の中のようなことが起きるんですね~
身体の大きさからまだ子供でしょうね。犬も遊び好きのまだ成長期なのかな?
そうであれば起こりうることかもしれませんね。

その後この白熊はごはんを貰えたのだろうか?
自然界の営みに人間が介入してはいけないとは思うんですけど、どうにかしてやりたくなります。

素敵なお話をありがとうございました。
画像いただきました。
Commented by ももこ at 2008-11-05 21:39 x
素敵な画ですね!

何度も何度も繰り返し読みました。

涙が溢れるのは何故だろう?

Commented by tui at 2008-11-05 22:32 x
やばいっ
暖かく泣ける!!

種は種としてお互いを見ることなく意識し、「ライン」をひく・・・・はず。
野生の世界にも異端児はいる・・・?
弱肉強食という野生の法をおかすヤツら!!
ひもじかったのかな~。
淋しかったのかな~。
いや、ただ、そこに自分と同じ命を感じただけなんだろう。
本能(食欲)を超える命の接点がそこにあったんだろう。
ヒトには感じない、その接点に広がる空気・・・。

それにしても、不思議やね~~、人間が下手こいてる間に、野生のヤツらはタッグを組んでるのかもね(笑)

いい実話をありがとう!!
あっ・・授業で使ってええかな~やあこ、この話?(笑)

Commented by じゅんこねえ at 2008-11-05 23:15 x
どんどん消え行く命たちが、一番、命を残す大切さを知っている。
本当ならあるはずのないこの姿は、私たちへのメッセージとして
重く、重く受け止めなければならない・・・
こんなじゃれあってる姿を見て、私たちには何ができるのだろう?
こんなピュアな心は、誰を動かすのだろう?

本当ならば、もう既に行動に移さなければならなかったこと・・・
今すぐにでも、行動に移さなければいけないこと・・・
なのに、人間は、まだ何処かで・・・自然に、動物に、甘えている。
今からではもちろん遅いのは知っているけど、
それでも、感じて、考えて、行動して・・・今、ここからでも
ピュアな心を取り戻して欲しい。

あったかいのに、切ない・・・感じちゃったよ~やっこさん。

ほんと、いつも、ありがとう~
Commented by minan at 2008-11-05 23:20 x
いつもこっそりと楽しみに拝見させていただいております。
先日、新聞で一枚の写真だけを見ました。とってもステキな写真たっだのでどういう写真なのかお問い合わせをしよう思い、とっておいてありました!今日こちらにおじゃましてとってもびっくりしましたよ。あ~うれしいです。やっこさんいつもステキなお話をありがとうございます。
Commented at 2008-11-06 03:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:14
苺ちゃん

本当にね、お腹を空かしていても、シロクマは愛情を、
見つけたんだろうね、それが空腹よりも生きる上で大切だったのかも。

人の頭では、どうしても考えきれない、きっとそれは、英知を超えた
自然の偉大さ、野生の素晴らしさなのかも知れないよね ・・・。

種を越えた情 ・・・

うんうん、美しい。

そう、人と比べると、私達は、何て満ち足りて、そしてそれでも
貪って生きているのだろうね ・・・。あぁ ・・・。

人が起こす争い ・・・ 空腹の為? そうじゃないもの。
苺ちゃん、感じてくれて、ありがとうね。 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:21
ポッキーママさん

本当に美しいよね ・・・。

うんうん、とっても良くわかる ・・・。
今、彼らは本当に餌がなくて、氷もなくて、どんどん苦しい場所へと
孤独へと追いやられているよね、生きる為に、目の前に恰好の獲物が
いるのに ・・・ 瞬間に生まれた愛情 ・・・ それって凄いよね。

本当に、動物は、あたたかい。
人の頭では考えられない、彼らの生は、美しいよね。

どうなんだろう ・・・。

もしかしたら、孤独だったのかも知れない。
同じ種類が激減して、白い溶け行く大地で、仲間が欲しかったのかも。
どんな思いだったんだろうね ・・・。

ふふふ 今日もあそぼ! とその日をワクワクしながら
お腹はすいてるけど幸せだったのかもね ・・・。

愛しい、愛おしい ・・・。

うん。大切に、大切に ・・・ 守って行きたい、生きたい。
ありがとうね、ポッキーママ!! 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:22
みなみ虫ちゃん

私もね、この話を教えてもらって本当に感謝してるんだ。
みなみ虫ちゃん、感じてくれてありがとう!

もう、説明も要らないよね ・・・ ただ、これだけで。
何も、言葉は、いらないよね。

ありがとうね。 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:33
鍵コメ at 2008-11-05 13:15さんっっ

本当に、そうなのかも知れないよね ・・・。
精神的に、孤独で、飢えていた ・・・。

人が求めるものって ・・・ なんだろう。
生きる為に必要な最低限の物じゃぁ、もう無い。
全てが ・・・ お金 に関わること。

北極の領有権争いって ・・・

そっかぁ、そういうメリットがあるから大きいんだね。
そうすると、かなりのお金が節約できる、やっぱりお金。
とてもそれは、人間社会の中で重要であっても、この映像を見て
しまうと ・・・ 私たち、何を大切と思って生きるんだろう?
この地球の上で、何を ・・・ と頭をうなだれてしまう。
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:34
続くね


人間社会に暮した以上、知らないこと、目を瞑ること、聞き流すことの
どんなに多いことか ・・・ また、そうしないと、そこで生きられない。生きられるけど、生き辛くなる ・・・。

この、人が線を引いた国単位で争っている北極という、今まさに
溶け行く大地で ・・・ 温暖化の為に消滅しつつあるシロクマが、
私たちに無言のメッセージを、送ったね。

鍵コメさん、私も ・・・ わからない。
一体、何ができるのだろう ・・・。

何が、できるのか?と疑問を持てる、きっとそれが、答えを
導いてくれる、鍵になるのかな ・・・。 

本当に本当に ・・・ 考えさせてくれて、ありがとうね。
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:43
chocorachocora さん

Youtubeで、見られるのですか!!
写真だけではなくて、映像で残ってるのですね!!

この写真家のHPで、この状況の詳しいことを知りました。
本当に、どの瞬間に、どんな感情が生まれて、こうなったのだろう
と、人の私は、頭の中で人が考えうることで、知りたくなる ・・・。

ふふふ 生の素晴らしさ、野生、自然の英知をはるかに超えた愛
なのでしょうね ・・・。

しろくまのピース君、以前に大切なお友達から、このシロクマの話
聞きました、とても人気があって、沢山の人々がその成長を
見守っているのですよね ・・・。

私も熊に対しての感情がとても強いのです。
日本の熊 ・・・ この季節、姿を見られただけで人間に捕獲され、
その生涯を野生から切り離されて熊牧場で終わる熊 ・・・。

熊は、世界中で、とても虐げられて苦しみを受けることが多い
動物 ・・・。彼らを、確実に人間が守り、彼らと本当の意味で共存
する地球に ・・・ と、心の底から望みます。

本当に、ありがとうございます!!
ピース君、守られてるんですねぇ ・・・。 ふふふ 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:44
鍵コメ at 2008-11-05 14:05 さん

嬉しいです、ありがとうございます。

早速、伺いました。
感動、感激しました。
なんだか、すっごく照れましたし ・・・ ふふふ

ありがとう、しか言えないです。

嬉しすぎて ・・・。 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:47
HollyNoahDaisy さん

本当に、私の人生を変えるかもしれないような、この写真、この話を
教えてくださって、心から感謝しています。

今、まさに、人の手によって、その生存が脅かされている彼ら。
彼らの愛情、生、魅力 ・・・ 強さ、儚さ ・・・

全てが全てが、その存在が、愛おしいです。
彼らを失いたくないです。

本当に、ありがとうございます。
この出会いに ・・・ 感謝しています。 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:50
鍵コメ at 2008-11-05 15:38 さん

本当だよねぇ ・・・ 動物はなぁ ・・・。

ふふふふふ

うんうん、そうなのかぁ ・・・。
そういう時ってさ、あるんだけど、辛いんだよね。
苦しいんだよね、そして、出口が ・・・ わからない。

週末に、どうかゆっくり ・・・。
出来る限りのこと、したいよ。 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:51
桂子さん

ほんとに、そう思うよね。

言葉なんていらない。
人の頭で考えることなんて、到底、できない。

そこには ・・・

神秘とも言える、野生の命の 愛 がある。

桂子さん、あんがとうなっっ!! 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 06:53
鍵コメat 2008-11-05 17:39 ちゃん

よっしよっし!!

ふふふふふ

私も ・・・ まずまず、だな。 
こっちはどんどん日が短くなるよ、もうすぐクリスマス、って
雰囲気だよ ・・・ とほほ だわ。 笑

忙しいんだね、身体には気をつけてね。

ありがとうね。ふふふ 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 07:01
burnethill さん

本当に、神秘ですよね。
もう、人の頭では考えられない、奇跡とも言える、でももしかしたら
それが野生なのかも知れない、美しさですよね ・・・。

そうみたいです、哺乳類動物の中で、食の為だけでなく
ただ凶暴に相手を襲う動物は、白熊だけだと、先日聞いたところです。

・・・ まるで童話の中のようなこと

それが、現実だから、生って素晴らしいですよね ・・・。
愛おしいです、美しいです。

あぁ ・・・ そうなのかも知れないですね!
そういわれると、確かに、身体は小さいですよね。
もしかしたら、母熊と離れたばかりなのかも知れないですね ・・・。
 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 07:02
続きます


その後の、この白熊のこと ・・・。
どうなんでしょうね ・・・。そこまで考えなかったです ・・・。

あぁ ・・・ 本当に、自らの腕でももぎ取って、そのお腹を
満たしてやりたいとすら、思えてきます(とても非現実的ですね)。

自然界の営み ・・・ そうなんですよね ・・・。
既に、人間が土足で踏み入ってしまった以上、ある程度、介入
しなくてはならないのじゃないか、と思ったり、でも、そうしたら
もう2度と、野生という体制は作り直せないのではないか、と思ったり。

こういうことに関しては、どうしても、揺れ動いて苦しくなります。

バーネットヒルさん、大切なことを考えさせて下さり、
私の方こそ本当に、ありがとうございます。

画像 ・・・ もちろんです!! 嬉しいです。
Commented by yayoitt at 2008-11-06 07:05
ももこさん

本当に、神秘的ですよね ・・・。
信じられない、けれど、それが野生の姿なのだと ・・・。

涙が ・・・

きっと、私たち人間が、人間社会の生活の中で、どこかに
うずもれて忘れてしまった何か を ・・・

くすぐるからなのかも ・・・。

ももこさん、感じて頂けて嬉しいです。
忘れられないですね ・・・。

ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 07:09
tui さん

暖かく ・・・ 泣ける って素敵な表現ですね。

ふふふ

私も、そう思います。

自分と同じ命を、血の流れを、温かみを感じたのだろうって。

本能(食欲)を超える命の接点、人がそこで言い訳したり、
欲張ったり、もっと!と求める、その間に失くしてしまった、接点。

Tuiさん、本当に、ありがとうございます!!
もちろん、もちろん ・・・ 伝えて下さい、愛しい命へ ・・・。

沢山の言葉も、説明も、要りませんよね。 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 07:17
じゅんこねえ~

あぁ ・・・ 本当にそうだなぁ ・・・。

消え行く命が一番、命を残す大切さを知ってる ・・・

そこに、きっと人間が人間社会で生きてくる間に、忘れてきた、
失くして来た、燃やし尽くしてしまった、大切な何か、を ・・・。

心を揺さぶって、思い出させてくれるのかも。

私たちにできること。
誰かを動かすこと。

この映像に、真実に、言葉も説明も、要らない。
その沈黙で、人をこんなにも感動させることが出来る ・・・。

伝えるって、誰かの心を動かすって、そういうことなのかなぁ。
だけど、それにしてはもう、人間自身が、欲張りになりすぎて、
誰かを感動させることなんて出来なくなってるのかも ・・・。

今 ・・・ 今 ・・・ 今。

その連続が未来への繋がりなら、過去は振り返らずに、今、
変わったら、良いのかもしれない、今を、今から行動したら ・・・。

この愛おしい命を、この白い大地から失いたくない。
Commented by yayoitt at 2008-11-06 07:17
続くね


じゅんこねぇ、取り戻したいよ。
こんな自分で、それができるのなら、取り戻したい ・・・。

私からも、本当に、ありがとう。
温かさと切なさ、恍惚と不安、この感情は、なんなんだろう?

じゅんこねえ ・・・。
Commented by yayoitt at 2008-11-06 07:21
minan さん

コメントを、ありがとうございます!!
とっても、嬉しいです、感謝感激、西城秀樹ですっっ。

この写真が、新聞に載っていたのですか!!
それは、どういった記事での写真掲載だったのですか?

心を奪われたのですね。
この写真で ・・・。

あぁ ・・・ その気持ちがとても良くわかります。
嬉しいです ・・・。

とっても素敵な偶然、(いや、必然っっ、ご縁)ですよね!!

こちらこそ、嬉しいコメント、本当にありがとうございました。
↑の説明は、彼自身のHPに書かれてあったのです。 

また、お話しましょう!! 
Commented by yayoitt at 2008-11-06 07:22
鍵コメ at 2008-11-06 03:38 っちん

捕まってよかったっっ。

ふふふ

ちょっだけでも、良かったっっ。

良かった? 
Commented at 2008-11-06 07:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2008-11-07 06:36
鍵コメ at 2008-11-06 07:59 さんっっ

私もね、甘えてる ・・・ ずっと頼って甘えてるよ。
色々思ってても、実際に何が出来る? って悶々としてる。

感じる心、溢れる心、それがあるかないか ・・・
そこにとても大きな違いがあるよね ・・・。そこから始まる。
だから、きっと私達は、確実にそっちへ進んでる。
鍵コメさん、そう思うよね、何かに繋がる ・・・。

無力だと思ってはいるけれど、そこに、感じる心、傾く気持ちが
ある限り、きっと何かは変えていかれるのだと思う ・・・。
そこに、ほんの少しの勇気で、行動ができれば ・・・。

一緒にそれを、見つけて行きたいなぁ ・・・。鍵コメさん。

目に見える ・・・ 行動。
人が思う ・・・ 行動。

きっと、本当の行動は、それだけではなくて、そういう 行動 へ
至るまでの、心の動きとか、葛藤とか、苦悶とか、そういうものも
すべてが、行動 なんだと、そう思います ・・・。

越後屋さま ・・・

ふふふふふふふ

また、語りましょうぞっっ!!
Commented by tui at 2008-11-11 23:30 x
さてさて、やつらの反応は!!
すばらしい言葉を・・19歳とは思えない考えを・・ありがたいね!

Y・T
『心暖まるこの風景をくれたシロクマたちを守るために、少しでも地球温暖化を止め、動物を助けなければならないと思った』

M・F
『シロクマとイヌは良い心を持ってた・・そんな良い心がほしいな~』

A・K
『言葉では表せない何か・・お互いに感じるものがあった・・自分はほんとにプルのことをホントにわかってるのか?プルは私の事をどう思ってるのか?・・いろんな動物とはなしてみたいな~!!』
(プルってのは、この子が飼ってるダックスだよ)

M・Y
『・・こんな状態(空腹の中厳しい環境に身をおいてる状態)だからこそ助け合うのかと思った。』

Commented by tui at 2008-11-11 23:40 x
続くぜ

M・T
『もともと自然に存在するもの同士、きっと通じるものがあったのだと思った。 人類にもそれがほしい!!!』

T・S
『姿・形は違っても、生きている者・・言葉がなくても目を見合うだけで通じあったのか・・種が違うから自分より弱いから、そんな理由で仲良くなれないと思わない動物たちだったのか・・わからないけど、それが本来あるべき姿で、人間が目指さなきゃならない所だと思う。 動物や植物の命をもらってる自分たちはそこに近づくべきだと思う』

Commented by tui at 2008-11-11 23:57 x
愛しいやつらばかりだろ・・ガハハ

ガキっぽいところも多々あるんだろうけど、意外と深いとこ考えてるよ。

もっともっと、投げかけて、刺激して、社会に出た時同じ業界で闘える騎士であってほしい。
それも動物を護る1つのあり方だよね~!
この「Poler Bear」のラセンは、またさらなるラセンを産んでいくんだろうね。

また、ええ話があったら教えてな!


Commented by yayoitt at 2008-11-12 07:44
tui さん

どれも、心に染み渡る言葉ですね。声ですね。
同じあの写真を見て、こうして世代を超えて、国境を越えて、
環境を越えて感じあえるって、素晴らしいです。

愛しい 彼ら ですね。

自分が19歳の時、私、動物への特別な気持ちってなかったです。
ブランドが好きで、彼氏のことで頭いっぱいで、犬猫を かわいい と
思っても、熊牧場の熊を見ても、笑うことしかなかった ・・・。

若い魂のうちに、動物への思いを持てるって素晴らしい。

そして、今、自分が動物への感情を深く持てることに、改めて
感謝する、そんな気持ちに、させてもらいました。

うんうん、螺旋 ・・・

繋がってますからね、そして、きっと1つに!!!

ありがとうございます!!!嬉しかったです!! 
Commented by 大好きしろくま at 2010-03-18 11:49 x
いつも ホッキョクグマの現状について考えると
胸が張り裂ける想いです。
何の罪も無いホッキョクグマが餓死 溺死していく現状。
何もしてあげられない自分。
政府 団体 企業 全ての力を結集させて、
ホッキョクグマを保護してあげて欲しいです。
Commented by yayoitt at 2010-03-20 06:15
大好きしろくまさまっっ

お返事、遅くなってすみません!
コメントを、本当にどうも、ありがとうございます。
とっても嬉しいです。

大好きしろくまさん、私も、しろくまのことを考えると
本当に、胸が張り裂けそうな想いになります。
そう ・・・ まるで砂時計の砂が確実に落ちきるように
彼らは、1つの絶望へと、進んでるのではないかと ・・・。

だけどだけど、きっと、その砂時計の砂の落ちる速度を
緩めてあげることはできるはず。
チャリティー団体への協力に始まり、個人でもできること。
無駄をやめ、電気を消し、人々に伝え ・・・。
今、私 にできることを、彼らを想って是非、続けましょう。

貴重な温かいコメント、ありがとうございました!!
<< ようこそ エジンバラへ ノーマンと散歩 そしてBGMは... >>